車のフロントガラスが凍る時の原因から対処と対策まとめ!熱湯は厳禁?

冬の朝のお悩みと言えば、フロントガラスが凍ること。寒いのに嫌でも一手間かけなければならないこの煩わしさ…出勤前など急いでいる時には特にイラッとしますよね。 今回はそんな悩みを解決する『フロントガラスが凍る原因と対策』をお送りします!

フロントガラスが凍る原因は『放射冷却』による『霜』

「放射冷却」という言葉は、天気予報などで耳にすることも多いのではないでしょうか。
日中暖かったけど夜はすごく冷え込む…というあの現象です。
原因は、昼の間に空気や地表に蓄えられた太陽の熱エネルギーが夜になると宇宙空間に逃げていくため。風の少ない晴天の夜に起こりやすく、氷点下になることもしばしば。そんな日には空気中の水分が地面やモノの表面で凍りつき、路面やモノの凍結や降霜がよく見られます。

当然、フロントガラスの表面もまた0度以下になります。そこへ空気中の水分が触れると、一気に凍結してしまうのです。

また、冷気にさらされて空気中の水蒸気自体が凍りつくと、微細な氷=霜になって空から降ってきます。それがガラスの上で結晶化するのが、霜です。

いずれにしても、窓ガラスは真っ白く凍り、そのままではとても車を乗り出すことはできません。
今回は、車の窓ガラスが凍ってしまうのを防ぐ対策と、凍ってしまった時の対処法をご紹介します。

車の窓が凍ってしまった時の対処について

デフロスターを作動

デフロスター画像

出典:http://www.goo-net.com/

まず、暖機運転をしつつ、デフロスター(扇形のマーク)を作動させるのが最初の手順。
このまま放置しておけば出かける頃には霜は見事に溶け、車内も温まって快適、といいことずくめの最も手軽な方法なのですが、何しろ時間がかかる。だいたい10分程度とはいえ忙しい朝のこと、そんなの待っていられない!という人も多いことでしょう。

車のフロントガラスが凍ってしまった時の対処のOKとNG

熱湯は絶対ダメ!ぬるま湯・水をかける

やかんと湯気

フロントガラスが凍っているのを見るとお湯の一つもぶっかけたくなるものですが、熱湯は厳禁です!
耐熱ではないガラスのコップに熱湯を入れると割れることがありますが、あれと同じ理由です。フロントガラスにも微細な傷があると、温度差によってそこから亀裂が入って取り返しの付かないことになってしまうことも…。

ちなみに、お風呂の残り湯くらいの温度なら大丈夫。もちろん、常温の水でも十分に氷を溶かすことはできます。
ただし、水量が少ないとかけたそばからどんどん再凍結してしまい二度手間になってしまいます。ホースやバケツでたっぷりかけて、霜を素早く溶かしましょう。

事前にワイパーを作動させておくことも忘れずに。せっかく氷を溶かしても、あまりにも寒い日には再凍結してワイパーが動かなくなってしまいます。

定番の『スクレイパー』はやはり使える!

プラスチック製スクレイパー

出典:http://item.rakuten.co.jp/

霜対策としてもっとも効果的、かつコストパフォーマンスに優れているのが「スクレイパー」。寒冷地に在住の方にはおなじみのシンプルなこのツール、使い方も至って簡単。
ガラスの霜をシャッシャッとこすってこそげ落とすだけで、あら元通り。初期費用もさほどかからず、ランニングコストゼロなのも魅力です。

スクレイパーを使うとガラスが傷つくのでは、と心配になるかもしれませんが、プラスチック素材のものを使えば心配ありません。

たまにしか使わない人には融氷剤がオススメ

出典:https://www.amazon.co.jp/

融氷剤入りのウィンドウォッシャー液を利用するのも効果的です。ワイパーを作動させてウォッシャー液をかけるだけ、という手軽さはかなりの魅力。

出典:https://www.amazon.co.jp/

さほど頻繁に凍結しない地域にお住まいの方は、スプレータイプの融氷剤がおすすめです。
持ち運びも簡単なので、スキー旅行など寒冷地に出かける時にも安心ですね!

融氷剤は割高感もありますが、とにかく手軽で楽チンなこと、水をかけるのと違って周りが汚れないのが大きなメリットです。

こんなに簡単に氷が溶けるなんて、何か危険な薬剤が入ってるんじゃないのか、大丈夫なのか…と心配になるかもしれませんが、融氷剤の主成分はアルコール。直接吸い込んだりするのはもちろん良くありませんが、決して取り扱いの難しいケミカルではありませんので、ご安心を。

ちなみに、融氷剤を使わなくても、実はアルコールを混ぜた水でも代用できるようです。

フロントガラスが凍る前にするべき対策について

そもそも、窓が凍らなければそんな手間も必要ないわけです。対策グッズを上手に使って、気分良く出かけましょう!

カバーをかければ確実に凍結防止

フロントガラスカバー

出典:https://www.amazon.co.jp/

ガラスの凍結は空気中の水蒸気がガラスに付着することで起こりますから、それを防止するにはカバーをかけるのが一番手っ取り早いですよね!
カー用品店などでは霜・雪除け用のフロントガラスカバーが販売されています。
吸盤で止めるタイプ、フックで引っ掛けるタイプ、ドアに挟み込むタイプ…と、様々なものが揃っていますので、使いやすそうなものをチョイスして。
ドアに挟み込むタイプなら、ガッチリ留まって風にも強そうですね!

ガラスコーティング剤は一石二鳥

ガラス撥水剤

出典:https://www.amazon.co.jp/

ガラス用の撥水コーティングは、実は凍結防止の役目も果たします。

空気中に漂う水蒸気はガラスについた油膜などの汚れを芯にして凍結し、どんどん広がっていきます。
しかし、コーティング剤を塗布するときは通常ガラスの清掃をしますし、さらにコーティング層のおかげでガラスの表面はツルツルになり、水分がガラスにガッチリ食い込んで凍結するための根が付きにくくなります。
また、着氷してもスクレイパーなどで軽くこするだけでするりと取れますよ。

フロントガラスが凍る時の対策と対処法を覚えておこう!

地味だけど大事!いざという時に役立つ

窓ガラスが凍る原因と対策の記事はいかがでしたか?
ちょっとした手間ですが、事前に準備しておけば、一手間を省いて寒い朝も快適にスタートできますね!

覚えておくと便利な車の知識に関連するおすすめの記事

関連キーワード
キーワードからまとめを探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーからまとめを探す