初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

ニスモとは?意味や魅力を解説|ノートからGT-RまでNISMO仕様車種も紹介

ニスモとは、日産自動車の連結子会社であり、日産自動車におけるモータースポーツ部門を担っている、ニッサン・モータースポーツ・インターナショナル株式会社の通称です。「技術の日産」のDNAを象徴するニスモについて、解説します。

ニスモ(NISMO)を知っていますか?

NISMO ロゴ

日産の車の車名に「NISMO」とついているのを見たことはありませんか?「ニスモってよく見かけるけど実は知らない」という方、結構いらっしゃるのではないでしょうか。
ニスモ仕様の車は速そうでカッコいいんだけど、何なんだろう?今さら人には聞きづらい・・・全然そんなことはありません!

ニスモについて聞いたことはあるけど詳しく知らないという皆様に、日産のコンプリートカープロジェクト・ニスモ(NISMO)の魅力を知っていただきたいと思います。

日産自動車の歴史についてはこちら!

ニスモ(NISMO)とは

NISMO レース仕様車

ニスモ (NISMO) という愛称は、社名のニッサン・モータースポーツ・インターナショナル株式会社(英語:Nissan Motorsports International CO.LTD.)の頭文字に由来しています。
NissanのNisに、MotorsportsのMoをくっつけて「NISMO」です。

ニスモは、1984年に日産のワークス・チームの一つだった大森ワークスを母体とし、日産自動車株式会社の100%出資で設立されました。
2013年1月に設立当初の所在地だった東京都品川区から移転し、現在は日産横浜工場内(神奈川県横浜市鶴見区)に本社を置いています。

ル・マン24時間レース、全日本スポーツプロトタイプカー耐久選手権などに参戦、数多くのタイトルを獲得した実績があります。

ル・マン24時間レースの解説はこちら!

「NISMO仕様」はレースで培った技術を注ぎこんだコンプリートカー

NISMO 仕様

ニスモは日産自動車のワークス・チームとしてモータースポーツに参戦する他、レースで培ったノウハウと技術を活かし、市販車用のパーツ類も製造・販売、オーダーでのカスタムにも対応しています。
それらのパーツを使って、日産車をトータルでチューンアップしたコンプリートカーを「NISMO仕様」として販売しています。

「NISMO仕様」または「バージョンニスモ」と呼ばれるモデルは、ベース車両の足回りや内外装、マフラー、ホイールはもちろん、吸排気系、コンピューター、ECMにまで手が加えられる場合があり、改造というより造り直すという方が近いと言われています。
そのため、日産の特装車事業などを手がけるオーテックジャパンが架装を担当しています。

バージョンニスモ(NSIMO仕様)のチューンは、広く親しまれている車種をブラッシュアップするレベルから、公道での最速をめざすチューンまで、3つのタイプに分類されています。

S-tune

NISMO S-tuneパッケージ

幅広い車種を対象としたライトチューンです。
NISMOパフォーマンスパッケージを使用したチューンアップから個別のオーダーまで、幅広い車種をカバーします。

NISMOパフォーマンスパッケージは、NISMOパーツが車種別にパッケージ化されています。
パッケージで装着すれば、空力性能&バランス、操安性能、デザインバランスなどの面で、NISMOパーツの性能を余すところ無く発揮できるよう考慮されています。

エルグランドセレナエクストレイルリーフ用のパッケージが販売されています。

R-tune

スカイラインGT-Rのみを対象とした、タービン交換やヘッドチューンを含む本格的なチューニングです。

Z-tune

公道を走行する車両としてのバランスを維持しつつ、トップクラスの速さ、そして耐久性をめざした大規模チューニングです。
対象とされる車種は、スカイラインR34 GT-Rのみです。

F1覇者・ウイリアムズとの提携

ニスモは、2014年にウイリアムズ・アドバンスド・エンジニアリング(F1のウィリアムズチームの関連会社)と提携しています。
提携の主な目的は、日産車をベースとした高性能市販車を共同開発で、ニスモ・ブランドのさらなる飛躍が期待されます!

バージョンニスモ(NSIMO仕様)は公道最速をめざしたモデル

NISMO シリーズ

ニスモには、「NISMO仕様」または「バージョンニスモ」と呼ばれる、ロードゴーイングカーを製造・販売する事業があります。

「ロードゴーイングカーって?」という方もいらっしゃると思います。
ロードゴーイングカーは、レーシングカーやラリーカーなどの競技専用車輌に対し、一般公道を走る仕様の車を指します。
GT-R、フェアレディZジュークノートマーチの5車種が販売されています。
ベース車両の活かした、いずれもNISMO仕様ならではの個性的なデザインと、最速にこだわったチューニングが魅力です。
バージョンニスモ(NSIMO仕様)の現行モデルをご紹介します!

ジューク NISMO

日産 ジューク NISMO RS 2014年

ニスモ仕様のジュークには、200馬力モデルのジュークNISMOと、214馬力モデルのジュークNISMO RSがあります。

ジュークNISMO RSは、走りを追究するコンパクトカーというコンセプトの元、専用チューニングされたエンジン、ブレーキ、タイヤに加えて、専用サスペンションの高度なポテンシャルを最大限に引き出すため、ボディ全体を綿密に補強し、車体剛性を向上させています。

ジュークNISMO RSの性能

車両型式: 全長/4165mm、全幅/1770mm、全高/1570mm
ホイールベース: 2530mm
車両重量: 1685kg
乗車定員: 5名
エンジン型式: MR16DDT[NISMO専用チューニング]    
種類・シリンダー数: DOHC・直列4気筒
総排気量 :  1.618L
最高出力: 157kW(214PS)/6000rpm
最大トルク: 250N・m(25.5kgf・m)/2400-6000rpm
メーカー希望価格: 3,468,960円(税込)

ジュークNISMO RSのデザイン

日産 ジューク NISMO RS 2014年
日産 ジューク NISMO RS 2014年
日産 ジューク 内装

2011年7月、グッドウッドフェスティバルオブスピード(イギリス)でジュークNISMOが片輪走行のギネス記録を挑戦した動画です。
プロのスタントドライバー、テリー・グラント氏が、グッドウッド名物の全長約2.6kmのヒルクライムコースを、2分55秒で走り切り、見事にギネス新記録を達成しました。


中古車情報
システムメンテナンス中


マーチ NISMO

東京オートサロン2014 with NAPAC 日産 マーチ NISMO S

マーチNISMO、NISMO Sは、街中で心地よい緊張感と走りを体感させてくれる、タウンスポーツカーとして誕生しました。
街乗りの車として人気の高い、マーチのコンパクトなボディにNISMOのこだわりがしっかりと反映されています。

マーチNISMO Sの性能

車両型式: 全長/3,870mm、全幅/1,690mm、全高/1,495mm
ホイールベース: 2,450mm
車両重量: 1,010kg
乗車定員: 5名
エンジン型式: HR15DE[NISMO専用チューニング]    
種類・シリンダー数: DOHC・水冷直列4気筒
総排気量 :  1,498L
最高出力: 116ps(85kW)/6,000rpm
最大トルク: 15.9kg・m(156N・m)/3,600rpm
メーカー希望価格: 1,842,480円(税込)

マーチNISMO Sのデザイン

日産 マーチ NISMO S 内装

中古車情報
システムメンテナンス中


ノート NISMO

日産 ノート NISMO S 2014年

「ノート NISMO」「ノートNISMO S」がラインナップされています。
パワートレーンや車体から、タイヤ、サスペンション、空力などを総合的にチューニングし、バランスよく優れた走りの性能を引き出しています。

ノートNISMO Sの性能

車両型式: 全長/4,190mm、全幅/1,695mm、全高/1,515mm
ホイールベース: 2,600mm
車両重量: 1,080kg
乗車定員: 5名
エンジン型式: HR16DEエンジン[NISMO専用チューニング]    
種類・シリンダー数: DOHC・水冷直列4気筒
総排気量 :  1,597L
最高出力: 140ps(103kW)/6,400rpm
最大トルク: 16.6kg・m(163N・m)/4,800rpm
メーカー希望価格: 2,244,240円(税込)

ノートNISMO Sのデザイン

日産 ノート NISMO S 2014年
日産 ノート NISMO S 内装

中古車情報
システムメンテナンス中


セレナ NISMO

日産 セレナ NISMO

日産新型セレナ NISMOは、ミニバンの強みである使い勝手の良さと快適性に加えて、NISMOらしい爽快なドライブを楽しめるチューニングが行われた新型ミニバンです。
外装には様々な専用チューニングやパーツが取り付けられ、スタイリッシュなモデルになりました。
内装においても随所にNISMOを表現する赤色がアクセントになっています。

セレナ NISMOのパワートレイン

エンジン種類直列4気筒DOHC
排気量2.0L
最高出力110[150]/6,000
最大トルク200[20.4]/4,400
トランスミッションCVT
駆動方式FF
使用燃料レギュラー
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

セレナ NISMOに関連するおすすめ記事はこちら

フェアレディZ NISMO

日産 フェアレディZ NISMO 2013年型

日産というより、日本のスポーツカーの代表格とも言える、フェアレディZに、ニスモが築き上げた走りへのスピリットを注ぎこんだが、フェアレディZ NISMOです。

フェアレディZ NISMOの性能

車両型式: 全長/4,330mm、全幅/1,870mm、全高/1,315mm
ホイールベース: 2,780mm
車両重量: 1,540kg
乗車定員: 2名
エンジン型式: VR38DETT[NISMO専用チューニング]    
種類・シリンダー数: DOHC・V型6気筒
総排気量 :  3.696L
最高出力: 261(355)/7,400(kW(PS)/rpm)
最大トルク: 374(38.1)/5,200(N・m(kgf・m)/rpm)
メーカー希望価格: 6,185,160円(税込)*6MT

フェアレディZ NISMOのデザイン

日産フェアレディZ NISMO 2014年
日産 フェアレディZ NISMO 2014年
日産 フェアレディZ NISMO 内装
日産フェアレディZ NISMO 専用エンジンカバー・専用ストラットタワーバー

中古車情報
システムメンテナンス中


NISSAN GT-R NISMO

日産 GT-R NISMO 2017年型

GT-R NISMOは、パフォーマンスとドライビングの楽しさを極めることを目的として作られた車です。
2017年モデルには、2014、2015年のSUPER GT GT500クラスを2年連続で制した「最速のテクノロジー」がフィードバックされています。

サーキット走行を楽しみたい方のためには、スマートフォンアプリケーション「NissanConnect Nismo」が用意されています。
車両データトランスミッタ(※オプション)と連携して、車速やエンジン回転数などの情報をスマートフォンに転送し、ラップタイム計測やデータ解析することができます。

NISSAN GT-R NISMOの性能

車両型式:全長/4,690mm、全幅/1,895mm、全高/1,370mm
ホイールベース:2,780mm
車両重量:  1,740kg
乗車定員:  4(2+2)名
駆動方式: 4輪駆動
エンジン型式: VR38DETT[NISMO専用チューニング]    
種類・シリンダー数: DOHC・V型6気筒
総排気量: 3.799L
最高出力: 441kW(600PS)/6,800rpm
最大トルク: 652N・m(66.5kgf・m)/3,600-5,600r
メーカー希望価格: 18,700,200円(税込)

日産 GT-R NISMO 2017年型
日産 GT-R NISMO 2017年型
日産 GT-R NISMO2017年型 内装
日産 GT-R NISMO

中古車情報
システムメンテナンス中


ニスモのファン感謝イベント「NISMO FESTIVAL」とは

ニスモでは、年に一回ファン感謝イベント「NISMOフェスティバル」を開催しています。
2016年も「NISMO FESTIVAL 2016」が12月11日(日)に富士スピードウェイ(静岡県)で開催されました。
富士スピードウェイ50周年と重なることから、富士スピードウェイにゆかりのある日産の歴代レーシングカーの展示やレーシングコースの走行などが企画されました。
他にも日産系列の国内外の現役レーシングドライバーや監督、レジェンドドライバー、レースクイーンらによるトークショーやサイン会なども開催されました。

見学だけでなく、ピットワークシミュレーション、グリッドウオークなどの参加型イベントも数多く体験することができるため、ニスモや日産のファンだけでなく、モータースポーツや車が好きな方なら、お子様から大人まで、もれなく楽しめる充実のイベントです。

NISMO FESTIVAL 2016の概要

開催地富士スピードウェイ(静岡県駿東郡小山町中日向694)
開催日2016年12月11日(日)8:30~(雨天決行)※東西ゲートオープンAM5:00(予定)
主,催ニッサン・モータースポーツ・インターナショナル株式会社
後,援日産自動車株式会社
入場料前売り2,000円 / 当日2,500円
※各種イベント参加には別途チケットが必要になる場合があります。
問い合わせ「NISMO FESTIVAL 2016」運営事務局
専用TEL03-6756-9630 受付:10:00~12:00 / 13:00~17:00(土日祝日除く)
E-Mailnismofes2016@ad-carb.com

Club NISMOの会員になればさらに特典が!

Club NISMOは、ニスモのモータースポーツ活動を応援するファンクラブです。
Club NISMO会員には、毎年開催されるNISMO FESTIVALに招待される他、イベント当日にも特典が用意されています。

・専用ホスピタリティラウンジのご利用
・専用駐車スペースのご利用
・メンバー限定イベントへの参加 (抽選または先着順)など 
 サーキットサファリなどへの参加権(抽選または先着順)

その他にも、日産オンラインショップやNISMOショップで割引販売、レースチケット特別価格での販売やSUPER GT会場でのメンバー特典など、レース好きにとっては魅力的な特典が盛りだくさんです。

過去には、Club NISMO会員限定の「ニスモ本社見学ツアー」なるイベントも開催されています。
レース車両整備場やエンジンベンチ、トレーニングルームなどの普段は一般開放されない「NISMOの裏側」を見学できるツアーとして好評を博したそうです。

ニスモ(NISMO)ロードカー事業を拡大

NISMO

2017年4月25日、日産自動車株式会社は高性能スポーツブランドである「NISMOロードカー」事業を拡大すると発表しました。
また、この戦略の基盤となる「NISMOロードカー」の車種ラインアップ拡充を支えるために、「NISMOロードカー」の企画・開発にかかわる機能を、日産グループの特装車両を手掛ける株式会社オーテックジャパン内に設立しました。
また、「ニスモ・カーズ事業部」を新たに設立し、従来以上に魅力的な商品をスピーディに開発することを目指します。

今後日産は、「NISMOロードカー」のセグメントを増やし販売車種ラインアップも拡充する予定です。
投入市場も従来の日本、北米、欧州、中近東から、更に広げてグローバルに展開していきます。

発表予定の新型ニスモ(NISMO)ラインナップはこちら

ニスモはロードカーの頂点をめざすコンプリートカープロジェクト


日産のコンプリートカープロジェクト、ニスモ(NISMO)をご紹介しました。
ニスモの魅力を少しでも感じていただけたら嬉しいです。

モータースポーツは、車のポテンシャルの限界に挑む戦場であると共に、最先端の技術を競い合う実験場でもあります。
ニスモは、サーキットで培った技術とノウハウを、チューニングでロードカーにフィードバックします。
事業の拡大が決定され、より多くのニスモの車が登場し、ドライバーを楽しませてくれることでしょう。
モータースポーツとコンプリートカープロジェクトという、ニスモの2つの事業は、サーキットと一般ドライバーをつないでいるのです。

ロードカーの頂点をめざす、ニスモの挑戦はこれからも続きます。

日産自動車関連のおすすめ記事

日産の新型情報に関連するおすすめの記事

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す