初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

普通自動車免許で乗れるトラックは何トンまで?もうすぐ乗れなくなる車も?

平成29年3月から免許制度が変更され、「準中型免許」が登場します。運転できる車の種類について、トラックを中心に解説していきます。 自動車の運転免許には、その重さや乗車定員によって運転できる車の制限があり、現在は普通・中型・大型の3種類に分かれます。そしてそれに伴い、新しい区分「準中型」が登場します。免許によって運転できる車はどのように変わるのでしょうか?今後私たちは、普通自動車免許で、何トン車まで乗れるようになる/乗れなくなるのでしょうか?

普通免許でもトラックは運転できる

トラック

トラックと聞くと、軽トラックは別として、普通免許の人では運転できないものだと思っている人もいるのではないでしょうか。ところが普通免許でも運転できるトラックも意外と多くあり、これは大きさで決まります。
平成28年現在に取得できる普通免許では、3トン未満のトラックなら運転できます。意外とこのサイズに収まるトラックは多いのです。街でもよく見かける配送車などは2トン車ぐらいのものが多いのです。

トラックの大きさは何で決まる?

ところで、トラックの大きさはどうやって決まっているのでしょうか。車両を大きさで分ける基準は、その目的によって重さ、乗車定員、長さなどいくつかあります。運転免許の制度上、トラックにおいては重さで分けて考えます。

トラックの重さについて

トラックの重さについては「車両総重量」と、「最大積載量」の2つの重さがあります。一般的に「○トン車」と言われるものは最大積載量だと考えておきましょう。積むことができる荷物の重さのことです。

普通免許で運転できるトラック・車は?

トラック ダッシュボード

これは普通免許を取得した時期によって異なります。以前は普通と大型の2種類だけでした。平成19年に中型が登場して3区分となり、平成29年からさらに準中型ができることで4区分となります。

平成19年6月より前に取得した普通免許

4トントラック

車両総重量8トン未満/最大積載量5トン未満です。
↑4トン車

免許証には「中型車は中型(8t)に限る」との記載があるため、8トン限定中型免許などとも呼ばれます。現在はそれなりに大きなトラックだと見なされる4トン車でも運転できることになります。
この運転免許証に記載されている8トンとは車両総重量のことなので、最大積載量で呼ばれるトラックの種類とは異なるので注意が必要です。
また、乗車定員は10名以下と、乗用車ではそこまで大型の車は運転できません。

平成19年6月~平成29年3月までに取得した普通免許

日産・アトラスF24

↑2トン車(日産・アトラス)

車両総重量5トン未満/最大積載量3トン未満です。
これでも普通にトラックと見なされる2トン車でも運転できます。仕事などで2トン車を普通免許で運転されている方も多いのではないでしょうか。

ちなみに日産・アトラスの車名の由来は、ギリシャ神話の巨人・アトラスです。2011年まではUDトラックスが受注生産していましたが、以降は日産の100%子会社である、株式会社オートワークス京都が受注生産をしています。

平成29年3月以降に取得する普通免許

↑1トン車(トヨタ・ダイナカーゴ)

最大積載量3.5トン未満/車両総重量2トン未満となります。
こうなると2トントラックは運転できません。1.5トントラックぐらいまでで、車体の大きさも一般の乗用車とあまり変わりがありません。

ちなみにトヨタ・ダイナカーゴの1.0シリーズ・シングルキャブの価格は、およそ2,165,400円~3,067,200円です。「ヒノノニトン」のCMで有名なトラックメーカーである日野がトヨタのブランドで受注生産をしています。なお日野は2001年よりトヨタの子会社となっています。

重量だけではなく定員にも気を付けて!

中型免許には重さだけではなく、定員の制限もあります。乗車定員が11人以上の車は普通免許では運転できません。
ハイエースなどの一部の車種では14~15人乗りの設定もあり、外観は一見して普通車のように見えます。普通免許の方は、乗車定員にも気を付けてください。

準中型免許が登場!普通免許と中型の間?

すでに免許を持っている人には関係ない

平成29年3月から、準中型自動車という新しい免許が登場します。これは現在の普通免許と中型免許の部分を再編成するもので、中型自動車までの部分が「普通自動車」「準中型自動車」「中型自動車」に分けられます。
これはあくまで今後免許を取る人から適用されるものですので、既に免許を持っている人には影響がありません。
そして、この新しい制度は普通自動車の免許をこれから取る人にとっては不利となる内容です。その一方、今まで中型免許を取ることができなかった18~19歳の人が、準中型免許を取ることで今まで運転できなかった中型車の一部(最大積載量4.5トンまで)を運転できるようになるというメリットもあります。

準中型免許についてはこちらの記事

普通免許で運転できる車まとめ

準中型免許で変わる人と変わらない人

↑現在普通免許の人は5トン未満限定の表記になるかもしれません

最後にここまでご説明してきた内容をおさらいしたいと思います。
・普通免許でも、基本的には「3トン未満のトラック」であれば運転できます。
・準中型の区分が追加される平成29年3月以降に取得する免許では、2トン未満のトラックのみしか運転できなくなります。

ここまで説明したように、準中型免許の登場は、現在普通免許や中型免許を既に持っている人には影響はありません。
逆にこれから免許を取得する人は要注意!
今のうちに免許を取得しておけば、今後の準中型に含まれる車までは普通免許で運転できてしまうので、普通免許をこれから取る計画を立てている方は急いだ方が良いかもしれないですね。

大型・中型車と車の免許に関連するおすすめの記事

この記事の執筆者

EightHoursADayこの執筆者の詳細プロフィール

書籍の編集者が本業でライターもやっています。 好きな車は欧州の大衆コンパクトカーやステーションワゴンなどの実用車やマイナーな国産車。 人気がなく、一般的に日の目を見ない車などにも光を当てていきたいです。 車だけではなく道路や交通法規ネタなんかも好きです。...

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す