初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

アウディのハイブリッド車一覧!燃費・価格やリアルな評判まで徹底紹介

アウディのハイブリッド車ってどんなものがある?実はアウディのハイブリッド車は意外と歴史が浅く、初めて発売されたのは2012年のことです。しかも、現行ラインナップはプラグインハイブリッドのみの1車種となっています。本記事では、そんなアウディのハイブリッド車について、現在は販売終了している車種も含めて紹介しています。

アウディのハイブリッド車の特徴!

アウディのハイブリッド車は、2012年の9月から販売が始まりました。
環境意識の高い自動車ユーザーが多いドイツの自動車メーカーということもあって、その燃費性能と走行性能は世界各国で高い評価を受けています。

直4エンジンの燃費とV6エンジンのパワーを両立!

アウディのハイブリッド車は基本的に、最高出力211ps、 最大トルク35.7kgmを発生する2.0 TFSIエンジンと、54psと21.4kgmを発生する電気モーターを組み合わせた、高効率のパラレルハイブリッド方式で駆動しています。

またブレーキ時のエネルギーを再利用する回生ブレーキも採用しており、バッテリーには軽量でコンパクトなリチウムイオンバッテリーを搭載しています。
これらの回生ブレーキシステムとアイドリングストップシステムを組み合わせることによって、アウディのハイブリッド車は直4エンジンの燃費とV6エンジンのパワーを両立しているのです。

パラレルハイブリッド方式とは?

パラレル方式(並列方式)は、搭載している複数の動力源を車輪の駆動に使用する方式。エンジン出力 = トルク × 回転数の関係にあるため、エンジンの低回転時には十分なパワーが得られないばかりかアイドリングを含めて効率が悪く、排出ガスの浄化能力も落ちる。一方、モーターは起動時に最大トルクを発生するものが多いため、発進時や急加速時など、エンジンが苦手とする熱効率が悪く有害排出物の多い範囲をモーターに受け持たせるといった、両者の「いいとこどり」ともいえるのがパラレル方式である。

出典:https://goo.gl/

3つの走行モードを選択可能!

アウディのハイブリッド車には、以下の3つの走行モードが設定されています。

■EVモード:電気モーターのみで走行し、最高100km/hまでの速度を出すことができ、騒音とCO2の排出も抑えた環境に優しいモード。

■Sモード:エンジンとトランスミッションをスポーティーに設定した、走りを楽しむモード。

■Dモード:燃費とパフォーマンスを両立した走行モード。

プラグインハイブリッド「e-tron」も登場!

2015年11月からは、次世代のプラグインハイブリッドシステムである「e-tron」を搭載した車種もラインナップに加わっています。
e-tron搭載車種の第一段であるA3 e-tronは、バッテリーの電力だけで約50kmの走行ができ、ハイブリッド走行であれば、そこからさらに900kmも航続距離を伸ばすことができます。

アウディのハイブリッド車ラインナップ

アウディジャパンは現在、プラグインハイブリッドのA3スポーツバック e-tronを除いて、ハイブリッド車の新車販売を行っていません。
そのため、本記事で紹介するアウディのハイブリッド車は、現行のラインナップでは取り扱っていませんので、ご注意ください。

・A6 ハイブリッド(販売終了)
・A8 ハイブリッド(販売終了)
・Q5 ハイブリッド(販売終了)
・A3 スポーツバック e-tron(現行)

ここからは、アウディのハイブリッド車それぞれの詳細情報について紹介していきます。

アウディ A6 ハイブリッド

アウディ A6 ハイブリット 2012年型

アウディ初のハイブリッド車として2012年9月に発売されたA6ハイブリッドは、イノベーション・リーダー・スルー・プログレス・テクノロジーをコンセプトに、軽量かつ高剛性のモノコックボディをはじめとした「イノベーティブな技術」、直噴エンジンやアイドリングストップシステムの搭載による「環境性能とスポーティドライブ」、最高級のレザーインテリアやMMI touchなどによる「高い品質基準」を実現したモデルです。

■新車価格:6,900,000~7,100,000円
■燃費性能:13.8km/L(JC08モード)

■スペック
・ベースグレード
エンジン:直列4気筒DOHCICターボ+モーター
総排気量:1,984cc
最高出力:211ps/4,300~6,000rpm
最大トルク:35.7kgm/1,500~4,200rpm
駆動方式:FF
トランスミッション:8速AT

全長:4,930mm
全幅:1,875mm
全高:1,465mm
ホイールベース:2,910mm
車両重量:1,850kg

A6ハイブリッドの評判

A6ハイブリッドは、アウディならではの品質や走行性能が高く評価されています。
その一方、ハイブリッド車としては特段優れているとは言えない燃費性能で、がっかりしてしまったユーザーもいるようです。

アウディ A6ハイブリッドの中古車価格


中古車情報
システムメンテナンス中


アウディ A8 ハイブリッド

アウディ A8 ハイブリット 2013年型

A8ハイブリッドは、アウディのプレミアムサルーン3代目A8をベースにしています。
ボディはオールアルミニウム製であり、軽量かつ高剛性も実現しました。
また、自動ブレーキ機能やアクティブレーンアシスト、アダプティブクルーズコントロールといった安全装備のセットも、オプションに設定されています。

■新車価格:9,480,000~9,980,000円
■燃費性能:13.8km/L(JC08モード)

■スペック
・ベースグレード
エンジン:直列4気筒DOHCICターボ+モーター
総排気量:1,984cc
最高出力:211ps/4,300~6,000rpm
最大トルク:35.7kgm/1,500~4,200rpm
駆動方式:FF
トランスミッション:8速AT

全長:5,145mm
全幅:1,950mm
全高:1,465mm
ホイールベース:2,990mm
車両重量:1,930kg

A8ハイブリッドの評判

A8ハイブリッドは1,000万円近い価格ということもあって、ユーザーが少なく、ネット上のレビューもほとんど見られません。
ただ、評価としてはA6ハイブリッドと似たようなものであり、高い品質と走行性能が好評で、燃費性能はそれなりと考えるか、がっかりしたというユーザーに分かれています。

【総合評価】
環境にやさしくなった仕様になっています。のりこなそう。

【良い点】
環境にやさしい。
外観がかっこいい。

【悪い点】
運転が難しい。

出典:http://www.goo-net.com/

A8ハイブリッドの中古車価格


中古車情報
システムメンテナンス中


アウディ Q5 ハイブリッド

アウディ Q5 ハイブリッド 2013年型

Q5ハイブリッドは、プレミアムミドルクラスSUVであるアウディQ5のハイブリッド車です。
SUVならではの高い走行性能と、アウディ車ならではの洗練されたユーティリティー性能を持つ、高品質の都市型SUVとなっています。
ただし、日本仕様車でも左ハンドルのみの設定です。

■新車価格:7,350,000円
■燃費性能:12.7km/L(JC08モード)

■スペック
・ベースグレード
エンジン:直列4気筒DOHCICターボ+モーター
総排気量:1,984cc
最高出力:211ps/4,300~6,000rpm
最大トルク:35.7kgm/1,500~4,200rpm
駆動方式:フルタイム4WD
トランスミッション:8速AT

全長:4,630mm
全幅:1,900mm
全高:1,630mm
ホイールベース:2,810mm
車両重量:2,000kg

Q5ハイブリッドの評判

Q5ハイブリッドは、ベース車であるQ5と同様に高い走行性能と品質が評価されています。
ただハイブリッド車としては、静粛性では評価されていますが、燃費性能に関しては特段驚くようなこともなく、無難な評価となっているようです。

【総合評価】
各個は地味だけど安くてたっぷりとした大きさのシートに広大な室内と
エンジン音が静かなのにビックリしました、静かなので落ちついて過ごせるこれ結構重要です。
落ち着きがあるというのがいちばんの特徴でしょうか。

【良い点】
高速道路でも街中でも上質な走りで快適です後部座席には余裕があって長距離の移動も楽です

【悪い点】

静粛性、FFならではの小回りの大きさ、FFのハンドリング

出典:http://www.goo-net.com/

【総合評価】
乗りやすいです! 足回りが良い!とても加速もよく,
踏ん張りもいいです!かなり、扱いさすいのでいいです!

出典:http://www.goo-net.com/

Q5ハイブリッドの中古車価格


中古車情報
システムメンテナンス中


アウディ新型Q5に関連するまとめ記事

アウディ A3 スポーツバック e-tron

アウディ A3 スポーツバック e-tron 2015年型

アウディ初のプラグインハイブリッド車、アウディA3スポーツバックe-tronは、2015年の11月から販売が開始されました。
パワートレインには1.4L直噴ターボエンジンと電気モーターを組み合わせたものを搭載し、ハイブリッド走行時の燃費性能は23.3km/L、EV走行時は50kmの航続距離を誇ります。

また、0-100km/h加速のタイムは僅か7.6秒を記録し、ハイブリッド車ならではの圧倒的な加速性能を発揮することが可能です。
最高速に関しては、EV走行時でも130km/hのスピードで走行することができます。

■新車価格:5,640,000円
■燃費性能:23.3km/L(JC08モード)
■EV走行距離:52.3km(JC08モード)

■スペック
・ベースグレード
エンジン:直列4気筒DOHCICターボ+モーター
総排気量:1,394cc
最高出力:150ps/5,000~6,000rpm
最大トルク:25.5kgm/1,500~3,500rpm
駆動方式:FF
トランスミッション:6速AT

全長:4,330mm
全幅:1,785mm
全高:1,465mm
ホイールベース:2,635mm
車両重量:1,570kg

A3スポーツバックe-tronの評判

アウディ A3 スポーツバック e-tronは、加速性能や燃費性能、品質、静粛性など、多方面で非常に高い評価を受けています。
ただし、その品質の高さから、新車販売価格も高めに設定されているので、燃費性能で価格の元を取ろうと考えている方には、あまりおすすめできる車ではないといえるでしょう。

A3スポーツバックe-tronの中古車価格


中古車情報
システムメンテナンス中


アウディ新型A3に関連するまとめ記事

アウディハイブリッド車のラインナップは今後も拡充予定!

アウディ ハイブリット コンセプトカー 2016年

アウディのハイブリッド車はいかがでしたでしょうか?

現行のラインナップはPHEVのA3スポーツバックe-tronのみですが、アウディは今後もe-tronのラインナップを拡充していく予定なので、選択肢も増えていくはずです。
事実、打倒テスラを掲げるアウディの新たなフラッグシップモデル「A9 e-tron」も開発中であり、SUVの「Q6 e-tron」も2018年内の発売が予定されています。

日本での発売がいつになるかは分かりませんが、アウディの次なるプラグインハイブリッド車に、期待せずにはいられませんね!

アウディ車の関連記事はこちら!

他社のハイブリッド車に関連する記事はこちら!

ハイブリッドに関連する記事はこちら!

この記事の執筆者

進藤圭太この執筆者の詳細プロフィール

速く・正確な記事の執筆がモットーのMOBYライターです。好きな車は奇抜な車、60~80年代の車などさまざまですが、最も好きな車はバットモービルかもしれません。MOBYでは、速報記事やランキング記事など、さまざまなジャンルを執筆しています。...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • 利用者数100万人超えの業界最大手
  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、ビッグモーター、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!
  • 査定相場をチェックするだけでもOK