MOBY

ハッチバックとは?車種の特徴とジャンル別人気おすすめランキングで比較

ハッチバックとは、車の形式の一つで、その名前のとおり、車の後ろ(バック)の部分がドア(ハッチ)になっている車のことを指します。
ただ、ステーションワゴンやミニバン、ワンボックスカーなどもバックドアがありますが、ハッチバックとは言いません。基本的には小型のボンネットのある車がハッチバックと考えましょう。そんなハッチバックの魅力と代表車種をジャンル別にランキング形式でご紹介します。

ハッチバックの特徴とは

インプレッサ

ステーションワゴンとの違いは?

近年、人気が上昇している車のボディタイプの一つ「ハッチバック」と呼ばれるタイプがあります。ハッチバックとは、後部のドア(ハッチ)が上に向かって開くタイプの車を指します。

人が乗る空間と荷室が分かれておらず、後部座席を倒すことでラゲッジスペースを広げることもできます。

ハッチバックは、ステーションワゴンと混同されがちですが、実際明確に定義があるわけではなく、全長が比較的短いタイプをハッチバック、セダンのトランク部分を拡大させたようなタイプをステーションワゴン、という認識で構いません。

ハッチバックは運転しやすい

ハッチバックは全長が短いために、細い路地などが多い地域でも運転しやすい車です。

また、車の後ろにトランクの部分が無いため、後ろの見切りが非常に良いのです。バックで駐車する時などの後方確認が非常にしやすく、運転にあまり慣れてない方が最初に選ぶ車としても良いですね。

ハッチバックは機能的で便利!

ドアが後ろに大きく開くハッチバックは、荷物の積み下ろしが楽に行えます。
トランクが独立している車と比べると、荷室と室内がつながっていることで長い荷物なども積めてしまうことろも良いですね。
そして、独立したトランクを作るよりも室内空間を広く取ることもできます。

ハッチバックは経済的

ハッチバック車はコンパクト~ミドルサイズの大きさとなることから、低排気量で車体重量も軽いものが多いです。

車重が軽く、燃費の良いハッチバックはガソリン代や税金が他の車に比べて安く、維持費がかからない自動車です。

ハッチバックのジャンル別おすすめランキングで比較

ハッチバックにもジャンルによって様々なタイプに分けられます。現在新車で販売されている人気のハッチバックのおすすめを、それぞれジャンル別にしてご紹介します。

ハッチバックのハイブリッド車おすすめランキングTOP3

燃費や環境性能などを気にかけるとまず選択肢に上がるのがハイブリッド車ではないでしょうか。ハッチバック型のハイブリッド車で代表的なものをご紹介します。

ハイブリッドのハッチバックおすすめランキング第3位レクサス CT

レクサスCT

高級部門のレクサスにもハッチバックはあります。レクサスCTはハイブリッド専用車で、日本での発売に先駆けてヨーロッパでも販売されていました。国内では輸入車ハッチバックの対抗できる存在となっており、プレミアム感も十分です。

価格:366~460万円
燃費:30.4km/L

ハイブリッドのハッチバックおすすめランキング第2位ホンダ フィットハイブリッド

フィット ハイブリッドは、ホンダが最も力を入れている車種の一つで、ガソリン車の設定もあります。

ハイブリッドの方は近年リコールが相次いだところが気になりますが、2015年の年間販売台数ではガソリン車と合わせて4位と、トヨタ車以外では1位の販売台数を誇ります。同クラスの車に比べて、広い室内空間が特徴です。

価格:169~222万円
燃費:36.4km/L

ハイブリッドのハッチバックおすすめランキング第1位トヨタ アクア

アクアは、トヨタのハイブリットハッチバックです。プリウスよりも一回り小さな車を求めていた人たちに受けたこともあり、一時期、国内の月間新車販売台数第1位となっていたほどの人気です。燃費も今回ご紹介する中では一番です。

燃費が45km/Lを超えるとも言われる、新型アクアに関する最新情報も要チェックです。

価格:176~243万円
燃費:37.0km/L

スポーツハッチのおすすめランキングTOP3

ハッチバック車というと、実用車という側面が強いため、走りにこだわるイメージはあまりないかもしれません。しかし、スポーティーな走りを楽しむことができる車もたくさんあります。このジャンルはホットハッチとも呼ばれます。

スポーツハッチおすすめランキング第3位 スズキ スイフトスポーツ

スズキの主力車種というと軽自動車のイメージがあるかもしれませんが、このスイフトは走りの面でも高い評価を得ています。スイフトスポーツはその中でも走行性能に特化したもので、貴重なマニュアルの設定もあります。

来年新型スイフトが登場すると言われており、楽しみです。

価格:172~179万円
燃費:15.6km/L

スポーツハッチおすすめランキング第2位フォルクスワーゲン ゴルフGTI

ゴルフGTI

フォルクスワーゲン ゴルフは発売から40年以上の歴史があり、現行モデルは7代目にあたります。世界的に見てもハッチバックの代表と言えるのではないでしょうか。

GTIはその中でもスポーティーに楽しむための車で、近年ハイブリッドのGTEも登場しています。

2016年11月4日、新型ゴルフが発表されています。デザイン、内装を刷新し、走行性能もアップした新型ゴルフに注目です。

価格:389~469万円
燃費:16.0km/L

スポーツハッチおすすめランキング第1位スバル インプレッサスポーツ

インプレッサスポーツ

インプレッサは4ドアのセダンタイプもありますが、ハッチバックタイプの方が人気でしょう。

国産ハッチバックで走りにもこだわりたい方におすすめです。最新の5代目では、自動ブレーキシステム「アイサイト」も搭載し、更に国産で初の歩行者保護エアバッグも全車標準装備と唯一無二の存在です。

価格:192~259万円
燃費:18.2km/L

プレミアムなハッチバックおすすめランキングTOP3

以前は高級車というと大型車というイメージでしたが、今はそれだけではありません。

小さいけど高級な車に乗りたいという需要に応えたのがこのジャンル。まだまだ輸入車の独壇場といえます。

プレミアムハッチバックおすすめランキング第3位BMW 1シリーズ

1シリーズ

BMWの小型車といえばセダン型の3シリーズというイメージでしたが、他社がハッチバックを投入していく中で投入された1シリーズ。メルセデス・ベンツにおけるAクラスと同様の位置付けとなっています。BMWらしい走りを求めるならば、「ミニ」よりもこちらだと思います。

価格:310~590万円
燃費:22.2km/ L

プレミアムハッチバックおすすめランキング第2位メルセデス・ベンツ Aクラス

Aクラスはメルセデス・ベンツで一番小さなクラスで、ベンツの入門モデルです。現在の3代目では大きく形を変え、価格などの面においても「頑張れば手の届く範囲」でゴルフ等を意識した設定とされ、評判となりました。

手の届きやすい価格ですが、ベンツらしいデザインや、高級感のある内装、装備はその他のベンツとそん色ない水準にあります。

価格:298~596万円
燃費:17.6km/L

プレミアムハッチバックおすすめランキング第1位アウディ A3スポーツバック

コンパクトプレミアムという概念を最初に作ったのがこの「アウディ A3」ではないでしょうか。フォルクスワーゲン ゴルフがベースとなっていますが、アウディ独自のクワトロシステム(4WD)を搭載しているなど、性能面でもこだわりが見られます。さらに一回り小さいA1も人気があります。

価格:303~429万円
燃費:20.0km/L

コンパクトハッチバックおすすめランキングTOP3

もともと小型車が多いハッチバックですが、その中でもさらに一回り小さいものがあります。普通の5ナンバーサイズの車よりも小さめで、軽自動車よりも少し大きめです。このサイズは、市街地での扱いやすさは抜群です。

コンパクトハッチバックおすすめランキング第3位日産 マーチ

マーチ

日産マーチは、モデルチェンジのスパンも長く、扱いやすさから根強い人気の国産ハッチバックの定番です。全長3,825mm、全幅1,665mmとサイズも他の国産コンパクト車と比べても一回りコンパクトです。海外でも「マイクラ」の名で販売されています。

2016年9月29日に開催されたパリモーターショーで新型マーチが発表され、大きな話題を呼びました。

価格:115~184万円
燃費:23.0km/L

コンパクトハッチバックおすすめランキング第2位フォルクスワーゲン UP!

一昔前まではフォルクスワーゲンでゴルフよりも小さな車といえばポロだけでした。UP!はそのポロよりもさらにコンパクトなハッチバックです。

価格も輸入車としてはかなり手の届きやすい設定で話題となりました。燃費もよく、軽自動車からの乗り換えを検討する人も多いそうです。

価格:154~189万円
燃費:25.9km/L

コンパクトハッチバックおすすめランキング第1位フィアット 500

500

フィアット500は、外観も特徴的な4人乗りのコンパクトハッチバックです。フィアットからは他にも一回り大きなハッチバック「グランデプント」も販売されていますが、日本では500の方が人気があるようです。

これに対抗できる位置付けの国産車もありません。

価格:183~271万円
燃費:24.0km/L

はじめての車にはハッチバックもおすすめ

人気のハッチバックについて、ジャンル別ランキングという形でご紹介してきましたがいかがでしたか。

ハッチバックは人気のボティタイプとは言えませんが、運転のしやすさや、積載量の多さなど実は非常に理にかなった設計になっています。

今回ご紹介した車種は、いずれも比較的手の届きやすい価格設定であり、初めて乗る車の選択肢にも入ってくるのではないでしょうか。

ハッチバックに関するおすすめ記事!

おすすめの車ランキングまとめ!