MOBY

イギリスの自動車番組Top Gear(トップ ギア)とは?番組でハイラックスを破壊?

乗ったまま車を激突させたり、海へ突っ込ませたり、車でサッカーをしたり、・・・。 そんな過激なクルマ番組、見たことありませんか? 日本のテレビ番組でもバラエティー番組の中で自動車を使ったものはありますが、それをはるかに凌ぐ衝撃的な番組がTop Gear(トップギア)です。 そんな世界一有名なクルマ番組、Top Gear(トップ ギア)をご紹介します。

Top Gear(トップ ギア)ってどんな番組?

刺激的で過激な自動車バラエティ番組

Top Gear(トップ ギア)は、イギリスBBC放送の大人気自動車バラエティ番組です。
大掛かりで過激な企画や歯に衣を着せない辛辣な批評が特徴です。
凝った番組づくりにこだわっているため、制作には予算と時間がかかり、このため年間2シリーズ(1シリーズは6回~13回)に限って放送しています。
イギリスのほか、日本やアメリカ、ロシアほか世界各国でも放送されています。

※ このページの画像はハイラックス以外すべて、BSフジ公式HP (以下リンク)から引用しています。

BBC有数の長寿番組

Top Gearは1977年から放送を開始し、現在まで続いている番組。
BBCでも屈指の長寿番組です。
はじめはとくにこれといって特徴のない自動車番組でした。
ところが1988年の第20シリーズから司会者にジェレミー・クラークソンが加わり、これをきっかけに番組のカラーが大きく変わりました。
これ以後、Top Gearは国民的番組として人気を集めるようになりました。

名物司会者3人組

Top Gearの人気の立役者ともいえるのが、名物司会者3人組です。

ジェレミー・クラークソンは3人の共同司会者の中でも要の存在。
破天荒ともいえる番組の牽引役でした。
失言を恐れない毒舌家は数々の名言と舌禍を残しました。

リチャード・ハモンドは2002年から出演しました。
ハモンドという名前と低い身長のため、「ハムスター」とあだ名されました。
元気が持ち分の番組ムードメーカーです。

ジェームズ・メイは当初スタッフとして番組に参画していましたが、2003年から司会に加わりました。
他のふたりとは違って、落ち着いた言動の紳士です。

この3人が、ほかに例のない奇想天外ともいえる番組をリードし、番組黄金期を築いたのです。

Top Gear(トップ ギア)の放送内容は?

奇想天外なクルマの実験

「公共機関とフェラーリ・612スカリエッテイによる、スイスのスキーリゾートまでの競争」
「シトロエン・C1とリチャード・ハモンドを冷凍庫に入れての低温下耐久戦」
「ドライバーが乗車して時速約30マイル(時速約48km)で衝突する安全性検証実験」
などなど、過酷な実験で用済みスクラップとなった車は数知れません。

Top Gear(トップ ギア)の名物は毒舌・辛口批評

すべてのメーカー、車種に対し、3人の司会者が良い点と悪い点を何にも捉われることなく指摘します。
悪い点については「買う価値がない」など一刀両断。
メーカーや外国大使館からの抗議、訴訟も一度や二度ではありません。
何者をも恐れない自由な言動は痛快そのもの。

Top Gear(トップ ギア)での日本車の扱いは?

こきおろされた日本車

日産・マイクラC+C(日本名:マーチ)は路上でのレビュー中に酷評され、路肩に乗り捨てられました。
トヨタ・カローラも没個性的だと痛烈に攻撃されました。
トヨタ・プリウスに至ってはことあることに標的とされ、挙句の果て50口径の機関銃で本当に文字通りの標的となって穴だらけにされてしまいました。

高評価だった日本車

しかし、日本車に対して偏った評価が下されているわけではありません。
トヨタ・86は乗り心地について絶賛を受けています。
日産・GT-Rもトータルな高評価を受けました。(ただしルックスは低評価)
マツダ・ロードスターは「フェラーリの楽しみを低価格で味わえる」というお褒めの言葉をいただいています。
↓トヨタ 86

↓日産 GT-R

日産 GT-R

↓マツダ ロードスター

マツダ ロードスターRF RS

爆破されたハイラックス

トヨタ ハイラックス

トヨタ・ハイラックス2.3Dに対する数々の耐久試験は、2週にわたり放送されました。
1週目は立木への衝突、海中への5時間沈下、数mの高さからの落下、農作業小屋への突入、クレーンに吊るされたキャンピングカーの落下衝突、解体用鉄球激突、そして点火炎上という内容。
2週目は老朽高層マンションの爆破解体現場での爆破です。
ビル屋上に設置後、爆破が行われ、瓦礫の中から車体が引きずり出されました。
応急処置を受けたハイラックスはすぐ息を吹き返し、スタジオへ自走して戻りました。
観客は大喝采。
絶賛の嵐の中、ハイラックスはスタジオ内に永久展示されることになりました。

Top Gear(トップギア)のその後と現在

降板した3人組

司会者3人組の中でもリーダー格だったジェレミー・クラークソンは、かねてより度重なる舌禍騒動が問題になっていました。
2015年、番組スタッフとの間でのもめ事をきっかけにジェレミーの降板が決定します。
この直後、リチャード・ハモンド、ジェームズ・メイの二人も契約解除、降板が決まります。
さらに、チーフプロデューサーのアンディ・ウィルマンもBBCを追われることになりました。
一連の降板劇により、番組の放送はいったん中止となりました。

番組の再スタート

未放送だった番組はその後スペシャル番組として放送されました。
2016年に入り、番組は新司会者を迎えて再スタートを切りました。
しかし番組に寄せられたのは酷評の山。
2016年7月3日のシリーズ最終回の後、メインMCは番組降板を表明しました。

世界一有名なクルマ番組top gearは日本でも一部視聴可能!

39年間続いたTop Gear。
現在のところ、次回シリーズの制作・放送については未定です。
日本では、ニコニコ動画のBBCチャンネルで、過去の放送分の一部を有料視聴できます。
また、DVDの販売も行われています。
一世を風靡した痛快自動車番組Top Gear。
興味をお持ちの方は、ぜひどうぞ。

面白実験&ドッキリ集などおすすめ動画の記事ははコチラ

関連キーワード
キーワードからまとめを探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーからまとめを探す