初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

FR車で雪道はかなり危険?原因や対策など!スタッドレスタイヤで大丈夫?

FR車で雪道を走行する場合には、どれだけの危険があるのでしょうか?その原因や対策を解説しています。また、FR車がスタッドレスタイヤを装着したときは、本当に安全に走ることができるのでしょうか?

FR車は雪道では危険なのか?

4wd

出典:©iStock.com/coddy

雪道を車で走行するとき、その車の駆動方式によって受ける影響も大きく変わってきます。
FR車で雪道を走行すると、本当に危険なのでしょうか?

FR車とは、前方にエンジンがあり後輪を回して進む方式の車です。
一般的には、FR車での雪道走行は危険であると言われています。

では、いったいどれほど危険なものであるかを解説していきます。

FR車が危険と言われる原因はなにか?

雪道を走る車

出典:©iStock.com/aleksle

FR車は後輪がスピンしやすい

なぜ、FR車の雪道走行は危険なのでしょうか?

FR車は、雪道などでは後輪がエンジンパワーを路面に伝えることができずにすぐに空転してしまうと言われています。
車の後輪がトラクション(車を前に進ませようとする力)を失い空転するとということは、すなわち横滑りやスピンをしてしまうことにつながるのです。
こうなってしまうとかなり危険で、対向車線に飛び出してしまうこともあります。

そんな雪道に弱いFR車ですが、後輪が前に進む力を路面に伝える仕組みのために、ハンドリングが軽快で思い通りに車を動かすこともできるというメリットもあります。
前輪がグリップの限界を迎えコントロール不能に陥ることも比較的少なく、運転に慣れている人であれば巧みに操ることもできます。

以下の動画は、雪道をうまく滑りながら走行するFR車の様子です。
雪道なのでかなり滑っているのですが、車が向いた方向を逆にハンドルを切るカウンターステアをうまく使用して、スピンしないようにコントロールしています。
しかしこの方法は運転上級テクニックですので、真似をしないようにしましょう。

【動画】雪道をうまく滑りながら走行するFR車

雪道の坂道発進はFFの車より得意

FF車や4WD車に比べて雪道に弱いとされているFR車ですが、意外にも雪の積もった坂道発進はFF車より得意です。

FF車は平坦な雪道では問題なく前に進むのですが、坂道では重心が後ろ寄りになりフロントの荷重が抜けてしまうため、前輪が空転してしまうことがあります。
雪道でタイヤが空転してしまうと、その場でどんどん深く雪を掘ってしまうため、立ち往生してしまうのです。

FR車は坂道でもエンジンからタイヤへ、タイヤから地面へ力が伝わります。
そのため、ゆっくりアクセルを踏めば、坂道でもしっかり登ることができます。

FR車の雪道での対策は?

まず、どんな駆動の車を運転しても言えることですが、雪道運転の基本は「急のつく操作は絶対しない」ということです。
「急発進、急加速、急ハンドル、急ブレーキ」をできる限り避けて運転するということが、積雪・凍結道路を走行する際に重要です。

次に、FR車の特徴としてアクセルを踏むほどスリップしやすいので、ハンドルを切りながらの加減速は避けた方が良いでしょう。
また、タイヤが空転するほど強くアクセルを踏まない、タイヤがロックするほど強くブレーキを踏みつづけない、という2つのポイントも意識しておく必要があります。

その他の対策として、砂袋の重りを後輪の位置に一つずつ積んでおくことをおすすめします。
袋の砂は、タイヤが空転してしまったとき用のまき砂としても利用することができます。

坂道を滑って上手く登れないときには、後部座席に人を乗せたりトランクに重い荷物を載せることで、解消できる可能性が上がることもあるようです。

もしもの対処法として、覚えておいても損はないと思います。

スタッドレスタイヤを履いておけば大丈夫?

スタッドレスタイヤ

出典:©iStock.com/deepblue4you

FR車にしても夏タイヤに比べれば、スタッドレスタイヤの方が雪道では比較的滑りにくいようです。

また、スタッドレスタイヤがしっかりとグリップしてくれれば、下り坂ではエンジンブレーキを使うことでリアのタイヤで減速しながら、フロントタイヤで方向を変えることができるFRがFFよりも有利と言える場合もあるのです。

しかし、どんな車でもスタッドレスタイヤを履いておけば、安全ということは言えないようです。
過度なアクセルワークやブレーキワークをしないことで、スタッドレスタイヤに頼りきらない運転をするように心掛けるようにしていくことが大切になってきます。

FR車でもBMWの性能が高い

BMWに関しては、FR設計でも雪道の性能は抜群に高いようです。

元々雪の多い欧州ではFR車の支持が高く、メーカー側のFRの雪道に対する努力が大きいことが背景にあります。
なかでもBMWは前後重量配分を50:50に近づける設計のため、重心の偏りもなるべく少なくしてあります。
エンジンの力がほぼ均等に近く4輪に伝わるため、コーナリングでも雪道でも適切に走行できるのです。

雪道を走る際は十分に気をつける

雪道のタイヤ跡

出典:©iStock.com/rootstocks

当たり前のことですが、雪道を車で走行する場合は、車の駆動方式に関わらず注意して運転しなければならないことも多くあります。

特にFR車の場合には、雪道での走行には向いていないというのが一般的な意見です。

しっかりと対策をしていれば、FRで雪道を走れないということはないですが、やはり避けたほうが無難ではあります。

スタッドレスタイヤを装着することは安全に走るためには必要ですが、「履いているから大丈夫だ」と過信せずに自分の運転の仕方を見直すことも重要です。

何れにしても、雪道を走る際は最新の注意を払い、十分気をつけてくださいね。
これからの季節は、特に注意しなければならないことも多くなってきますが少しでも参考になれば幸いです。

雪道に強い車が気になる方はこちら

雪道で車を運転する方はこちらもチェック

タイヤに関するその他の情報はこちら

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す