MOBY

マツダのハイブリッド車一覧!燃費・価格やリアルな評判まで徹底紹介

マツダのハイブリッド車、ラインナップにはどんな車種があるのでしょうか。 すべての人に「走る歓び」と「優れた環境・安全性能」をお届けするため世界一の機能を最も効率的につくるスカイアクティブテクノロジーと掲げ、クルマの基本となる技術をすべてゼロから見直して世界一を目指す、そんなマツダのハイブリッド車について今回は詳しくご紹介していきます。

マツダのハイブリッド車一覧

マツダのハイブリッド車ラインナップは1車種のみ

出典:©iStockphoto.com/ dogayusufdokdok

ロードスターが世界カーオブザイヤーを受賞するなど、元気のいいマツダ自動車。
マツダの復活は、デザイン性の高い評価と新世代技術のスカイアクティブテクノロジーに裏打ちされた商品開発とマーケティング戦略によるところが大きいといわれています。

ガソリン、ディーゼルエンジンの改良に加えて、トランスミッション、ボディー&シャシーの大幅改善を図り、「優れた環境安全性能」、「走る歓び」の実現を目指したものがスカイアクティブテクノロジーです。

各社が、ハイブリッド開発や電気自動車の開発に資本を集中するなか、マツダはエンジン開発よりも内燃機関の改良を主体に性能向上を図ってきました。

そのため、マツダのハイブリッド車ラインナップは「アクセラ ハイブリッド」の1車種のみとなっています。

また、マツダの唯一のハイブリッド車種のアクセラに搭載されているハイブリッドシステムは、トヨタからハイブリッドシステム(THS-Ⅱ)の技術ライセンスを供与されたものです。

マツダのハイブリッド車:アクセラ ハイブリッドの魅力

出典:http://www.goo-net.com/

独自進化を遂げた”スカイアクティブハイブリッド”

スカイアクティブハイブリッドのバッテリー、モーターなどは基本的にプリウスと同じハードウェアが搭載されています。
違いは、マツダ独自のエンジン、スカイアクティブGの2リッターが組み合わされていることです。

スカイアクティブGって?

前述のとおり、マツダはハイブリッドや電気自動車エンジンの開発よりも内燃機関を磨くことでスカイアクティブといわれる燃費効率を最大限に上げることに注視した開発を進めてきました。

その開発で培った技術が「スカイアクティブG」と呼ばれる新世代の高直噴ガソリンエンジンに結実しています。

・量産ガソリンエンジンとして世界一の圧縮比を実現
・燃費と中低速域でのトルクを15%向上
・中低速域でのトルクの増大を実現域で使いやすさを追求
・高圧縮比エンジンの課題であった異常燃焼(ノッキング)を回避させ、燃費向上を実現

アクティブG+ハイブリッドの融合

エンジンスペックをガソリンエンジン単体のクルマよりもハイブリッドを融合させるために馬力、最大トルクを調整することで設計以上の燃費性能を発揮するように組み合わされています。

トヨタのハイブリッドでありながらも、その走り、乗り味、マツダ仕様に仕立てられています。

発進、加速こそマツダらしくないものの、独自のアイドリングストップ技術を駆使し再始動の振動を際限なくなくし、スムーズな乗り心地を追求しています。

また、ブレーキ特性もハイブリッドの回生ブレーキの違和感を劇的に軽減しています。

ハイブリッドでも人馬一体の走り

「走る歓びをかたちに」を目指す通り
マツダのドライビングフィールが具現化しています。

発進時の若干の鈍さもアクセルワークの動き出しに対して、
動きのタイミングもしっかりと受け止めようと反応します。

走りは、マツダのガソリン車、ディーゼル車と変わらないフィーリングで楽しむことができます。

スペック

駆動方式:FF
エンジン形式:直4DOHC16バルブ
SKYACTIV‐HYBRID(SKYACTIV‐G 2.0+モーター)
最高出力:99ps
全長:4,580mm
全幅:1,795mm
全高:1,455mm
重量:1,410Kg
燃費:30.8km/h(JC08モード)
価格:ハイブリッド-S Lパッケージ(281万3,400円)


15Sプロアクテ…
216.0万円
本日の在庫
50
平均価格
108.7 万円
本体価格
27 ~ 278 万円

マツダ ハイブリッド車のユーザーからの評判

口コミの画像です。

トヨタのハイブリッドシステムが元となっているもののマツダテイストに仕上がっているアクセラ。ユーザーの満足度、評判についてご紹介します。

・HVシステムはプリウスだが、走りの良さ、乗り味の良さ、ブレーキフィーリングもガソリン車に遜色なく満足できる。
・タウンユースとしては高い経済性が期待でき満足できる。
・優れた燃費性能、それでいて楽しい走りができる。
・上質感の高い内装やデザインがいい。
などなど、外観のデザインを含め、ハイブリッドの経済性に加えて走りのテイスト、乗り味、独自の味付けに満足しているユーザーが多いようです。

一方、トランクルームの狭さ、装備のオプション、使い勝手などに対する不満の意見も見受けられます。

ただ、総合的には及第点以上で、良い車と言えるのではないでしょうか。

マツダはハイブリッドよりスカイアクティブテクノロジーが魅力?

今回、マツダのハイブリッド車についてまとめてみましたがいかがでしたでしょうか。
ハイブリッド車=「トヨタのプリウス」となるところが大きくその対比での弱さはぬぐいきれません。

ただ、マツダは新世代クリーンディーゼル「SKYACTIV-D」の開発により新たなディーゼルエンジンを量産しています。

他社と比較しても圧倒的にクリーンなディーゼルエンジンを開発し、マツダエンジンの主流となりつつあります。

躍動感いっぱいで魅力的なクルマづくりにまい進するマツダに期待が高まります。

下記の記事で、マツダのスカイアクティブレクロジーについてご紹介していますので、気になった方は是非ご覧ください。

マツダのディーゼル!スカイアクティブについてはこちら

ハイブリッド車を検討している方は必見!ハイブリッドって本当にお得なの?

最新のハイブリット車もチェック!

関連キーワード
キーワードからまとめを探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーからまとめを探す