ヴェルファイアおすすめグレードはZ”A EDITION・GOLDEN EYES”!違いを比較

トヨタのミニバン、ヴェルファイアは上質な乗り心地や高級感のある内装などにより人気を獲得しています。このヴェルファイアを購入するならどのグレードを選びますか?ヴェルファイアのスペック、評価、各グレードごとの特徴やおすすめグレードをご紹介します。

トヨタのヴェルファイアってどんな車?

ヴェルファイアの画像

ヴェルファイアの画像

トヨタのヴェルファイアは、大型ミニバンです。
2008年に初代が発売され、2015年のフルモデルチェンジで2代目となりました。
アルファードとは兄弟車にあたります。

数多くのカスタムパーツを揃え、内装をオリジナルにカスタムしたロイヤルラウンジ(価格はおよそ15,000,000円前後)などのカスタムカーもラインナップされています。

ヴェルファイアはハイブリッド車とガソリン車がラインナップされており、それぞれに、最高級の内装を備えたExecutive Lounge、エアログレードのZR(ZA,Z)、上位装備グレードのV(VL)、ベースグレードのXが設定されています。
ガソリン車は3.5Lエンジンと2.5Lエンジンがラインナップされています。

ヴェルファイアを購入するなら、どのグレードを選びますか?

ヴェルファイアのCM

トヨタ・ヴェルファイアのスペック

ハイブリッド車(ZR / X / V / Executive Lounge) のエンジン性能

総排気量:2.493L
最高出力:112kW
最大トルク:206Nm

JC08モード燃費:18.4km/L ~ 19.4km/L

3.5L車(Executive Lounge / VL / ZA)のエンジン性能

総排気量:3.456L
最高出力:206kW
最大トルク:344Nm

JC08モード燃費:9.5km/L~11.6km/L

2.5L車(X / V / Z)のエンジン性能

総排気量:2.493L
最高出力:134kW
最大トルク:235Nm

JC08モード燃費:11.4km/L~11.6km/L

ヴェルファイアのサイズ

■ハイブリッド車
全長:4,930mm(ZRは4935mm)
全幅:1,850mm
全高:1,950mm(ルーフアンテナ装着時。未装着時は1895mm)

■ガソリン車
全長:4,930mm(ZA,Zは4935mm)
全幅:1,850mm
全高:1,935mm(ルーフアンテナ装着時。未装着時は1880mm)

トヨタ・ヴェルファイアの評価

ヴェルファイアの画像

出典:http://response.jp/

見た目も機能もそうだが、何より新しいアルファードは走りでも大いに満足させてくれた。段差を乗り越える時など、足だけがすっと動いて何事も無かったかのように収めてくれて、ちょっと感動。

見た目は立派でも走らせると終始ブルブル、ワサワサとして、まるで高級感が無かった先代とはまるで別物なのだ。剛性感が飛躍的に高まったボディ、そして新設計のダブルウィッシュボーン式リアサスペンションの効果は大きい。

出典:http://carview.yahoo.co.jp/

『Executive Lounge(エグゼクティブ・ラウンジ)』はまさにショーファーカーがごとく、後席に重きを置いたグレードとなっている。

通常でも充分ゆったりと座れるシートサイズではあるのだが、『Executive Lounge(エグゼクティブ・ラウンジ)』はさらに100mm拡幅したゆったりシートを採用している。もちろん全席本革だ。

組み合わされる加飾はふんだんに配置された温かみのあるウッドと、それを引き立てるかのような控え目なメタル素材。ドアを開けた瞬間に「うわあ」と感激するくらいの、まるでクルーザーのような質感である。

出典:http://autoc-one.jp/

みなさん散々おっしゃられてるとおり
20系とは別物です。
大きな段差を乗り越えても

スッと収束してびっくり
そして峠などでも
ハンドリングが向上しており

意外とスッと曲がれます。
(※背の高いミニバンとしては)
この室内空間でこの乗り心地は
驚異的です。

この点が最大の乗り換えポイントでした。

出典:http://review.kakaku.com/

ヴェルファイアの評価は、内装の高級感や、優れた乗り心地が高く評価されています。

特にハイブリッドのExecutive Loungeは700万円前後するだけあり、会社の重役を迎えても恥ずかしくない内装と乗り心地を実現していると好評です。

また、室内のスペースの広さも、家族で乗る方や車中泊を楽しむ方等からも人気です。

トヨタ・ヴェルファイアのグレードごとの特徴と価格

トヨタ・ヴェルファイアは多くのグレードがあり、すべてを網羅するのはなかなか大変です。
ここではそのグレードの各位を詳しく解説しておきます。

トヨタ・ヴェルファイア Executive Lounge

Executive Loungeはヴェルファイアの最上位グレードです。
その名の通り、一段上の乗り心地と内装を提供します。

Executive Loungeのみの装備としては、

・追従走行を可能にする全車速追従機能付きレーダークルーズコントロール
・LED調光機能付き読書灯
・専用のセカンドシートとなるエグゼクティブラウンジシート
・障害物との衝突軽減を支援するインテリジェントクリアランスソナー(8センサー)
・上から見下ろした画面で車の周囲を確認するパノラミックビューモニター
・リヤシートエンターテインメントシステム
・T-connect用の通信機であるDCM

等々です。

シート表皮は、染料や顔料で仕上げたセミアリニン本革、内装色はフラクセンとブラック、木目調パネルはオリーブアッシュパール木目調、ボディカラーは5色から選択可能です。

トヨタ・ヴェルファイア Executive Loungeの価格

ハイブリッド車は、
7人乗りがおよそ703万円です。

ガソリン車は、
2DW(7人乗り)がおよそ652万円、
4DW(7人乗り)がおよそ671万円です。

トヨタ・ヴェルファイア Executive Loungeの解説動画

トヨタ・ヴェルファイア ZR / ZA / Z / "G EDITION" / "A EDITION"

ハイブリッドのZR、3.5Lガソリン車のZA、2.5Lガソリン車のZなどのZ系はヴェルファイアのエアログレードです。
エアロタイプのフロントバンパー、リヤバンパー、サイドマッドガードなどを装備しています。

それぞれに”G EDITION"が設定されており、また、Zのみ”A EDITION"も設定されています。

”G EDITION"は、
・オートマチックハイビーム
・ステアリングヒーター
・本革シート
・快適温熱シート
・エグゼクティブパワーシート
・ウェルカムパワースライドドア機能付きスマートエントリー
・パワーバックドア
などが装備されています。

また、ガソリン車の場合は、ZAやZに装備されないオートワイパーやサンシェード、IR(赤外線)カット機能付きウインドシールドガラス、LEDコーナリングランプ、LEDフォグランプ、助手席パワーオットマン、運転席8ウェイパワーシートなどが装備されます。
これらの装備は、ハイブリッド車はどちらも標準で搭載しています。

”A EDITION"は、Zには装備されないクルーズコントロール、IR(赤外線)カットウインドシールドガラス、リヤナノイー、助手席スーパーロングスライドシート、運転席助手席アームレスト、黒木目調コンソールボックスなどを装備しています。


表皮シートは、"G EDITION"が本革、ファブリック+合成皮革、ZRがファブリック+合成皮革、ZA、Zはファブリックです。
内装色はブラックで、木目調パネルは黒木目調になっています。
ボディカラーは6色から選択可能です。

トヨタ・ヴェルファイア ZR / ZA / Z / "G EDITION" / "A EDITION" の価格

ハイブリッド車は、
ZR”G EDITION"がおよそ550万円、
ZRがおよそ491万円、
ZR(サイドリフトアップシート装着車)がおよそ486万円です。

ガソリン車は、
ZA"G EDITION"の2DW(7人乗り)がおよそ458万円、
ZA"G EDITION"の4DW(7人乗り)がおよそ477万円、

Z"G EDITION"の2DW(7人乗り)がおよそ417万円、
Z"G EDITION"の4DW(7人乗り)がおよそ442万円、

ZAの2DW(7人乗り)がおよそ414万円、
ZAの4DW(7人乗り)がおよそ433万円、

Z"A EDITION"の2DW(7人乗り)がおよそ375万円、
Z"A EDITION"の4DW(7人乗り)がおよそ400万円、

Zの2DW(7人乗り)がおよそ357万円、
Zの4DW(7人乗り)がおよそ382万円、
Zの2DW(8人乗り)がおよそ353万円、
Zの4DW(8人乗り)がおよそ378万円、
Z(サイドリフトアップシート装着車)の2DW(7人乗り)がおよそ356万円、
Z(サイドリフトアップシート装着車)の4DW(7人乗り)がおよそ380万円です。

トヨタ・ヴェルファイア 特別仕様車

さらにZ系のガソリン車には特別仕様車として、ZA”GOLDEN EYES”、Z”A EDITION・GOLDEN EYES"がラインナップされています。

これはフロントグリルやヘッドランプ、バックドアガーニッシュ、フォグランプ周りなどにメッキ加飾を施し、黒木目調ステアリングホイール、ルーフヘッドライニング、ウルトラスエードの専用シートなどを装備したモデルです。

さらに、”G EDITION"が装備していたパワーバックドアや、ウェルカムパワースライドドア機能付きスマートエントリー(専用加飾付き)なども装備しています。

トヨタ・ヴェルファイア 特別仕様車の価格

ZA"GOLDEN EYES"の2DW(7人乗り)がおよそ431万円、
ZA"GOLDEN EYES"の4DW(7人乗り)がおよそ451万円、
Z"A EDITION・GOLDEN EYS"の2DW(7人乗り)がおよそ392万円、
Z"A EDITION・GOLDEN EYS"の4DW(7人乗り)がおよそ417万円です。

トヨタ・ヴェルファイア V / VL / "L EDITION"

ハリウッド車のV、V”L EDITION"、3.5Lガソリン車のVL、2.5Lガソリン車のVなどのV系はヴェルファイアの上位装備モデルです。

ハイブリッドのVは、ベースグレードのXに比べて、
・光輝アルミホイール
・IR(赤外線)カット機能付きフロントドアガラス
・LEDコーナリングランプ
・LEDフォグランプ
・ドアカーテンランプ
・運転席8ウェイパワーシート
・助手席パワー4ウェイシート
・助手席パワーオットマン
・ハイグレードコンソールボックス
・デュアルパワースライドドア
などを装備しています。

また、ガソリン車の場合は、Xに装備されないクルーズコントロール、オートワイパーやサンシェード、ナノイーなどが装備されます。

それに加え、”L EDITION"、VLは、
・オートマチックハイビーム
・ステアリングヒーター
・本革シート
・快適温熱シート
・エグゼクティブパワーシート
・ウェルカムパワースライドドア機能付きスマートエントリー
・パワーバックドア
などなど、Z系の”G EDITION"と同等の装備が追加されます。

シート表皮は
V”L EDITION"とVLが本革とファブリック+本革、それ以外はファブリック+本革です。
内装色はフラクセン、木目調パネルは茶木目調、ボディカラーは5色から選択可能です。

トヨタ・ヴェルファイア V / VL / "L EDITION"の価格

ハイブリッド車は、
V"L EDITION"がおよそ535万円、
Vがおよそ477万円です。

ガソリン車は、
VLの2DW(7人乗り)がおよそ484万円、
VLの4DW(7人乗り)がおよそ503万円、

VL(サイドリフトアップシート装着車)の2DW(7人乗り)がおよそ434万円、
VL(サイドリフトアップシート装着車)の4DW(7人乗り)がおよそ452万円、

Vの2DW(7人乗り)がおよそ399万円、
Vの4DW(7人乗り)がおよそ424万円、
Vの2DW(8人乗り)がおよそ395万円、
Vの4DW(8人乗り)がおよそ420万円、
V(サイドリフトアップシート装着車)の2DW(7人乗り)がおよそ396万円、
V(サイドリフトアップシート装着車)の4DW(7人乗り)がおよそ420万円です。

トヨタ・ヴェルファイア X

Xはヴェルファイアのベースグレードです。
サンシェードやオートワイパー、LEDフォグランプ、助手席パワーオットマンなどの快適装備が省略されていますが、そもそもが高級なミニバンなので、内装もある程度の上質感は備えています。

シート表皮はファブリック、内装色はフラクセン、木目調パネルは茶木目調、ボディカラーは5色から選択可能です。

トヨタ・ヴェルファイア X

■価格
ハイブリッド車は、
X(7人乗り)がおよそ415万円、
X(8人乗り)がおよそ411万円、
Xのサイドリフトアップシート装着車(7人乗り)がおよそ418万円です。

ガソリン車は、
Xの2DW(8人乗り)がおよそ319万円、
Xの4DW(8人乗り)がおよそ344万円、
X(サイドリフトアップシート装着車)の2DW(7人乗り)がおよそ330万円、
X(サイドリフトアップシート装着車)の4DW(7人乗り)がおよそ353万円です。

トヨタ・ヴェルファイアのおすすめグレードはZ"A EDITION・GOLDEN EYES"!

出典:http://www.goo-net.com/

おすすめは特別仕様車のZ"A EDITION・GOLDEN EYES"です。
パワーバックドアやウェルカムパワースライドドア機能付きスマートエントリーなど、”G EDITION"と同じような装備を持ちながら、”G EDITION"よりもおよそ25万円ほど安く、コストパフォーマンスに優れています。

さらにメッキ加飾や専用のウルトラスエードシートなどを装備しており、内外装ともに上質感を備えています。

これだけ装備していながらVよりもさらに安いのはお買い得ではないでしょうか。

トヨタ・ヴェルファイアのグレードを選ぶ基準を決めておこう!

ヴェルファイアのグレードは大きくExecutive Lounge、Z、V、Xの4つに分かれていますが、それぞれに様々なエディションを含み、やや複雑です。

また、ハイブリッド車、3.5Lガソリン車、2.5Lガソリン車の分類もあるため、さらに複雑になっています。

お金をかけてもいいから上級の乗り心地を求めるのか、パワー、リーズナブルさ、また、外観のスタイリッシュさ等々、ヴェルファイアに何を求めるかの基準をあらかじめ決めておけば、グレード選びの際に迷う事も少なくなるかと思います。

ヴェルファイアを購入する際は、じっくり検討し、納得のいくグレードを選んでください。

トヨタ ヴェルファイアに関連する記事

ミニバン・ファミリーカーに関連する記事