中古車の「修復歴あり」は実際大丈夫?基準と注意点と査定への影響とは

中古車を選ぶ時に確認しておきたい大切なポイントの一つに、「修復歴」の有無があります。 修復歴とはどういうことなのでしょう。中古車ならだいたいの車が修理をしているのでは?というような気もしますね。 修復歴をどう評価するかはあなた次第!修復歴についてこれだけ分かっておけば、中古車の購入も安心です。

中古車を選びの大切な基準は?

まず、中古車を選ぶ時に一番大切なのはどんなところでしょう。
人によって気にするポイントは多少違うのかもしれませんが、まずは走行距離と年式というのが多くの意見ではないでしょうか。
普通の車であれば、年式と走行距離は価格に比例するからです。
そのほか、車検の残りがあるか、車体にキズやヘコミなどがないか、バッテリーやタイヤ等の消耗品の交換などがすぐに必要とならないかなどを確認していくと思います。
その必ず確認しておくべき大切なものの一つが「修復歴」です。

中古車を購入するなら読むべきおすすめの記事

修復歴がある中古車は安い?

激安

出典:http://www.goo-net.com/

修復歴の有無は中古車の評価を大きく左右する要素の一つです。つまり、修復歴がある中古車は安くなるということです。
でもある程度乗った車であれば、どこかしら修理をしているのでは?というイメージもあるのではないでしょうか。
修復歴がある車とない車では、そんなに大きく価値が異なるのでしょうか。あるとしたら、修復歴とは特別なことを言うのでしょうか。

修復歴の基準はあるの?

それでは、何をもって修復歴なのでしょうか。これにはある程度公的な基準というものが存在しています。
中古車に関わる団体として、一般財団法人日本自動車査定協会(日査協・JAAI)、一般社団法人自動車公正取引協議会(公取協)、一般社団法人日本中古自動車販売協会連合会(JU中販連)などがあります。
これらは自動車を取引している業者や、中古車の販売会社などが組織している業界団体です。
その活動の一つに、消費者に対する公平な情報提供という目的があり、何を修復歴とするのか統一した基準や、修復歴がある車を販売する際の決まりごとが定められています。

修復歴の基準の内容

骨格

出典:http://mklife.net/

そこで定められた修復歴とは、具体的に修理をした箇所として、フレーム、ピラー、ルーフパネル、トランクフロアなどが挙げられています。車の骨格部分にあたる部分です。
これらの部分は、よほどのことがない限りは修理することはない場所だということがお分かりいただけたと思います。普通に乗っていればフレーム部分が損傷することはないですよね。事故によるものが多いものと考えた方が良いでしょう。
事実、修復歴のある車は通称で「事故車」と呼ばれることも多いようです。

修理の大小は関係ない?

つまり、これ以外の場所を「修理」していても修復歴のある車ではないということです。
例えば、フレーム等と同じように車体の一部であるフェンダーやドアを修理していても、ここで言う修復歴には入りません。でもこれは大きな修理のような気がしますよね。事故等が原因だったとしてもです。
逆に、小さな修理でも骨格部分に当たる部分を修理してしまうと、修復歴車になる場合もあるということです。
しかし事故と言っても大小様々です。ほんの少しバンパーを物にぶつけただけでも、フレームに当たるために修復歴となってしまうのです。

修復歴に関してもっと知りたい場合には

ご紹介した団体でも修復歴に関係する説明があります。参考にご覧ください。

修復歴としなければならない具体的な箇所について解説しています

中古車を販売する際に「修復歴の有無」を表示しなければならないとしています

修復歴のある中古車を購入した場合のトラブル事例の解説があります

修復歴があっても大丈夫?

ここまで読まれた方は、大体お分かりだと思います。修復歴は「どこをどの程度修理しているか」の方が大切だということです、
中古車を買うときに、新車同様のよほど状態が良いものしか選ばないという方はともかく、修理した内容次第で購入すべきかどうかを判断した方が良いということになりますね。
例えば、先ほどの説明にあるようなパンパー等の小さな修理でしたらどうでしょう。一般的には問題ない範疇に入るのではないでしょうか。

修復歴の車を見る時の注意点

修理中

ではある程度大きな修理をした車は本当に避けた方が良いのでしょうか。修理をしたこと自体に関する問題点はあるのでしょうか。
大きな事故による修理だとしても、普通に使用する分に問題になることはあまりありません。
以前であれば、フレームに修理が及んでしまうと車体が歪んでしまって、通常の使用にも耐えかねるということも少なくありませんでした。しかし現在は修理の技術は進んでいます。

きちんと修理がされているかが最大の問題

どちらかというと事故を起こした車だという心理的な問題が大きいかもしれません。「事故を起こした車に乗りたくない」という気持ちがある場合には避けた方が無難でしょうし、それは関係ないと思う人にとっては、逆に価格の面でメリットがあるために選択肢になるかもしれません。
しかし、いい加減な修理がされていないかはよく確認する必要があります。そのためには、信頼できる販売店で買うことに尽きるでしょう。

きちんと修理されたかをどうやって判断するか

ところで中古車を選ぶとき、どうやって探していますか?
決まったお店に行くというよりは、まずはインターネットの中古車サイトで検索をして、気になった車を取り扱っているお店で買うという方が多いものと思います。代表的な中古車情報サイトである「Goo」や「カーセンサー」等ではその車の品質を第三者が証明している制度があります。ここで認定をされているような車でしたら、修復歴があったとしてもしっかりと対応されていると見極める一つの基準として考えることができると思います。

修復歴がある車を手放す時の査定は

リセールバリューはかなり低い

あとは、その車とどう付き合っていくかです。
基本的にはその後の買い替えで下取りを期待しない場合や、最後まで乗る覚悟でしたらまったく気にする必要はないものと思います。
しかし、数年しか乗らず買い換えるという予定の方は、よく考えた方が良いでしょう。
修復歴があり、年式や走行距離も増し、乗り継いだオーナー数も多い車の査定にはほとんど期待できません。「修復歴あり」というだけで商品価値はかなり下がってしまうというのは仕方のないことです。

修復歴のある車を結局買ってもいいの?

ここまで説明したとおり、修復歴をどう評価するかは考え方次第です。
中古車を探すときには最初から修復歴がある車を選択肢から除外しない方がよいでしょう。
もしかすると、修復歴のある車であなたの探している理想のものがあるかもしれないからです。
もし修復歴があったとしても、どの程度なのかを調べて、どこまで許容するかはあなた次第。
それだけではなく修復歴がなくても、事故等の履歴や、「修復歴に当たらない修理」がされていないかをよく確認しておく必要があると言えます。

中古車の購入を考えているならこちらのチェック!

関連キーワード
キーワードからまとめを探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーからまとめを探す