MOBY

【要注意】リコール対象車とは?取るべき対応から中古車リコールや代車の注意点まで

もしあなたの車がリコールになった時、どうしますか?そもそもリコールになっているか誰か知らせてくれるのでしょうか。中古で買った車でも修理をしてもらうことができるのか。リコールは経験しないと対応方法など分からないことだらけです。この記事ではリコールの疑問にお答えします。

リコールとはどういうこと?

出典:https://www.mlit.go.jp/

リコールとは、自動車の設計・製造に問題があったために、自動車メーカーが自らの判断し、回収・修理を行い、事故やトラブルを未然に防止する制度です。メーカーがリコールするためには事前に国土交通省に届け出る必要があります。

制度上はそのレベルによって、「リコール」「改善対策」「サービスキャンペーン」の3段階があります。
製造過程で起こった問題のため、修理等にかかる費用は当然無料となっています。

リコールは誰かが教えてくれるの?

リコールレター

ところでこのリコールの情報、どうしたら私たちの所まで届くのでしょうか?
先ほど説明したとおり、自動車メーカーが国土交通省にリコールの届出を出しますので、国土交通省が対象となった車を所有している人に直接ハガキなどで通知をすることとなります。また、メーカーから案内が来る場合もあります。
ただし、これはあくまでも所有者を把握できている場合。住所変更などの届出をしていない場合にはこの通知が漏れてしまうこともあります。

特に、気をつけなければならないのは中古車を購入した時や所有者の変更、住所の変更をした時です。
また、心配な時には調べた方が良いでしょう。メーカーに問い合わせをするか、メーカーのWebサイトでも公表していますが、国土交通省のリコール情報のサイトでも公開しています。

自動車不具合情報ホットラインのキャラクター「連ラクダ」

連ラクダ

出典:http://carinf.mlit.go.jp/

自動車のリコール・不具合情報(国土交通省)

リコールになった時の対応方法は

修理の様子

それでは、あなたの車がリコールの対象だった時にはどう対応すれば良いのでしょう?
答えは簡単で、その車のディーラーの所に持って行き、修理等の対応をしてもらうだけです。
通知を受け取った場合には、対応できるディーラーも記されているので、迷うことはないでしょう。

リコールは中古車でもできる?

出典:http://www.goo-net.com/

もちろん中古車でもリコールの対応は同じです。
ただ、中古車の場合、特に注意が必要です。
まず、発売されて以来、リコールの対象になっていないか必ず調べておきましょう。
また、仮にリコールの対象になっていた場合、対応がなされているかを過去の整備記録などから必ず確認してください。
リコールに有効期限はありません。何年経過していても対応してもらうことができるようになっているので、未対応だった場合には必ず対処しましょう。

リコールで車を預けたときの代車は?

無事にリコールに対応して、次に心配になるがもし仮に修理が数日に及ぶ場合、その間車が無くなってしまうこと。
特に日常生活や仕事などで車がないと困ってしまう方も多いでしょう。
これはメーカー側に責任があることですので、基本的には無料で代車を用意してもらえます。
代車を借りるときに気をつけなければいけないのは、使った分のガソリンを入れて返却するなど、車検などで一般的に代車を用意してもらう時と同じと考えておいた方が良さそうです。

リコールのニュースを他人事だと思っていませんか?

近年、大規模ものだとタカタ製のエアバッグに不具合があり世界的な問題になったことや、三菱自動車の問題などが記憶に新しいところです。

長い目で見ると、リコールは増加傾向にあります。これは電子制御などの部分が増えて、より複雑化しているようなこともその理由の一つと言われています。あなたの車がその対象になる可能性も十分にあるのです。

本来は自動車メーカーの方に責任があることですが、リコールがあると知っていながら修理をしなかったというのは問題になりかねません。
中には事故に繋がりかねない深刻な問題となっている場合もあるため、自分の車がリコールの対象だと分かった時にはすぐに対応するようにしましょう。

さらに、普段車に乗っていておかしいな?と思った時には迷わずディーラー等に報告しておきましょう。
そういったユーザーの声から、リコールにつながることもあるからです。

その他の車のトラブルに関連する記事はこちら

関連キーワード
キーワードからまとめを探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーからまとめを探す