初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

BMW Z5(新型Z4)最新情報!2018年発売日で性能や価格は?

新型BMW Z5がZ4のモデルチェンジとしてデビューします。Z3、Z4と続いたライトウェイトオープンスポーツの系譜がZ5に繋がるのは、スポーツカーファンとしては嬉しい限りです。次の新型BMW Z5はモデルチェンジによって価格、燃費がどのようになるのか?発売日はいつなのか?についてまとめてみました。

BMW Z4の後継車新型「Z5(新型Z4)」が登場予定

BMW Zシリーズの歴史

BMWZ1

ついにBMW Z5(新型Z4)が現行Z4のモデルチェンジとしてデビューします。
Z5はBMW Z3からZ4とモデルチェンジを繰り返してきたBMWオープン2シーターの後継車種です。
BMW Z3は1996年に登場した、Z1以来のライトウェイトオープン2シーターです。

そして人気を博したZ3が2002年に販売終了となると、翌2003年には後継車種となるBMW Z4が早々と登場するのでした。
Z4はZ3販売終了後のデビューですが、開発自体はZ3と同時期に行われていたので、モデルチェンジと言うよりはZ3の上位モデルとしてでした。

Z3ではオープンモデルであるロードスターとクーペが存在しましたが、Z4ではこれを廃止、クーペカブリオレとして統合されました。
この統合によって、ソフトトップは格納式のハードトップへと変貌を遂げ、リトラクタブル式ルーフとなったのです。
そして2016年8月、BMW Z4は生産終了となりました。

BMW Zシリーズは新しい局面へ

自動格納できる格納式ハードトップによって、手軽にオープンドライブを楽しむことのできるリトラクタブル式ルーフ、官能的な直列6気筒エンジン、個性的で躍動的なロングノーズとスポーツカーの魅力を遺憾なく発揮したZ4の生産終了のニュースはファンたちを悲しませるかに見えました。

しかし、BMWは そんなファンの心をがっちり掴む次の手を準備していたのです。
BMW Z5(新型Z4)という後継車種のニュースです。

しかもZ5は日本の自動車メーカー・トヨタとの初の共同開発です。
トヨタはすでにスバルとの共同開発でトヨタ 86という魅力的なスポーツカーを世に出しています。
その上で、BMW Z5の共同開発の情報はファンの期待を膨らまさずにはいられません。

BMWの新型車についてはこちら

【最新情報】BMW Z5(新型Z4)コンセプトモデルが2017年8月に公開

ペブルビーチ・コンクール・デレガンスにて発表

BMW Z5(新型Z4)のコンセプトモデルが2017年8月16日より開催されるペブルビーチ・コンクール・デレガンスにて公開されることが明らかになりました。

今まで新型はBMW Z5としてBMW Z4の後継車として登場することが噂されていましたが、新型はZ5ではなく、Z4の名前を引き続き使い続けることが明らかになりました。
つまり新型BMW Z4はBMW Z4のハイパフォーマンスモデルという位置づけになります。

また、BMWの社内資料でも「Z4」という名前が使われているという噂です。

BMW Z5(新型Z4)の内装が一部判明!

トヨタとの新型共同開発車BMW「Z5(またはZ4)」の一部内装がスクープされました。
シャッターに収められたコックピットから幾つかの新情報が入りました。
スクープ画像には6速マニュアルシフトノブが写っていました。
シフトノブ以外にも、最新世代のiDriveダイヤルコントロール、デジタルコックピットなどが確認できます。

そして何よりダッシュボードに貼られている紙が重要です。
紙には「S20i」、「145kW/320Nm」そして「1400」と書かれています。
恐らくS20iとはグレードを表し、145kW/320Nmはそれぞれ最大出力と最大トルクを指しているようです。
最後の数字は1400に当たるのではないでしょうか。
また、正式名称は新型Z5になるとの予想もありましたが、「新型Z4」になる可能性が高いようです。

BMW Z5(新型Z4)の最新スクープ画像

BMW Z5 オープントップ スパイショット 2017年
BMW Z5 オープントップ スパイショット 2017年
BMW Z5 オープントップ スパイショット 2017年
BMW Z5 オープントップ スパイショット 2017年
BMW Z5 オープントップ スパイショット 2017年

BMWのZ5(新型Z4)の最新スパイショットがスクープされました。
外装にはカモフラージュが施されていましたが、先代の「Z4」の2シーターから2+2シートレイアウトを採用しているようです。
もしこのシートレイアウトが確定するとなると、先代から大きな仕様変更になると思われます。

BMW Z5(新型Z4)販売価格は?

Z5(新型Z4)の販売価格は600万から、最上級車は1000万ほどになると予想されています。
同クラスのオープンスポーツであるポルシェボクスターの価格設定が658万〜904万円ということを考えると、この予想は妥当なところだと思われます。

BMW Z5(新型Z4)発売日はいつ?

BMWZ5発売日

BMW Z5(新型Z4)の気になる発売日は2017年秋、遅くとも2018年には発売されるというのが大方の予想です。

BMW Z5(新型Z4)予想燃費は?

#bmwz5

Sergey Antonovさん(@sergeyantonov74)が投稿した写真 -


BMW Z5(新型Z4)の燃費ですが、これに関しては前モデルのZ4が2リッターエンジン搭載モデルが13.4km/Lと公表されています。
まずはZ4と同等レベルと考えられますが、これにトヨタの持つ燃費環境性がどのように影響してくるかは未知数です。
ここはぜひトヨタとの共同開発による燃費向上を期待したいものです。

BMW Z5(新型Z4)性能は?

BMW性能

定評あるBMWのシャシー性能

何と言ってもBMW Z5(新型Z4)はスポーツカーです。
やはり気になるのは「性能はどうなの?」というところではないでしょうか?
BMWの高い運動性能を誇るシャーシー性能は、多くのスポーツカーファンを魅了してきました。
もちろん前モデルのZ3やZ4もその例外ではありません。

おそらくトヨタが共同開発をするにあたって、BMWに期待している最も大きなところも、高いシャーシー性能にあると思われます。
Z5にももちろんその技術は活かされ、50:50の前後重量配分のFR方式で極上の運動性能を発揮するレイアウトになるでしょう。

BMW Z5(新型Z4)の予想パワートレイン

BMW Z5(新型Z4)の予想パワートレインは2種類ラインナップされると予想されています。
ベースモデルとなる直列4気筒2リッターターボと、上位クラスのZ5 Mが直列6気筒3リッターターボの2種類です。
やはりZシリーズは直列エンジンに限ります!
そして最高出力はベースモデルの190psから、Z5Mの425psと幅広い設定になることが予想されます。

BMW Z5(新型Z4)がトヨタと共同開発の意味するもの

#bmw #bmwz5 #toyota

bmwdeutschlandさん(@bmwdeutschland)が投稿した動画 -


さて、今回始めてBMWとトヨタのスポーツカー共同開発が実現するわけですが、Z5(新型Z4)と兄弟車となるのは復活するトヨタスープラの後継車です。
トヨタとしても満を辞してのスープラ復活ですので力が入らないわけがありません。
これだけで期待は膨らみます。
トヨタはすでにスバルとの共同開発でトヨタ86とスバルBRZという魅力的な車をデビューさせています。
スバルとの共同開発の結果を見れば、トヨタの共同開発の実績は十分と言えるでしょう。

そしてトヨタの強みは優れた燃費環境性能です。
これにBMWのシャーシー性能がプラスされるのですから、これは大きなアドバンテージといえます。
また、共同開発を行うことにより、コスト削減が実現され、高いコストパフフォーマンスを発揮する事が出来ます。
Z5には価格以上の価値が期待できそうです。

BMWZ5の兄弟車トヨタスープラについて詳しくはこちら

BMW Z5(新型Z4)に期待!

BMW Z5(新型Z4)の情報を集めてみましたがいかがでしたか?
Z5はZ3、Z4とほぼ途切れる事なく紡いできたBMWのオープン2シーターです。
その最新車種ですのでファンの期待は膨らむばかりです。

最後に筆者が期待するZ5とはどんなものか?で締めたいと思います。

筆者がZ5に期待するのは、今まで受け継がれてきた運転する楽しさの実現です。
街を走るだけで人の目を引きつける美しいデザイン、官能的な直列エンジンのサウンド、風を感じながら走る楽しみ、これらがZシリーズの魅力です。

走行性能、利便性だけでは語れない、車を所有する喜び、走る喜びを具現化したクルマ、Z5(新型Z4)にはそういうクルマになってほしいものです。

その他のBMWのおすすめ情報はこちら

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す