新型ノートe-POWER vs アクア|コンパクトハイブリッドを徹底比較!燃費はどっちが良い?

2016年11月2日、日産ノートにハイブリッドモデルが追加されました。 日産の主力、コンパクトカーにハイブリッドモデル投入のニュースは、自動車業界のいま最も熱い話題。 そこで、新型ノートe-POWERのハイブリッド方式について解説、さらにライバル車トヨタ・アクアとの燃費比較を緊急断行してみました。

ノートの新型ハイブリッドモデルが満を持して登場!

ノートe-POWER ハイブリッド

出典:http://www2.nissan.co.jp/

コンパクトカー・ノートは日産の主力

日産ノートは日産が特に注力しているコンパクトカーのひとつで、ハッチバックというボディタイプに分類される車です。
ノートは幅広い年齢層に支持されている車種です。
人気の理由には、親しみやすいデザインや豊富なカラーバリエーション、コンパクトでありながら広々とした空間をもつ室内などがあげられます。

ノートにハイブリッド投入の理由とは?

2016年11月2日、日産はノートのマイナーチェンジモデルの発売を開始しました。
ノートは日産の主力車種で堅実な販売実績を上げてきましたが、近年ではトヨタのアクアやホンダのフィットなどハイブリッド仕様をラインナップに加えたライバル他車に押され気味でした。

そんな中、日産ノートにも期待が集まっていたハイブリッドモデルがいよいよ発売となったわけです。そんな中、期待が集まっていた日産ノートのハイブリッドモデルがいよいよ発売となったわけです。

新型ノートのもう一つのライバル車フィットとの比較はこちら

ノートのE-パワーハイブリッドモデルの特徴は?

出典:http://www2.nissan.co.jp/

Power Drive e-POWER って何?

ノートに今回追加されたハイブリッドモデル・新型ノートe-POWERに搭載されるハイブリッドシステムはレンジエクステンダーEVハイブリッドシステム「Power Drive e-POWER」です。
このシステムは、「シリーズ方式(直列方式)」というハイブリッド方式をとるものです。
ガソリンを使うエンジンは発電のみに使用し、走行はもっぱら電気のみで行います。

ノートe-POWERはほぼ電気自動車!?

ハイブリッドシステムには大別して「シリーズ式」「パラレル式」「シリーズ・パラレル式(スプリット式)」の3種類があります。
「シリーズ式」は走行を電気のみで行うという意味において、もっとも電気自動車に近いハイブリッド方式ということができます。
「レンジエクステンダー」とは発電用エンジンを指します。

純粋な電気自動車はバッテリーに蓄えられた電気のみを使うため、航続距離の短さが致命的な弱点となります。
これを補うため、エンジンを発電用に用い、発電しながら走ることで航続距離を伸ばし、燃費性能を上げます。

Power Drive e-POWERはどこがすごいの?

ノートe-POWERのエンジンは発電専用なので、小型化できます。
このためエンジンは改良版1.2Lを搭載しています。

また、常時大量の電気を蓄えておく必要がないため駆動用バッテリーを著しく小型化することができます。
エンジンとバッテリーの小型化は、車体の軽量化と燃費性能の向上、また室内空間の拡大に大きく貢献しています。

日産 新型ノートe-POWERの最新情報はこちら

トヨタ アクアのハイブリッド方式は?

新型ノートとアクアは真っ向からのライバル

出典:http://toyota.jp/

前述したように、新型ノートとアクアは、同じくコンパクトハイブリッドカーとして真っ向からライバルの車種同士になります。

次は、アクアのハイブリッドシステムについてご紹介します。

トヨタ・アクアが搭載するハイブリッドシステムは「Toyota Hybrid System Ⅱ」と呼ばれるもので、「シリーズ・パラレル式(スプリット式)」に分類されます。
「シリーズ・パラレル式(スプリット式)」は、動力分割機構をもち、エンジンとモーターの両方を動力源として使う方式です。発進時や低速時のように大きな力を必要とするときはモーターを、高速走行時はエンジンをと、両者を効率よく使い分けます。
エンジンは走行時の動力源として使われるので、十分な出力をもつ1.5Lを搭載しています。


G G’s最新S…
251.3万円
本日の在庫
1,122
平均価格
141.1 万円
本体価格
59 ~ 251 万円

新型ノートe-POWER vs アクア|燃費比較

新型ノートe-POWERの燃費性能は37.2km/L。(JC08モード燃費)
これに対しトヨタ・アクアはJC08モード燃費37km/Lです。
わずか0.2km/Lですが、ノートe-POWERの燃費が勝っています。

ノートe-POWERは現在、燃費性能で国内最高車種。
過去最高の燃費性能をもつ車です。

過酷な燃費競争を勝ち抜け!

トヨタ・アクアの最新モデルが発売されたのは2011年12月26日。
その時点でJC08モード走行燃費35.4km/Lを達成していました。
その後2013年11月の一部改良でハイブリッドシステムの高効率化が行われ、JC08モード走行燃費は37.0km/Lに向上しました。

当時世界最高の燃費性能です。
ノートe-POWER発売はそのおよそ3年後のことです。
燃費性能の競争は日進月歩。

後発車は先行車を追い越すことが使命です。
後発のノートe-POWERがアクアを上回っているのは当然のことかもしれません。

実際走ってみた燃費・実燃費はどうなのか?

実燃費、すなわち実際に走ってみて計測される燃費は、カタログ掲載値より2割から3割低苦なるといわれます。
実燃費は公式データとして発表されていないのであくまで非公式情報ということになります。
ノートe-POWERは発売から日が浅いため情報サンプルが不十分ですが、一説には実燃費30km/Lまたはそれ以上とされます。

一方のトヨタ・アクアですが、こちらも前述したように確実な数字ではありません、21km/L〜25kmkm/Lぐらいという情報もあります。

実燃費の上でも、ノートe-POWERに軍配が上がります。

新型ノートe-POWER vs アクア|価格比較

ノートe-POWERの価格は以下の通りです。
・ノート e-POWER S:1,772,280円
・ノート e-POWER X:1,959,120円
・ノート e-POWER MEDALIST:2,244,240円

これに対し、トヨタ・アクアの価格は以下の通りです。
・アクア L:1,761,382円
・アクア S:1,887,055円
・アクア G:2,007,818円
・アクア X-URBAN:2,100,109円
・アクア G's:2,231,963円

同じ「S」のグレードで比べるとノートの方が11万円ほど安い設定です。
価格の面でもノートe-POWERに若干分があるといえそうです。

燃費最良でコンパクトカー最有力候補の新型ノートe-POWER

出典:http://www2.nissan.co.jp/

新型ノートe-POWERには、発売以来好調に買い注文が入っています。
電気自動車にどこまでも近いハイブリッドカーは、時代の最先端を行く車といえるでしょう。
電気だけを走行動力とする「シリーズ方式」に社会の注目が集まっています。

燃費はもちろん安全面でも十分な配慮が施されたこの1台。
ハイブリッド車購入を考えている方は、ぜひ候補に加えてみてください。

日産 新型ノートe-POWERの最新情報はこちら

燃費やエコカー減税に関連する記事はこちら

コンパクトカーを探している方はこちら

コンパクトカー最新の注目車種はこの4台!
コンパクトカーの購入を検討しているならチェックは必須です。