シトロエン新型「C4ピカソ」登場!ディーゼル追加の発売日や燃費やおすすめモデルは?

シトロエンのミニバン・C4ピカソに最新クリーンディーゼルエンジン「BlueHDi」を搭載したニューモデルが追加されました。来春のフルラインナップ出の発売に先駆けて、11月21日から装備を簡略化して価格を抑えたモデルが限定200台で発売されます。今回はそんなシトロエンのニューモデルの発売日や燃費やおすすめモデルを解説します。

シトロエン新型「C4ピカソ」ディーゼル登場!

シトロエンC4ピカソ

シトロエンのミニバン・C4ピカソに最新クリーンディーゼルエンジン「BlueHDi」を搭載したニューモデルが追加されます!

ディーゼルエンジンに長い歴史と伝統を持つプジョー・シトロエングループが開発した「BlueHDi」には、1.6Lと2Lがラインアップされ、すでにシトロエンC4、DS4、プジョー308、同508に採用、2016年7月には日本市場にも導入されました。

シトロエンC4

シトロエンC4

DS4

DS4

プジョー308

プジョー308

プジョー508SW

プジョー508SW

シトロエン新型「C4ピカソ」ディーゼルの性能と改良点

プジョー308に搭載される「BlueHDi」

プジョー308に搭載される「BlueHDi」

このエンジンは酸化触媒装置・SCR(選択還元触媒)・DPF(微粒子フィルター)の3つの排気制御メカニズムを搭載し、ディーゼルの排ガスに含まれる排気汚染物質を大幅に削減することに成功しました。

同じ性能のガソリン車と比較した場合、CO2排出量は15%低減し、燃費性能は25%も改善されます。
SCRに尿素を使用することで、NOx(窒素酸化物)は90%を削減。

さらに、SCRをDPFのエンジン側にレイアウトしたことで、エンジンの冷間始動時から迅速にNOx(窒素酸化物)の除去が可能となり、DPFの効率を高めています。

C4ピカソディーゼルに搭載される「BlueHDi」は、同車のために念入りなチューニングが施された2L直4DOHCターボディーゼルで、16.7という高圧縮比のシリンダー内に、コモンレールを介して2,000バールの高圧燃料を直接噴射。
可変ジオメトリーターボチャージャーの効果と併せて、最高出力150ps/4,000rpm、最大トルク37.7kg-m/2,000rpmを発揮します。

クリーンディーゼルの「BlueHDi」に組み合わされるトランスミッションは、PSAグループ自慢の6EAT(エフィシェント・オートマチック・トランスミッション)です。
このトランスミッションはギアボックスそのものを小型軽量した上で、全体をハイギアード化して静粛性を向上。
エンジンパワーを無駄なく使うために、ロックアップ領域の拡大によりロスを減らし、ダイレクトなレスポンスと燃費の向上をも実現するという優れもの。
さらに、マニュアルモードのシフトスピードも向上させたことにより、パドルシフトを積極的に操作してスポーティなドライブも楽しめます。

ブラックアウト化したヘッドランプベゼル

シトロエンC4ピカソのヘッドランプベゼル

ディーゼルモデルの追加にあわせてC4ピカソ(5シーターモデル)とグランドC4ピカソ(7シーターモデル)のフロントマスクを共通化し、ヘッドランプベゼルをブラックアウトすることで表情をキリリと引き締めました。

シトロエンC4ピカソに装備されるハンズフリー電動ゲート

ハンズフリー電動ゲート

装備面では両手がふさがっていても開閉可能なハンズフリー電動ゲートを採用したほか、アクティブセーフティブレーキ(自動ブレーキ)やアクティブクルーズコントロールに加え、レーンキープアシスト、アクティブブラインドスポットモニター(危険な車線変更の抑制機能)などの各種運転支援技術を装備します。

シトロエン C4ピカソディーゼルの発売日は?

シトロエンC4ピカソ

PSAの発表によると、C4ピカソディーゼルの発売は来春を予定しているとのことです(2016年11月現在、具体的な発売日は公表されていません)。

ディーゼル仕様のフルライン導入に先がけて、11月21日より装備を簡素化して価格を抑えた「グランドC4ピカソ・フィールBlueHDi」(C4ピカソディーゼル・7シーター)を限定200台で発売します。

C4ピカソディーゼルの価格はいくら?

グランドD4ピカソ(7シーター)のパノラミックガラスルーフ

グランドD4ピカソ(7シーター)のパノラミックガラスルーフ

【5シーター】
C4ピカソ・シャイン:347万円
C4ピカソ・シャインBlueHDi:372万円

【7シーター】
グランドC4ピカソ・シャイン:355万円
グランドC4ピカソ・シャインBlueHDi:380万円

11月21日から200台限定で発売されたグランドC4ピカソ・フィールBlueHDiは372万円。

オススメモデルは来春発売されるクリーンディーゼルを搭載したグランドC4ピカソ・シャインBlueHDiですが、いち早くディーゼルモデルに乗ることができるグランドC4ピカソ・フィールBlueHDiも魅力的です。


エクスクルーシブ…
284.0万円
本日の在庫
5
平均価格
234.4 万円
本体価格
58 ~ 284 万円


エクスクルーシブ…
305.0万円
本日の在庫
4
平均価格
290.8 万円
本体価格
274 ~ 305 万円

C4ピカソディーゼルの燃費性能は?

シトロエンC4ピカソ

ガソリン仕様のC4ピカソに搭載されている1.6L直4DOHCターボエンジンのカタログ燃費(JC08モード)は15.1km/L。
いっぽう、C4ピカソディーゼルに搭載されている2L直4BlueHDiエンジンのカタログ燃費は18km/Lです。

欧州車はカタログ燃費と実燃費の乖離が少ないことから、おそらくは街乗りで15〜16km/L程度の燃費性能は期待できるのではないでしょうか?

C4ピカソのガソリン仕様車はハイオク指定ですので、軽油を用いるC4ピカソディーゼルとは燃料代は2/3ほどで済むことになります。

C4ピカソディーゼルの評価

C4ピカソの内装(インテリア)

シトロエンC4ピカソの内装

シトロエン C4ピカソは、ミニバンとしてはボディ剛性が高く、もともと評価の高いモデルです。またフランス車らしくソフトながらコシのあるサスペンションとふんわりと優しく身体を包み込むシートは、他車の追随を許さないものがありました。

そんなシトロエンC4ピカソに、燃費性能と環境性能に優れ、静粛性が高い新世代のクリーンディーゼル「BlueHDi」が搭載されたのですからまさに鬼に金棒です。

C4ピカソディーゼルはミニバンの決定版となるか?

シトロエンC4ピカソ

新型C4ピカソディーゼルについてのまとめ記事はいかがでしたでしょうか?

現在、国産の5ナンバーミニバンの中でクリーンディーゼルを搭載しているのは三菱デリカD5だけです。
しかし、デリカD5は2005年のデビューという古いモデルであり、性能的に陳腐化しつつあります。
そんな中で登場したC4ピカソディーゼルは、国産ミニバンを凌ぐ快適な乗り心地と、優れた経済性、世界トップクラスの環境性能を持っています。

価格面でも国産5ナンバーの上級グレードと比べても少々高いだけですし、最近のフランス車は信頼性を増しているのでトラブルの心配もほとんどなく、維持費の面でも国産ミニバンに迫っています。

そう考えるとファミリーカーとして優れた資質を持つC4ピカソディーゼルは有力な候補のひとつとして考えられても良いのではないでしょうか。

MOBYでは、シトロエンC4ピカソ ディーゼルに関する最新情報を随時更新してまいりますので、お楽しみに!

その他のシトロエンの情報はこちら

その他のプジョーの情報はこちら

ミニバンに関するおすすめ記事!

関連キーワード
キーワードからまとめを探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーからまとめを探す