MOBY

車内のおすすめティッシュケース(カバー)&ホルダーランキングTOP10|置き場所に意外と悩む?

車内にボックスティッシュは専用のカバーを被せたりするだけで随分と印象は変わります。しかも、ホルダーなどを活用することで、見た目だけでなく、使い勝手も抜群に良くなるのです。では、ティッシュケースやホルダーはどんなものが人気なのでしょうか。

車内にティッシュケースがあると便利!

出典:https://goo.gl/

車内の消耗品として欠かせないテッシュ。鼻をかんだり、お菓子を食べた手を拭いたり、汚れを落としたりと、様々な用途に使える万能アイテムですね。
そのようなことからほとんどの人が車にボックスティッシュを常備しているのではないでしょうか?

しかし、このボックスティッシュ、決して小さくないので意外に置き場所に困ってしまうものです。
常に運転席以外の席やダッシュボードに置いていたり、カーブするたびに位置が変わっていくような置き方をしている人も多いのではないでしょうか?

ティッシュケースやホルダーの良さは、見栄えだけではありません。むしろ、最大のメリットは使い勝手の向上にあるとも言えます。
もちろん、ボックスティッシュがあからさまに車内に置いてあると、生活感が出てしまうので、それを防ぐという意味でも、費用対効果は大きいです。

今回は、今年人気の高かったティッシュケースカバーやホルダーTOP10をご紹介します。

おすすめティッシュケース(カバー)&ホルダー第10位

星光産業 ティッシュケース9 ブラック EH-170

出典:https://goo.gl/

【アマゾン価格】320円(2016年11月現在)

こちらはヘッドレストに掛けて使用するティッシュカバーです。価格が安く値段相応の品質ですが、シンプルなデザインと便利さが評価されている商品です。

ティッシュボックスを面ファスナーで固定しているだけなので、交換も手間がかかりません。カバーが黒なので、目立つこともなく、使いたいときにさっと使えるお手軽さが魅力です。

最安値の商品はこちらで紹介!

おすすめティッシュケース(カバー)&ホルダー第9位

APDティッシュケース ティッシュカバー

出典:https://goo.gl/

【アマゾン価格】2,000円(2016年11月現在)

後ろにクリップがついており、サンバイザーやドアポケット、シート背面など自由にアレンジができます。特にサンバイザーなど目立つ位置の場合は、カバーで覆われていると目立ちにくいので、チラチラと視界に入ってくることもありません。

さらに黒レザーを基調としたシックなデザインやポップな柄のものなど5つの種類から選べます。価格はやや高めですが作りも良く購入者の満足度も高いおすすめの商品です。

最安値の商品はこちらで紹介!

おすすめティッシュケース(カバー)&ホルダー第8位

カーメイト 車用 ティッシューケース

出典:https://goo.gl/

【アマゾン価格】1,500円(2016年11月現在)

無機質な曲面形状で車内のインテリアを崩さないスタイリッシュなティッシュケース。箱からティッシュを移し替える手間がありますが、薄く、ドアポケットなどにも設置ができるので、乗車中も邪魔にならず、かつ取り出しやすいというメリットがあります。

表面には人気の高いカーボン柄を採用しており、ティッシュケースであることを忘れさせるくらい洗練されてたデザインが売りとなっています。

最安値の商品はこちらで紹介!

おすすめティッシュケース(カバー)&ホルダー第7位

ナポレックス 車用ティッシュカバー ティッシュホルダー

出典:https://goo.gl/

【アマゾン価格】513円(2016年11月現在)

コストパフォーマンスの良さで並ぶならこちらがおすすめです。ケースではなくホルダーのみのシンプルな製品ですが、ヘッドレストやサンバイザーなど、用途に応じて使い分けができます。

購入者の評価は比較的良いものが多いですが、固定するゴム部分はやや伸びやすいとの声もあります。ゴム部分のみ別途購入できたりすると、なお使い勝手が良くなりそうですね。

最安値の商品はこちらで紹介!

おすすめティッシュケース(カバー)&ホルダー第6位

ヤック ホルダー ティッシュサスペンドホルダー

出典:https://goo.gl/

【アマゾン価格】796円(2016年11月現在)

車のスペースを有効活用したいならコレ。スポーツカーなどルーフの低い車だと圧迫感があるかもしれませんが、一般的な車で、いまいちティッシュの設置個所が思い浮かばない人にはおすすめです。

よくあるヘッドレストに取り付けるタイプは後部座席の人向けですが、こちらはフロントシートに座る人も使いやすい位置に設置ができます。

ただし、利便性は高いですが、中には設置がうまくできなかったというレビューもあるので、購入前に取り付け条件を確認しておきたいところです。

最安値の商品はこちらで紹介!

おすすめティッシュケース(カバー)&ホルダー第5位

セイワ 4WAYティシュカバー

出典:https://goo.gl/

【アマゾン価格】973円(2016年11月現在)

「4WAY」の名の通り、4通りの設置ができます。ヘッドレストやサンバイザーなど、どんな車でもどこかしら取り付けが可能です。

カーボン柄に赤いステッチがレーシーな雰囲気を出していますね。スポーツカーなどにボックスティッシュが、無造作に置いてあるよりも、このカバーを被せるだけで、印象は大きく変わることは間違いありません。外観のデザインだけでなく、車内の見た目にも気を配りましょう。

最安値の商品はこちらで紹介!

おすすめティッシュケース(カバー)&ホルダー第4位

ナポレックス 車用ティッシュカバー

出典:https://goo.gl/

【アマゾン価格】398円(2016年11月現在)

398円という価格の安さと使い勝手の良さが光る商品。車内の至る箇所に装着が可能になっており、写真のようにシートの間やアームレスト、ヘッドレストと様々な箇所に設置できます。

色が黒なのでダッシュボードに置く際もフロントガラスへの映り込みが少ないのが良いですね。ボックスティッシュは長期的に使っていると箱が潰れたり使用感がどうしても出てきてしまいますが、カバーにはそういった欠点を隠すというメリットもあるのです。

最安値の商品はこちらで紹介!

おすすめティッシュケース(カバー)&ホルダー第3位

セイワ コンパクトシートバックポケット

出典:https://goo.gl/

【アマゾン価格】1,027円(2016年11月現在)

快適なドライブをサポートするティッシュケースがこちら。これを取り付ければ、気分は新幹線や観光バスの座席です。自分で好きなようにアレンジして目的地まで快適な空間をつくることができます。

写真のようにティッシュ以外にも500mlのペットボトルやスマートフォンなどその他小物が収納可能です。

家族などで座る位置が決まっている場合は常に自分仕様にしておけば、長距離ドライブなどでも重宝することでしょう。

最安値の商品はこちらで紹介!

おすすめティッシュケース(カバー)&ホルダー第2位

カーメイト ティッシュケース スリム

出典:https://goo.gl/

【アマゾン価格】801円(2016年11月現在)

車の雰囲気に溶け込むカーボン調のティッシュケース。ソフトケースなので雑な扱い方でも破損の心配が少ないのが〇です。ボックスからティッシュを出して移し替えるタイプなので、量を調節でき、ドアポケットなど少ないスペースの箇所にも収納できます。

確かに、ボックスのままのだと大きく存在感もあるので、使用しないときはできるだけ主張させたくない人はいかがでしょうか?

最安値の商品はこちらで紹介!

おすすめティッシュケース(カバー)&ホルダー第1位

graceヘッドレストティッシュケース

出典:https://goo.gl/

【アマゾン価格】2,700円(2016年11月現在)

1位に輝いたのはスタイリッシュな見た目と使い勝手の良さが魅力のヘッドレスト取り付けタイプ。この手のティッシュケースは多いですが、やはりレザー調のシックな外観が人気の秘密です。今回ご紹介するケースの中では最高値ですが、作りも良く長く使えそうです。

黒基調でほとんどの車のインテリアに溶け込みますし、スポーツカーやレザーシートの高級車との一体感はピカイチです。

最安値の商品はこちらで紹介!

車内が快適だとドライブがもっと楽しくなる

出典:http://www.gooworld.jp/

車内のおすすめティッシュケースランキングはいかがでしたか?

ティッシュケースやホルダーの魅力の一つに価格の安さがあります。さらにサンバイザーやドアポケット、ヘッドレストなどボックスティッシュ単体では取り付けが難しい部分に設置ができるようになるというのは大きなメリットです。

ボックスティッシュの置き場所に困っている、定まらないという人はぜひ、導入してみてはいかがでしょうか?きっと使い勝手の良さが実感いただけるはずです。

快適・便利グッズを増やして車内をもっと快適にしていけば、車でのお出かけがもっと楽しくなります。
下記にドライブを快適にするグッズや方法の記事を掲載していますので、気になった方は読んでみてください。

もっとドライブを快適にするおすすめ記事

車内を綺麗にしたい方におすすめの記事

関連キーワード
キーワードからまとめを探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーからまとめを探す