MOBY

フォード・プローブまとめ|中古車価格から燃費などの性能を紹介!

80〜90年代に人気を博したフォード・プローブはフォードとマツダの日米共同開発で生まれたファストバック・クーペです。現在ではレア車となったプローブの中古車価格から燃費などのスペックをご紹介します。

初代フォード・プローブの誕生

出典:http://www.favcars.com/

1988年2月に登場したフォード・プローブは、当時フォード・モーター社が株式の25%を所有していたマツダとの共同開発で生まれたファストバック・クーペです。
米国では主にセクレタリーカー(女性事務職の通勤用のクルマ)として人気を博しました。

マツダ・カペラC2

出典:http://www.favcars.com/

プローブのベースとなったのはFWDレイアウトを採用したカペラC2(カペラの2ドアクーペ)で、外装デザインは広島に派遣された北米フォードのチームが担当しましたが、チーフデザイナーは日本人フォード社員の斎藤氏(フォード・ジャパン・リミテッドに確認を取りましたが、資料が散逸しているため名字だけで名前まではわからないそうです)が務めました。

内装デザインは英国フォードが担当しています。
生産はマツダが米国に建設したフラット・ロック工場で行われ、世界に拠点を持つフォードらしく国際色豊かなクルマとしてプローブは誕生しました。

プローブに搭載されるエンジンは当初はマツダ製の2.2L直4SOHCと同インタークーラーつきターボのみでしたが、1990年からはフォード製の3LV6も設定されました。

プローブのグレードは標準仕様のGLのほか、豪華仕様のLXの設定もあり、トランスミッションは前者が5MTと4AT、後者が4ATのみの設定となりました。

サスペンションはリジット・アクスルが主流の当時のアメリカ車の中では珍しく、4輪独立ストラットを採用しています。
プローブのサスペンション開発には元F1パイロットのジャッキー・スチュアートが協力しており、FWDながら優れたハンドリングを持っていました。

また、プローブのリトラクタブルヘッドライトとメータークラスターは、マツダRX-7(FC3S)のものを流用しています。

【基本性能】
(フォード・プローブLX)
全長:4,530mm
車幅:1,725mm
車高:1,315mm
ホイールベース:2,515mm
車重:1,230kg
エンジン:2.2L 直4SOHC
最高出力:112ps/4,700rpm
最大トルク:18.0kg-m/3,000rpm
トランスミッション:5MT/4AT


1600SGエク…
38.0万円
本日の在庫
1
平均価格
38.0 万円
本体価格
38 ~ 38 万円

マツダRX-7(FC3S)

出典:http://www.goo-net.com/

なお、米国にはない特別なプローブとして、日本市場向けにコンバーチブルが100台限定で販売されました。
このクルマはフラット・ロック工場で生産されたモデルではなく、日本国内でクーペからコンバーチブルに改造されたものです。

改造車ですがオートラマ系のディーラーで販売した正規輸入車です。
改造作業は千葉県船橋市にあったフォード正規販売店「オートラマ船橋」の整備工場の片隅で専門の架装業者の手で行われました。

1台ずつ手作りで改造されたプローブ・コンバーチブルは、船橋から全国のオートラマ店に搬送され、改造車検を受けてからオーナーの手に引き渡されました。
そのため、米国内はもちろん日本にも資料がほとんど残っておらず、販売台数も少ないことから現在では「幻のプローブ」となっています。


フォード トラン…
328.0万円
本日の在庫
5
平均価格
318.5 万円
本体価格
68 ~ 580 万円

フォード・プローブは5代目マスタングとなるはずだった?

3代目フォード・マスタング(FOXマスタング)

出典:http://www.amcarguide.com/

企画当初、プローブは1979年のデビュー以来、陳腐化が著しかった3代目マスタング(FOXマスタング)の後継車種として開発が進められていました。

ところが、「マスタング」という車名に強いこだわりを持つ北米フォードの社員から「日米合作車、それもFWDのモデルに偉大なマスタングの名前を与えるわけにはいかない!」との激烈な反対運動が社内で巻き起こったため、フォード社上層部はマスタング後継車としての開発を見合わせ、開発中のモデルは「プローブ」として発売することにしました。

しかし、その結果マスタングは88年に5代目モデルを発表することができなくなり、93年まで4代目マスタングが継続生産されることになりました。
3代目マスタングが14年というシリーズの中でもっとも長いモデルライフを持つのはそのためです。

マツダとフォードの共同姉妹車・フリーダの情報はこちら


2.3エコブース…
479.8万円
本日の在庫
24
平均価格
346.3 万円
本体価格
48 ~ 698 万円

2代目フォード・プローブのデビュー

出典:http://www.favcars.com/

マツダMX-6

出典:https://en.wikipedia.org/

1992年秋にプローブは2代目にモデルチェンジしました。ベースとなったのは、カペラC2から発展したマツダMX-6です。
初代プローブと同じくエアロダイナミックスを追求したエクステリアデザインが採用されていますが、全長や全幅はわずかに拡大したにも関わらず、ウェッジシェイプの効いたスタイリングにより、ボリューム感溢れる先代よりも引き締まって見えます。

2代目プローブに搭載されるエンジンはすべてマツダ製になり、トップグレードのGTには2.5LV6DOHC、SEとGLには2L直4DOHCが搭載され、トランスミッションはそれぞれ5速MTと4速ATが選べました。
なお、日本仕様車はGTの4ATのみが輸入・販売されました。

1995年には、GTをベースにサンルーフや本革シート、クルーズコントロールなどを装備した特別仕様車のGTリミテッドが、翌96年にはGTベースのGTSが発売されました。

(フォード・プローブGT)
全長:4,560mm
車幅:1,785mm
車高:1,305mm
ホイールベース:2,610mm
車重:1,320kg
エンジン:2.5L 直4DOHC
最高出力:165ps/5,600rpm
最大トルク:22.1kg-m/4,800rpm
トランスミッション:4AT

マーキュリー・クーガー

出典:http://spidercars.net/

2代目プローブは1997年に生産を終了し、モデルが消滅しました。
フォードブランドで直接の後継車種が発売されることはありませんでしたが、ほぼ車格を同じくするクーガーがマーキュリーブランドより発売され、このクルマが事実上の後継車種になりました。
マーキュリー・クーガーは、日本でも近鉄モータース系の販売網で販売されましたが、オートラマ系に比べて拠点数が少なく、新車価格も340万円と2代目プローブの244万円(95年の価格。92年の発売当時は305万円)に比べて大幅の値上げとなったこともあって、あまり台数は売れなかったようです。

http://car-moby.jp/wp-content/themes/moby_pc


0.0万円
本日の在庫
0
平均価格
0.0 万円
本体価格
0 ~ 0 万円

フォード・プローブの燃費はどのくらい?

出典:https://en.wikipedia.org/

2代目プローブの10・15モード燃費は9.5km/Lとなっています。
実燃費との乖離は意外と少ないようで、街乗りで8〜9km/L、高速巡航で10〜12km/Lと、燃費性能があまり芳しくないと思われがちなアメリカ車の中でプローブは健闘しています。

フォード・プローブの中古車価格は?

2代目フォード・プローブのインパネ

出典:http://pinthiscars.com/

すでに初代プローブの生産終了から四半世紀、2代目プローブの生産終了からも20年近くが経過していることもあって、中古車サイトを確認したところ、中古車市場での流通量は全国で1台しかありませんでした。

すでにネオ・クラシックとでも言うべき領域に差し掛かったプローブですが、とくにマニア人気が高い車種というわけでもなく、初代・2代目のいずれにしても中古車市場で見つかれば50万円以下で購入できると思います。

ただし、現状でプローブは流通台数が極端に少ないため、販売価格とコンディションは必ずしもリンクしないことも少なくありません。
同じようなコンディションの車両でも、希少性から販売価格を高めに設定する中古車店もあれば、単に古いクルマとして安く売り出す店もあります。

本気でプローブを探している方は、中古車店だけでなくネットオークションや個人間売買などもチェックされると良いでしょう。


フォード トラン…
328.0万円
本日の在庫
5
平均価格
318.5 万円
本体価格
68 ~ 580 万円

フォード・プローブは80〜90年代の人気車種

出典:http://consumerguide.com/

フォード・プローブについてのまとめ記事はいかがでしたでしょうか? 

発売時に人気のあったフォード・プローブでしたが、時間の経過とともに人々の記憶から忘れられつつあります。
しかし、日米の技術力の粋を集めたクルマということで、完成度は高く、現在でも充分に魅力を感じさせる1台です。
中古車市場での流通台数は極めて少ないようですが、中古車価格はけっして高くはないので、中古車店の店頭で見つけたら即GETすべき1台です。

フォードに関連するおすすめの記事

アメ車に関連するおすすめの記事

関連キーワード
キーワードからまとめを探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーからまとめを探す