ベンツのハイブリッド車一覧|燃費・価格やリアルな評判まで徹底紹介

あまりハイブリッド車のイメージがないメルセデス・ベンツにもハイブリッド車がラインナップされています。さらにほとんどが一歩進んだ、外部充電可能なプラグイン・ハイブリッド車となっています。ここではあまり知られていない、メルセデスのハイブリッド車の世界をご紹介していきます。

ベンツにハイブリッド車のイメージはありますか?

Sクラス

メルセデス・ベンツというと、排気量が大きく燃費などのことをあまり気にしないで乗る車というイメージがあるのではないでしょうか。正直、あまりハイブリッド車のイメージはないと思います。しかし、人気の車種ではハイブリッド車もしっかりラインナップされています。

その他のメーカーのハイブリッド車についてはこちら

ベンツのハイブリッドは燃費も良い?

「ベンツ=燃費が悪い」というイメージかもしれません。しかしそこはハイブリッド、カタログ値では一般的なガソリン車の小型~中型車程度の燃費となっています。ベンツを選ぶ時に燃費のことを気にする人はあまりいないかもしれませんが、環境にやさしい車に乗りたいという人はこのハイブリッドも選択肢に入るのではないでしょうか。

ベンツのハイブリッド車ラインナップ

↓ベンツ プラグインハイブリッド

出典:http://minkara.carview.co.jp/car/mercedes-benz/c-class_sedan_phv/review/detail.aspx?cid=149481

現在、5種類のラインナップを揃えています。ユーザーの声とともにご紹介します。

なお、この他にEクラスのハイブリッドもありましたが、2016年8月に販売を終了しています。また、ほとんどがプラグインハイブリッドとなっています。外部でも充電が可能ということで、一歩進んだものと言えるでしょう。

Cクラス(セダン・ステーションワゴン)

Cクラスセダン

ベンツの中でもCクラスは日本でも一番売れているモデルです。もちろん世界的にもベストセラーです。この車種にハイブリッドの設定があるというのは嬉しいですね。セダン、ステーションワゴンともプラグインハイブリッドとなっています。

価格から見ると、一つ上のEクラスのガソリン車が買えてしまうのが悩みどころではないでしょうか。

Cクラスセダン プラグインハイブリッド
価格:721万円
燃費:17.2km/L

Cクラスステーションワゴン プラグインハイブリッド
価格:798万円
燃費:16.5km/L


C200 ステー…
500.0万円
本日の在庫
82
平均価格
259.0 万円
本体価格
29 ~ 780 万円


C200アバンギ…
518.0万円
本日の在庫
114
平均価格
311.3 万円
本体価格
19 ~ 690 万円

Sクラス

Sクラス

Sクラスはメルセデス・ベンツのフラッグシップモデルです。また、ベンツだけではなく、高級セダンの代表でもあります。
乗るためにはそれ相応の品格が必要なラグジュアリーセダンだからこそ、環境にも配慮したハイブリッドが必要なのだということなのでしょう。

しかもSクラスのハイブリッドはには何とディーゼルのハイブリッドもあるんです!これはもちろん日本でこの車しかない非常に貴重な存在です。

Sクラス ハイブリッド
価格:998~1353万円
燃費:20.7km/L
※ディーゼル・ガソリンの設定あり

Sクラス プラグインハイブリッド
価格:1638万円
燃費:13.4km/L


S300 h A…
927.0万円
本日の在庫
99
平均価格
338.9 万円
本体価格
39 ~ 1650 万円

GLCクラス

GLCクラス

GLCクラスとはどんな位置付けの車種なのでしょうか。あまり馴染みがないかもしれませんが、2015年から登場したクロスオーバーSUVで、Cクラスがベースとなっています。Cクラスのハイブリッドがあるため、GLCクラスでもハイブリッドが投入されたのではないでしょうか。4WDが欲しい時はこれで決まりです。

GLCクラス プラグインハイブリッド
価格:863万円
燃費:13.9 km/L


GLC250 4…
618.0万円
本日の在庫
5
平均価格
642.2 万円
本体価格
598 ~ 670 万円

ベンツのハイブリッドへの評判は?

実際に乗っている方からの評価もご紹介します。

・4速まではディーゼル音が気になる。5速以上ではアクセルを緩やかに踏んでいればエンジン音は全く気にならない。タコメーターがなければエンジンがかかっているか解らないくらい。フル加速は必要にして十分。

・車内の静かさは素晴らしい。他の車に乗れなくなる。

・ディーゼルのハイブリットは本当によくできている。20kmくらいまでモーターのみで加速、それからエンジンがかかるが、走り出すと外の音、振動が入ってくるため違和感ない。

走行中も負荷がなくなればエンジンは停止、ゆっくり速度維持程度ならたとえ100km以上でもモーターのみで動く。回生ブレーキで充電、エアコンは電気式で停車中にエンジンは動かない(電池が37%以下になるとエンジンは始動)。

・モーターで引っ張ると35km/hくらいまで行きます。それでエンジンにつながるとD2なので、雪道発進で使えそうです。国道で流れがいい時など、60km/hくらいでもモーター走行にできるので、燃費に貢献します。

など、プラグインハイブリッドでは大きな車体にもかかわらず、モーターでも余裕の走行ができるというような声が多数でした。

ベンツのハイブリッド車の今後は?

現在のCクラス、Sクラス、GLCクラスでのハイブリッドの設定は、まずは定番の売れ筋代表的なモデルに投入してきたということでしょう。

さらに、2017 年にはプラグインハイブリッドのラインアップを10 モデルに増やす計画があるそうです。また、2018年からEV(電気自動車)の市販も計画されているようです。今後がますます楽しみですね。

ベンツのハイブリットを考えている人は、もう少しだけ待ってみるのもいかがでしょうか。

ハイブリッドモデルに関連する記事

ベンツに関連するおすすめの記事