MOBY

【新型ルノー・ルーテシア登場】日本発売日やマイナーチェンジ詳細!

車に求めるものは人様々ですが、せっかく買うならおしゃれな車がいいですよね。スタイリングでは特に外車がユニークなモデルが多いですが、中でもフランス車はイタリアと並んで洗練されたデザインの車が多いことでも知られています。フランスの自動車メーカーのひとつであるルノーのスタンダードモデル「ルーテシア」もまた、美しいスタイリングを身に纏った車です。

ルノー・ルーテシアとは?

ルノーの画像です。

ルーテシアはフランスの自動車メーカー「ルノー」が販売する5ドアハッチバックです。Cセグメントよりも少し、小さめですが、実用性は高く、日本の交通事情にもよく合った車です。

海外の車はネオクラシックと言われる、昔の車を現代にリバイバルされたモデルが多いですが、フランス車はその全く逆と言ってもいいほど、未来的なデザインを特徴としています。今回ご紹介するルーテシアも例外ではありません。

2017年にはマイナーチェンジを予定しています。
こちらの記事では、まずは現行ルーテシアとともに、マイナーチェンジにの詳細についてもご紹介していきます。

ハッチバックについて詳しくはこちら

現行ルーテシアのボディデザイン

出典:http://www.goo-net.com/

外観はいかにもフランス車らしい先進的なデザインが特徴です。同クラスでもここまで洗練されたデザインの車は限られるのではないでしょうか?

サイドはハッチバックですが、リヤ付近はクーペを意識させる形状となっています。後部座席のドアノブはスポーツハッチによく見られる窓枠に収められたデザインで、ぱっと見は3ドアモデルと見間違うようなスタイリッシュな仕上がりです。

リヤは全幅こそ、1750mmに抑えられていますが、踏ん張りが効いたワイドなデザインとなっています。

【ボディサイズ】
全長:4,095mm
全幅:1,750mm
全高:1,445mm
重量:1,210kg

※ルーテシアGT

マイナーチェンジ後の新型ルーテシアのデザイン

マイナーチェンジのためプロポーションこそ大きくは変わりませんが、フェイスリフトが施され、より精鋭なスタイリングが強調されています。ヘッドライトはより立体感のある新設計のLEDを採用し、ホイールやバンパーにも変更が見られます。エンジンは最高出力109psの1.5Lディーゼルターボエンジンが新たに投入されます。

その他、バックカメラや自動で車庫入れをしてくれる「ハンズフリーパーキングシステム」、全方位駐車センサーなど、安全装備も抜かりありません。

ルノールーテシアの内装デザイン

内装も派手ではありませんが、外観に恥じない斬新なデザインとなっています。「インテンス」グレードでは車体カラーに合わせて、ダッシュボードやインパネ、シートをレッドやブラウンにすることもできます。

後部座席は一般的なベンチシート、トランクも300Lとサイズを考えれば十分な容量を確保しています。ちなみに、スペアタイヤはトランク下ではなく、車体下部に吊り下げられています。「RS」になるとパンク修理キットとなります。

新型ルーテシアのエンジンスペックは?

ルノーのエンジンの画像

出典:©Shutterstock.com/ Teddy Leung

搭載されるエンジンは「GT」「インテンス」「ZEN1.2」が1.2Lエンジン、「ZEN0.9」は0.9Lエンジンになります。そしてハイエンドグレードとなる「RS」は1.6Lエンジンとなります。いずれも直噴ターボエンジンでパワーは必要十分なもの。ZEN0.9のみが5速MTを採用、他のグレードはすべて6速DCTとなります。

売れ筋となる1.2Lエンジンは最高出力120ps、最大トルクは19.4kgmと2.0LNAエンジン相当のパワーを持っているので、遅いはずがありません。さらにホットな走りを楽しみたい方は、RSの1.6Lエンジンが用意されており、こちらは最高出力220ps、最大トルクは26.5kgmとなっています。(RSトロフィー)

上級モデルの「メガーヌRS」に比べると控えめなスペックですが、十分に熱い走りを楽しめるエンジンとなっています。

新型ルーテシアの価格は?

現行ルーテシアの日本での車体価格

現行ルーテシアの価格は以下の通りになります。

▶GT:2,590,000円
▶インテンス:2,399,000円
▶ZEN1.2:2,199,000円
▶ZEN0.9:2,080,000円
▶R.S.シャシースポール:3,075,000円
▶ルーテシア R.S.トロフィー:3,295,000円

マイナーチェンジということもあり、基本的に大きな価格の変化はないと思われます。

同じように230万円から350万円の間となるのではないでしょうか。

新型ルーテシアの日本発売日は?

前述したように、今回ご紹介した新型ルーテシアは欧州では10月より販売されています。
当初は、2016年10月には日本でも発売されるのではないかという予想もあったことを考慮すると、2017年早々には日本にも入ってくるのではないかと思われます。

オシャレ度の高いフレンチハッチバック

ルノー・ルーテシアをご紹介してきましたがいかがでしたか?
国産車だとこのクラスはどうしても実用的で落ち着いたデザインの車が多いですが、ルーテシアなら、コンパクトハッチの中でもオシャレ度は群を抜いています。

街中でも多くの人の目に留まることは間違いないでしょう。

ルノーのおすすめモデルをご紹介

フランス車の特徴をご紹介