MOBY

世界最高速度違反者のスモーキー永田とは?イギリスでの逮捕歴やV12のスープラについても

「世界で一番のスピードオーバー違反をした人」というギネス記録があるとしたのであれば、日本のスモーキー永田であると思います。 日本のみならず、海外の公道でもスピードオーバーで警察官に逮捕されてしまうスモーキー永田の正体はいったいどんな人なのか追ってみました。

スモーキー永田とはいったい何者なのか

JunBug"さん(@air_jun_)が投稿した写真 -


公道でのスピード違反は厳禁ですが、スピード違反で捕まってしまったことがある方もいらっしゃるでしょう。
車の少ない夜の道や、高速道路など自慢の愛車で気持ち良く走っていたらついついスピードを出しすぎてしまうこともあるかもしれません。

そういった場合でも、時速数十キロオーバーのスピード違反が一般的ですよね。

しかし、スモーキー永田が公道を走ると煙をモクモク出して300km/h以上オーバーで走ってしまいます。挙句(あげく)の果ては海外の高速道路を300km/hで逮捕されてしまうほどスピード違反常習犯です。

スモーキー永田のプロフィール

名前:永田 和彦(ながた かずひこ)
生年月日:1963年2月24日(53歳)
住んでいる場所:千葉県

スモーキー永田は千葉県にあるチューニングショップ「トップシークレット」を経営しており、自身もチューナーとして自動車のカスタムを行っています。

なぜスモーキーと呼ばれるのか


永田和彦がなぜ「スモーキー永田」といわれているか気になるところです。彼は車の後輪タイヤを空転しタイヤスモークを出すバーンナウトを公道のどこでもやってしまう。停車時から300km/hまで加速させる0-300を行う前は、タイヤを温めるに必ず白煙モクモクのバーンナウトをします。

そこから「スモーキー」が名前につくようになりました。

エンジンスワップの名手であるスモーキー永田


スモーキー永田が行う車のカスタムは、もともと車に搭載されているエンジンからハイパワーエンジンへ交換するエンジンスワップを数多く行っており、スモーキー永田のカスタムは常に時速300キロを目指しています。

ここでスモーキー永田の代表作をいくつか紹介したいと思います。

GT-Rが出る前にスカイラインGT-R35を作っていた

現行型のニッサンGT-R35が発売されるまえに、GT-Rの発売が待ちきれなかったスモーキー永田は自らオリジナルでスカイラインV35GT-Rを作ってしまいました。
ベースとなったスカイラインクーペCV35にニッサンシーマのV型8気筒エンジンを搭載し、独自のチューニングを行って720馬力までパワーを発揮します。
驚くことは、この車のミッションは車体の後ろに搭載されており、現行のGT-Rも重量配分を考慮したうえでミッションを後ろに搭載されています。
ということは、スモーキー永田はニッサンがGT-Rを作る前から後ろにミッションを積んでいたのです。
ニッサンのGT-R35開発者は、スモーキー永田が製作したこのスカイラインを真似たのでしょうか?
このスカイラインV35GT-Rをドイツに持ち込んだスモーキー永田は、速度無制限のアウトバーンで最高速にチャレンジしました。そこでスモーキー永田は時速340キロを出し、ドイツのポルシェ顔負けの最高速を記録しました。


200GT−t …
338.0万円
本日の在庫
1,853
平均価格
202.0 万円
本体価格
7 ~ 3240 万円

スープラにV12気筒エンジンを載せてしまった

多くのチューニングカーファンを驚かせたのはこのスープラです。外観もスープラとは違っていますが、中身はとんでもないエンジンを搭載しています。

車のボンネットを開けばV型12気筒エンジンが収まっています。
これは、皇室、政治家、社長を乗せて走るトヨタセンチュリーの排気量5000ccのエンジンを移植しています。さらにターボも搭載し、亜酸化窒素 をエンジン内に噴射するNOSも装備して、パワーはなんと943馬力。


イタリアの大きな円形のテストコース「ナルド」で最高速度358.22キロを記録しました。
しかし、スモーキー永田は時速400キロを目指していたため、彼にとっては悔しい結果でしょう。


フロアシフト ド…
685.8万円
本日の在庫
126
平均価格
143.1 万円
本体価格
14 ~ 685 万円

海外で警察官に逮捕されるほどスモーキー永田は何をしたのか


顔に似合わずスモーキー永田は非常に行動的な男です。
「小さなことからコツコツと」と言いながらも、イギリスのサーキットSNETTERTON(スエッタートン)で走行会を開催しています。
日本人がイギリス人相手にイギリスのサーキットを貸し切って走行会を行うことに驚かされますが、その夜、イギリスのハイウェイへ行き0-300の最高速を出しに行ったようです。
イギリスでスピード違反は重罪にあたり、最大懲役3年ということもあります。
そんなリスキーなところで日本から持ち込んだスープラに乗り時速318キロで走行したことでイギリスの警察官に逮捕されてしまい、イギリスの留置所へ押し込まれることになってしまいました。
スモーキー永田は28日免停とウン百万円の保釈金でなんとか日本へ帰国をしましたが、その後イギリスのカスタムカー雑誌「MAX POWER」にこのことが大きく掲載され、イギリスのストリートレーサーからはカルト的な人気となりました。

スモーキー永田の新作GT-R1200はどのくらい速いのか

チューニングが難しいといわれるGT-R35ですが、デビューした当初スモーキー永田は千葉県内で一番にGT-R35を購入し、GT-R35のカスタムに取り組んできました。
今ではGT-R35のトップチューナーとして国内のGT-R35カスタムを先導しています。
そんなスモーキー永田の最新作GT-R1200はその名の通り1200馬力を出します。スモーキー永田は最高速を求めて、V12スープラの最高速から再びナルドへGT-R1200を持ち込み、最高速チャレンジを行いました。
ここで時速377.246キロを記録したのですが、スモーキー永田はあくまでも時速400キロを目指していたため、悔しい気持ちのままナルドを去ることになりました。


トラックエディシ…
958.0万円
本日の在庫
266
平均価格
780.4 万円
本体価格
378 ~ 1998 万円

伝説の走り屋スモーキー永田!真似は絶対ダメ

出典:©Shutterstock.com/ kart31

スモーキー永田について注目していきましたが、いかがでしたか。最近では海外でスピード違反を仕出かしたということはないみたいですが、最高速にかけるスモーキー永田のすさまじい情熱を感じます。

スモーキー永田に憧れる気持ちもわかりますが、スモーキー永田の公道最高速の真似は絶対にしないでくださいね。

スピード違反に関する情報はこちら

アウトローたちの車情報はこちら

安全運転を心がけたくなるおすすめの記事はこちら

関連キーワード
キーワードからまとめを探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーからまとめを探す