アクセルペダルカバーとブレーキペダルカバーの交換・取り付け方法と高さの調整方法を解説!

アクセルペダルカバー・ブレーキペダルカバーはその名の通り、アクセルペダルとブレーキペダルに取り付けるカバーのことです。アクセルペダルカバー・ブレーキペダルカバーを取り付ける主な理由は、ブレーキペダル・アクセルペダルの高さ調整です。今回は、そんなアクセルペダルカバー・ブレーキペダルカバーの交換・取り付け方法と高さの調整方法などを含めて詳しくご紹介していきます。

アクセルペダルカバー・ブレーキペダルカバーとは?

出典:http://minkara.carview.co.jp/

アクセルパダルカバー・ブレーキペダルカバーとは、アクセルペダル・ブレーキペダルに直接取り付けるカバーのことで、主に高さの調整を調整することで足への負担軽減、運転者のドライビングのしやすさ、滑り止めの効果があります。
また、取付けにより足元の印象も変わるので、愛車をオリジナルにしたい場合、手軽にできる点からも人気のあるカーアイテムの1つです。

アクセルペダルカバーとブレーキペダルカバーの交換は難しい?

出典:http://minkara.carview.co.jp/

アクセルペダルカバー・ブレーキペダルカバーの取り付けの難易度は高くありません。
しかし、きちんとした手順を踏まないと操作中にズレが生じ、事故等に繋がる危険性があるため、取付け方をしっかりと理解することが必要です。

アクセルペダルカバーとブレーキペダルカバーの取り付け方法

出典:http://www.murakami-m.jp/

大きく2種類の取り付け方法があります。
カバー裏の金属のツメを折り返して固定するタイプと、ホルダーをビスで固定するタイプです。

ツメを折り返すタイプは取り付けやすい反面、ズレが生じたり、外れたりしやすい点があるので、習慣的にチェックする必要があります。

一方、ビスで固定するタイプはその心配が少なく済むこと、メーカーの純正があることからも安心ですが、やや価格が高くなる傾向にあります。

アクセルペダルカバーとブレーキペダルカバーで簡単に高さを調整できる

ペダルの位置がどうにも合わず、調整したいと思っている方はペダルカバーで調整を行いましょう。
ペダルの位置調整は、ディーラーに申し出ても「メーカーが安全と判断する高さに調整して設計している」ため、断られてしまう傾向にあります。

それでも調整したい場合はブレーキスイッチとペダルを外してプッシュロッドをペンチで回して調節する方法がありますが、高度な知識と技術が必要になります。

そこで簡易的な方法としてペダルカバーの取り付けがあるのです。
ペダルカバーであれば走行に支障がなければ車検にも問題は生じませんので、車のペダル位置にお困りの方はペダルカバーを使用することをおススメします。

アクセルペダルカバーとブレーキペダルカバーを交換する効果

アクセルペダルカバーやブレーキペダルカバーを交換することで自分にあった位置調整が可能になり、アクセル、ブレーキのかけやすさ、マニュアル車ではヒールアンドトゥーによる負担を軽減させる効果があります。
また、純正のペダルではゴムパッドがはめられているだけでサイズは小ぶりですが、ペダルカバーには大き目のサイズのものもあるので、自分の使いやすい形にカスタマイズすることができます。
運転のしやすさはそれぞれ違いますし、運転者の姿勢や座高等により、負荷のかからない状態は違いますので、座布団を強いて高さを調整するのと同様に、ペダルカバーでより運転しやすい状態を作ることができるのです。

アクセルペダルカバー・ブレーキペダルカバーの価格

アクセルペダルカバー・ブレーキペダルカバーの価格の値段については、ピンキリですが、1000円台から手に入るものもあれば、純正で20000円弱ほどかかるものもあります。
アクセルペダルカバーとブレーキペダルカバー(マニュアル車であればクラッチも)はセットで売られていることもあります。
また、デザイン性にも優れているため選択の幅が広いです。
しかし、安全に運転するためには運転者の好みだけでなく、厚さやサイズ感も必要になるため、詳しくない方は業者に問い合わせる等、プロのアドバイスを受けた方が賢明です。

アクセルペダルカバーとブレーキペダルカバーを変えて自分だけの愛車に仕上げよう!

運転のしやすさ、体への負担軽減、および愛車のドレスアップにもなるアクセルペダルカバー・ブレーキペダルカバーの装着。
取付け自体は容易にできますが、ズレや外れてしまうことによる事故を防止することと、運転者にぴったりの状況を作るためにも自身の判断だけでなく、アドバイスを受けて取付けることがいいです。
これまでの運転で今の位置に慣れてしまっている方が多いですが、余裕のあるときにペダルの位置に目を向け、交換や取り付けを行うと、ひょっとすると今より運転に疲労を感じなくなるかもしれません。
参考にしていただけたら幸いです。

ペダルに関連するおすすめの記事

車内を快適にするグッズや商品の関連記事はコチラ

関連キーワード
キーワードからまとめを探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーからまとめを探す