MOBY

【要注意】追突事故をされたらやるべきことの流れまとめ|損をするのはあなたかも

どれだけ注意して運転していても避けられないのが、後続車両からの追突事故。 突然の出来事に慌ててしまいがちですが、追突されたらまず何をするべきなのでしょうか。 事故後の対応を間違えると、怪我をしたのに通院費用さえ支払われなかった、なんてことにもなりかねません。 今回は『追突事故をされたらやるべきことの流れ』をまとめました! いざという時のために、知っておくべき知識をお伝えします。

追突事故の被害者になったらまず何をする?

やるべきことをやらないと損をするのはあなたです

今回は、不幸にも追突事故を起こされてしまったときに、やるべきことをまとめました。
追突事故を起こされても、知らなければ損をしてしまうことがたくさんあります。

事故直後は興奮状態になっていて、普段なら絶対に忘れないようなことでもコロッと忘れてしまう、ということもあるでしょう。

でも、以下のことだけは決して忘れないようにしてくださいね。

追突事故を起こされたらやるべきことの流れ【事故の後すぐ編】

追突事故を起こされたらやること①まずは警察に連絡を

まずは110番。どんなに被害が軽くても、どこも痛くなくても、ものすごく急いでいたとしても、必ず警察署に連絡しましょう。
これを怠ると、あとで車の損壊や体の痛みに気づいても、事故の記録がないため保険金が請求できなくなります。

ちなみに、連絡するときは事故現場の住所を把握してからだとスムーズです。
近くに街区表示板や自動販売機(住所表示ステッカーが貼付されています)があれば、そこに書かれている住所を。それらしきものがない場合は信号機の地名表示、道路標識や電柱の管理番号を伝えると良いでしょう。

追突事故を起こされたらやること②相手と連絡先の交換

警察に連絡したら、パトカーが来るまでの間にお互いの連絡先を交換します。この時聞いておくべき項目は

・ 相手の氏名
・ 相手の住所・電話番号
・ 相手の車のナンバー
・ 相手が加入している任意保険の保険会社

です。聞き落としのないように気をつけてくださいね。

追突事故を起こされたらやること③自分の保険会社にも連絡を忘れずに!

事故後は基本的に相手の保険会社とのやりとりがメインになりますが、場合によっては自分の入っている保険の『人身傷害補償特約』や『搭乗者傷害保険』『弁護士費用等補償特約』が使えることもあります。

また、自分の加入している保険会社が、何か有益なアドバイスをしてくれることもありますから、とりあえず相談してみると良いでしょう。

追突事故を起こされたらやること④修理会社への連絡

そんなに大きなキズじゃないから…と修理会社への連絡を先延ばしにすると、後々大変なことに!
事故直後に修理の見積もりをとっておかないと、その破損が追突事故によるものだという証明ができなくなってしまうこともあります。つまり、相手が悪ければ『その破損は追突によるものではないんじゃないの?』などという主張をされても、反論の余地がなくなってしまうのです。

追突事故を起こされたらやること⑤証拠の保全

同様の理由で、事故直後に証拠集めをしておくと、後々裁判になった時などに非常に役立ちます。ドライブレコーダーの映像や、事故直後のお互いの車の写真、現場状況の写真のほか、目撃者がいたらその場で状況を聞き取り、メモに残しておきましょう。目撃者の氏名や連絡先を聞くのも忘れずに。

追突事故の起こされた後には病院に行くべき

追突事故を起こされたらやること⑤病院へは必ず行く

むちうちの男性

事故直後は興奮していて痛みを感じないこともありますが、「数日後に体が痛くなる」というのも交通事故ではよくある話です。
痛くなってからではなく事故直後に病院に行き、レントゲン・MRIなど必要な検査をできるだけ早く受け、診断書を書いてもらいましょう。

そして、事故からしばらくの間は週2ペースで定期的に通院を。
忙しいからと通院を避けていると、『その怪我と追突事故の因果関係が認められない』、などということにもなりかねません。
怪我を治すための通院ですが、保険会社的には「通院実績を作る」という側面が大きいのです。

『休業補償』は前向きに検討を

仕事を休んだ分だけもらえる?

医療費

事故で怪我をし、仕事を休むことを余儀なくされた場合には、『休業補償』をしてもらえます。
これは『一日あたりの収入×休業日数』で計算され、症状固定(痛みがある程度収まり、回復も増悪もみられない状態。医師が判断する)までに休業した日数を基本に算定されます。
ただし、休んだ日数すべてが保障されるわけではなく、怪我の程度によって合理的に休業が必要と判断された日数で決定されます。

主婦や学生、年金生活者はもらえない?

収入のない主婦や学生だと、休業補償の対象にならないのでは…と思われがちですが、主婦の場合は『家事従事者』として、休業補償(一日あたり最低5700円〜)を請求することができます。
怪我のために家事ができず、家政婦を雇った場合には、その料金が保障されることがあります。

学生の場合は、アルバイトをしていたり、就職が内定していた場合、事故によって勤務できなかった分の収入が保障されます。

いずれの場合も、病院で診断書にその旨を記入してもらうことが必要です。担当医師には、症状があるために家事や就業が困難であることを伝え、きちんと明記してもらいましょう。

ちなみに、金利生活者や年金生活者は、事故による収入の変化はないとみなされて、休業補償の対象外になります。

無理は損の元になる

事故後、怪我の痛みを押して普段通りに生活しようとすると、治癒が遅くなったり後遺症が重くなったりと、後々自分自身がつらい思いをしなくてはなりません。

「会社が忙しくて休めない」
「家族のために家事をしないわけにはいかない」

と、ついつい歯を食いしばって頑張ってしまいがちですが、思い切って休むことも必要なのではないでしょうか。

追突事故を起こされて損をしない示談交渉のやり方まとめ

書類記入

安易に示談交渉に応じない

事故直後に加害者から示談を求められても、その場で返事をしないことが大切です。
ここまで述べてきたように、
警察に連絡→お互いの連絡先の確認→お互いの保険会社に連絡→すぐに通院開始・診断書取得→修理見積り
というプロセスを経て、初めて相手方の保険会社と示談交渉を始めるよう、肝に銘じておきましょう。

合理的な請求を

自分自身は被害者であり過失もないだけに、事故のために余計な時間と手間がかかったり、痛い思いをしたりと腹が立つこともあるかもしれませんね。
また、加害者の対応に不満を感じたり、周りの人からいろいろなアドバイスを受けて迷いが生じることも、よくある話です。

ですが、そこは冷静に対応しましょう。泣き寝入りしないのはもちろんのこと、客観的に見て必要以上に求めすぎないことも、加害者側に不信感を与えずスムーズに示談をすすめるコツになります。

示談内容を確実に実行してもらうために

多くの場合、損害賠償は一括で受け取ることができるはずですが、中には分割や後日払いといったケースもあります。そんな時は、後になって約束通りに支払いがなされないことを防ぐために、示談内容に以下の項目を入れておくようにしましょう。

• 違約条項
• 違約金条項
• 連帯保証人
• 裁判なしで強制執行できるようにする

追突事故の被害者になった時のやるべきことを覚えておこう

万が一追突事故の被害者になった時に備えて

保険証書

『追突事故をされたらやるべきこと』の記事はいかがでしたか?
事故に遭ったというだけでもちょっとしたパニック状態になりそうですが、そんな中でもやるべきことはたくさんあります。慎重に、かつ冷静に対応したいものですね。
事故に遭わないに越したことはありませんが、万一の時に備えて頭に入れておいて損はないはずです。

交通事故に関連する覚えておいたほうが良いおすすめの記事

関連キーワード
キーワードからまとめを探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーからまとめを探す