初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【寒い冬の車中泊はこれを読め】冬の寒さ対策&グッズと注意点5選

寒い冬の時期に車中泊をする際に、気を付けるべき注意点や対策はどのようなものがあるのでしょうか。この記事では、寒い冬に車中泊する際の対策、便利なグッズ、注意点5選を紹介します。冬に車中泊するときは是非これを読んでください。

冬の寒さ対策・グッズ・注意点5選を紹介!

冬の車中泊は、如何に寒さを凌ぐかが鍵となってきます。
衣服を着こむのも良いですが、それよりも寒さを和らげる工夫をした方が快適に車中泊を行うことが出来ます。

この記事では、冬の車中泊の注意点やグッズ、対策を紹介します。

車中泊に関連する記事はこちら

冬の寒さ対策・グッズ・注意点5選①

Meltec ( メルテック ) ポータブル電源

【アマゾン価格】13,062円(2016年12月現在)

Meltecが販売しているポータブル電源です。
携帯電話を始めとする電子機器の充電で、冬の車中泊には電気が必要となる場合が多々あります。

エンジンをかければ電源は確保できますが、就寝時にエンジンをかけっぱなしにすると不安が残るかと思います。
そこで、このポータブル電源を使用すれば、バッテリーが上がる、排気ガスが逆流する等の事故を防ぐことが出来ます。

電化製品を多く持ち込む方には特におすすめです。

この防寒グッズの現在の価格はこちらで紹介!

冬の寒さ対策・グッズ・注意点5選②

MOUNTAIN WAVE 寝袋 シュラフ -15℃ マミー型

【アマゾン価格】4,150円(2016年12月現在)

MOUNTAIN WAVEが販売している寝袋です。
マミー型の寝袋なので、体全身をすっぽりと覆い、芯から暖まることが出来ます。

ダブルファスナーとダブルフェイスジップトップを採用しており、開閉が簡単になっているので、一人でも楽々です。
ファスナーガードがついているので、就寝中に寝袋が勝手に開いてしまう、という心配もありません。

3Dファイバーを採用しており、冷気が侵入するのを防ぎつつ、保温するという、まさに冬には欠かせない機能を持っています。

この防寒グッズの口コミはこちら!

飛騨高山の雪がある程度の車中泊で使用。
全然寒くないですが、肩幅が広いせいか、狭く感じました。

出典:https://www.amazon.co.jp/

この防寒グッズの現在の価格はこちらで紹介!

冬の寒さ対策・グッズ・注意点5選③

マルチシェード・シルバー リア5枚セット

【アマゾン価格】17,280円(2016年12月現在)

冬の車中泊の天敵は、外から入り込んでくる冷気です。
これをどうにかしないと、特に睡眠時は眠ることすらままならなくなってしまいます。

この対策には、マルチシェードを使うことをお勧めします。
保温してくれるだけではなく、車外からの視線も全て防いでくれるので、プライバシーの保護にもなります。

ただし、車種別に商品が異なっているので、自分の車種に合ったマルチシェードを使用しましょう。

この商品の口コミはこちら!

お値段は少々張りましたが、しっかりとした作りで、丁寧な縫製と何よりも車種別なのでぴったりサイズは、とても気に入りました。取り付け取り外しも簡単でリモート猛暑日の屋外駐車には、威力を体験できると期待してます。安物との違いは、手にしてみればわかります。じっくり使用してみたいと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp/

この防寒グッズの現在の価格はこちらで紹介!

冬の寒さ対策・グッズ・注意点5選④

車用ベッド

【アマゾン価格】8,340円(2016年12月現在)

DYZDが販売している車用のベッドです。
車のシートを倒して寝る場合は、意外とシートの触り心地や体制の辛さが気になって眠れない、ということがあります。

また、冬は床からも冷気が入り込んでくるため、横になっていると冷気が体にあたって体が冷えてしまうこともあります。
そういった場合に、この車用ベッドを使用しましょう。

分厚い造りになっているので、床からの冷気も気にならず、場所を広くとることができるので、楽な体制で睡眠をとることができ、車内で睡眠をとる際に気になる点を解決してくれます。

この防寒グッズの口コミはこちら!

車中泊用は購入しました。
私の車はマツダスクラムワゴンですがサイズがぴったりフィットします。
いい買い物でした。

出典:https://www.amazon.co.jp/

この防寒グッズの現在の価格はこちらで紹介!

冬の寒さ対策・グッズ・注意点5選⑤

SHARE×STYLE 電気毛布 ヒートブランケット 車内用 12V専用

【アマゾン価格】4,731円(2016年12月現在)

SHARE×STYLEが販売している電気毛布です。
睡眠時の寒さや、車内で過ごす際に膝下が冷えてしまう、というときはこちらの商品がおすすめです。

シガーソケットがあればどの車でも使用可能となっています。
電熱線を用いて徐々に体を暖めてくれ、ほどよい暖かさで車内を快適に過ごすことが出来ます。

CO2排出や空気乾燥の心配もないので、環境に配慮しながら暖を取ることが出来ます。

この防寒グッズの口コミはこちら!

年末田舎帰りの車内休憩に使いました。
布が広くて結構あったかで快適でした。
車中泊でも寝袋(封筒型)の中に下にひいてヒートテックタイプの薄い毛布を上に挟み込めば冬でもスンゴイ快適に使えます。
後は耐久性に期待したいところです。

出典:https://www.amazon.co.jp/

この防寒グッズの現在の価格はこちらで紹介!

冬の車中泊は寒さに気を付け、風邪をひかないように

冬の車中泊は寒さに気を付ける

冬の寒さ対策・グッズ・注意点5選はいかがでしたか?
冬の車中泊で注意すべきなのは、やはり寒さです。

寒さ対策を怠ってしまうと、快適に車中泊を過ごせないだけではなく、その後に風邪をひいたりなど、体調を崩してしまう恐れがあります。

この記事で紹介した防寒方法を用いて、体調を崩さないようにしっかりと寒さをふせいで快適な車中泊を楽しみましょう。

車中泊に関連する記事はこちら

冬のドライブに関連する記事はこちら

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す