ワイパーアームの外し方・交換方法|塗装や価格についてもまとめ

運転中、雨が降ってきたときなどに安全運転のために大活躍するワイパー。晴れている日に愛車を見て、ワイパーアームの劣化のせいで見栄えが悪くなっていた、などという経験張りませんか?実はこの部品、きれいにできるのです。ワイパーアームの外し方や交換といったお手入れ方法から、新品の価格等を解説します。

ワイパーアームはワイパーの部品のひとつ

ワイパーアーム

出典:©Shutterstock.com/ Himchenko.E

運転中に雨が降ってきたり、ウインドウォッシャー液で窓を掃除するときに操作するワイパー。実はワイパーというのは総称で、ワイパーそのものは大きく分けて3つの部品から成り立っています。

ワイパーアーム

出典:http://item.rakuten.co.jp/

ワイパーは左右に動くために、ワイパーモーターというものにつながっています。
ワイパーアームはこのモーターにつながっていて、ワイパーを左右に動かす骨格となる部品です。
雪の日や洗車の際にワイパーをヒンジから持ち上げることがありますが、その時手でつかむ部分です。

ワイパーブレード

ワイパーブレード

出典:©Shutterstock.com/Sharomka

ワイパーアームに接続され、ワイパーが動く際T字になる弓の様な形状をした部品です。
ワイパーゴム(ラバー)を保持し、ワイパーラバーをガラス面に押し付ける働きをしています。

ワイパーゴム(ワイパーラバー)

ワイパーゴム

出典:©Shutterstock.com/Winai Tepsuttinun

ワイパーラバーとも言います。
ワイパーブレードに取り付けるものでゴムでできており、フロントまたはリアのガラスに直接密着し、ガラスについた水滴を拭う部品です。
日光や雨、摩擦などで最も劣化しやすく頻繁に交換される部品です。

ワイパーアームの劣化は意外に目立つ

ワイパーアームは、多くの車に黒く塗装され取り付けられています。新車時にはあまり目立ちませんが、ワイパーアームの塗装の退色や汚れ、錆は意外に目立ち、せっかくの愛車の姿を少し古めかしくしてしまいます。

ワイパーアームは過酷な環境で働いている

出典:http://www.goo-net.com/

ワイパーは雨の日だけでなく、窓の汚れを取るウインドウォッシャー液を使用するときにも動かします。
そのため、様々な成分の液体で濡れます。
また、洗車をする際にも、ボディは水気をとりワックスがけなどをして塗装を保護しますが、ワイパーアームはそこまで保護されることは多くありません。
結果として、非常に劣化しやすい部品であると言えます。

よくある変化や退色

太陽光や雨などによって、塗装が薄くなり白っぽくなってしまう状態です。
生産から時間のたっている車によく見かけられる症状で、ワイパーアームの働きに影響はありませんが、見栄えが良くなく、古さを感じさせてしまいます。

よくある変化といえば塗装のはがれ

経年劣化により、塗装が剥がれ落ちてしまい、素材である金属が見えてしまっている状態です。
見た目からしてきれいではなく、また車に近づくとどうしても気になってしまい、車のオーナーを悩ます状態です。
ワイパーの稼働には問題ありません。

よくある変化 錆

ワイパーアームの塗装が完全にはがれ、素材である金属がむき出しになることで、金属が酸化して錆てしまいます。
これでもワイパーアームは正常に動きますが、きれいな車とはとても言えなくなってしまいます。

ワイパーアームは綺麗なのが一番

塗装のはがれや錆が出てしまったら、当たり前ですが自然に治りません。
そのため、業者に依頼するなり、DIYするなり、対策をとることが必要になります。
一度塗装が変化してしまっても、しっかりと対策をとることで、愛車が見違えるようにきれいに見えます。

ワイパーアームをお店で交換してもらう時間と価格は

ワイパーアームを見栄えよくするためには色々な対策がありますが、やはりまずは専門店にお願いするという方法があります。
いったい、時間や価格はどれくらいかかるのでしょう。

ワイパーアームは量販店に売っている?

実は、ワイパーアームはカー用品店などではあまり多く販売されていません。
交換頻度の高いワイパーブレードや変えゴムは、専用メーカーの他、カー用品店オリジナル商品(プライベートブランド)で販売されていますが、ワイパーアームはあまり売られていません。
これは、車種によって取り付ける角度や長さが異なる為です。
そのため、ディーラーにお願いするのがよいでしょう。
もちろん、車検時にも交換してもらうことも可能です。

ワイパーアーム本体の価格は?

ワイパーアームの価格は車によって変動しますが、だいたい国産車は以下の様な価格帯です。
尚、ワイパーアームのみの価格になっており、ワイパーブレードなどは含まれていませんので注意してください。
・フロントガラス 右側(運転席側) 2,500円~4,000円ほど
・フロントガラス 左側(助手席側) 2,500円~4,000円ほど
・リアガラス   3000円~4,000円ほど

ワイパーアームの交換工賃や時間はどれくらい?

ワイパーアームの交換自体は実はとても簡単なので、20分もあれば終わります。

購入すれば工賃はサービスされていたり、工賃がかかっても1,000円未満の業者がほとんどです。
車検時やディーラーに点検ついでにお願いをするなどするとよいでしょう。

やってみよう ワイパーアームの外し方

ワイパーアームはその仕組みさえ知れば、取り外し自体はとても簡単にできる部品です。
交換するにしても、自分で再塗装をするにしても、まずは取り外すことが必要です。

外す前にやること

ワイパーアームを外すと、取り付ける際にもともとあった場所と同じところに取り付けないといけません。
ワイパーアームを取り外す前に、ワイパーアームの先端がどこで止まっているかフロントガラスなどにテープなどでマーキングしておくと、後あと便利です。

外し方1 外すためのネジを見付ける

出典:https://www.youtube.com/

ワイパーアームの根本を見ると、六角形のボルトがあると思います。
見つからない場合は、キャップがかぶさっていますので、マイナスドライバー等でキャップを外します。
隙間からゆっくりドライバーを差し込み、上に押し上げるようにすればキャップは外れます。

外し方2 ボルトを外す

出典:https://www.youtube.com/

ワイパーアームを取り付けているナットと同じサイズのレンチやソケットを使い、ナットを外します。
ちなみに、時計回りだと締まり、反時計回りだと緩みます。

外し方3 ワイパーアームを取り外す

出典:https://www.youtube.com/

ナットが外れたら、ワイパーアームは外れます。
この部分が錆ていたりすると、簡単に外れない時があります。
そんな時は潤滑スプレーを吹き付けるなどして落ち着いて外しましょう。

ワイパーブレードを取り外す

ワイパーアームが外れたら、ワイパーブレードも取り外しましょう。
ワイパーアームとワイパーブレードか接続されている部分は、U字のフックで引っかかっています。形状に沿って動かすことで、簡単に外れます。

取り付けは逆の手順で

もう一度取り付けるときは、逆の手順で取り付けます。
ワイパーアームを取り外す際にマーキングしたところと同じ位置に先端が来るようにしましょう。
キャップがある場合は、くれぐれもキャップをはめるのを忘れないでください。

ワイパーアームの取り外しは意外に簡単ですよね。
自分で取り外せると、交換や再塗装、簡単なカスタマイズが簡単にできるようになります。

ワイパーアームを交換する

ワイパーアームを交換する

出典:©Shutterstock.com/admin_design

ワイパーアームが外せるようになると、ワイパーアームに様々な対策ができるようになります。

ワイパーアームを入手するときの注意事項

ワイパーアームは車種によって形状や長さが異なるので、自動車ディーラーや自動車メーカーの部品販売店などで購入できます。
同じ車であっても、モデルチェンジしていると全く異なる部品である場合もあるため、一番確実なのは、そのお店に車検証を持参して、それを見せながらワイパーブレードを注文すると間違いがありません。

また、左右で形状や長さが異なる場合もあるので、お店の人にフロントガラス用かリアガラス用か、フロントガラス用であれば左右どちらなのかをしっかり伝えましょう。

交換時には無理をしない

ワイパーアームのナットを外すまではそんなに難しくありませんが、錆などでワイパーモーターの部分と固着してしまっているときは、力任せに無理矢理取り外そうとしてはいけません。
潤滑スプレーなどでも外れない場合は、破損する恐れもあるので無理をせず、ディーラーや修理屋に相談しましょう。

ワイパーアーム交換は天気に注意

当たり前ですが、雨の日の屋根のない場所や車で出かける直前にはやってはいけません。時間に余裕を持ち、よく晴れた日に作業しましょう。

ワイパーアームがよみがえる塗装

交換程の予算をかけなくても、ワイパーアームの元の姿を取り戻すことはできます。
塗装が剥げたり、サビてしまった個所を再塗装することで、お手軽に蘇ります。

塗装をする際はワイパーアームだけ

ワイパーアームを塗装するときは、ワイパーブレードを取り外しましょう。
本来の目的ではない個所に塗装がつかないようするのが目的です。

いきなりスプレーで塗装するのはNG

塗装のはがれや錆がある場合、そこに直接スプレーなどで塗装しても、塗装がうまく乗らなかったり、塗装の下で錆が進行したりする場合があります。
スクレーパー(金属製のヘラ)や金ダワシ、やすりなどで塗りたい個所の塗装や錆をきれいに落としましょう。

脱脂して塗装の乗りをよくする

皮脂や空気中の汚れ、ほこりなどがワイパーアームに付着している状態だと、その上から塗装をしても塗装がはがれやすい原因になります。
シリコーンスプレーなどを使用して、必ず脱脂し、きれいにしましょう
ホームセンターやカー用品店で、だいたい500円ほどで購入できます。

塗装は重ねていくのがポイント

スプレーではついつい一度に塗装をしたくなりますが、そうすることで塗装の厚みが均一にならなかったり、色むらが出ます。
薄い色を何度も重ねていくイメージで繰り返し塗装していきましょう。
カラースプレーを使用する場合、車用のスプレーがお勧めです。
こちらもホームセンターやカー用品店で、黒一色であれば1,000円ほどで購入できます。

クリアスプレーを忘れない

雨の日など、水気の多い仕事をするのがワイパーアームですから、当然水に強くないといけません。
カラースプレーだけでは、濡れることでせっかくの塗装が落ちてしまいます。
塗装個所の光沢を出す、水気の対策をする意味でも、クリアスプレーをかならずやりましょう。
忘れると、もう一度同じ作業をしないといけなくなります。

ワイパーアームのカスタマイズやドレスアップ

ワイパーアームのカスタマイズやドレスアップ

出典:©Shutterstock.com/Suthisa

ワイパーアームは車の印象を決める大事なパーツですから、交換や塗装ついでに自分なりにカスタマイズして愛車の印象を変えることも可能です。

塗装は黒とは限らない

塗装の技術が必要ですが、ワイパーアームを再塗装する際に、あえて黒や元の色だけにこだわらない、という方法もあります。
例えばワイパーアームの色が黒、車体の色が赤い場合、黒い塗装をしっかりと施したのち、薄く車体と同じ赤をスプレーで薄く載せます。
ポイントは、しっかりと塗らなこと。
うっすらと赤が見えるようになると、ボンネットからの色の統一感が生まれ、印象が変わります。

ワイパーアームにシールを張る

車種によりますが、ワイパーアームに直接張ることのできるカーボンシートというシール状のアイテムがあります。
メーカーにもよりますが、3,000円ほどで購入が可能です。
自分でやる場合は細かい作業になりますが、これを施すことで、レーシーなドレスアップができるようになります。

また、自作したステッカーなどを貼ってクリアを厚めに吹くというのも、個性的なドレスアップになります。

ワイパーアームは車の印象を決める

ワイパーアーム

出典:©Shutterstock.com/Hipster Style Chapang

いかがでしたか?
あなたの愛車のワイパーアームは綺麗になっていますか?
もし自分の愛車の綺麗さになんとなく物足りなさを感じたら、まずはワイパーアームをよく見てみましょう。
ワイパーアームの塗装のはがれや錆があると、愛車の印象は決して良くなりません。
お手軽に愛車の印象をよくする効果もありますから、今度の休日にでもワイパーアームを気にかけてあげてください。

ワイパーに関連するおすすめの記事

車のメンテナンスや修理に関連するおすすめの記事

関連キーワード
キーワードからまとめを探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーからまとめを探す