MOBY

シーケンシャルミッションとは?構造と仕組みを解説!市販車はある?

シーケンシャルトランスミッションを解説。シーケンシャルミッションの仕組みや一般的なMT車のトランスミッションとの違いのほか、搭載された市販車までお伝えします。自分でギアチェンジするのにAT限定免許で乗れる車があることはご存知でしたか?

シーケンシャルトランスミッションの仕組み

シーケンシャルトランスミッションの実際の映像

シーケンシャルトランスミッションの仕組みや操作方法をまずはお伝えします。

シーケンシャルトランスミッションとは

シーケンシャルトランスミッションのシーケンシャルとは、sequential=継続的という意味で、シーケンシャルトランスミッションは、1速ずつギアを操作するトランスミッションです。

順番にギアを上げる、または落としていくことからシフトミスがなく、広くレースの世界などで使用されています。

シーケンシャルミッションの仕組み 通常のトランミッションとの違いは?

歯車の画像

出典 :©Shutterstock.com/Jakub Janele

一般的なMT車の場合、例えば4速で走行していて信号のために停車した場合、次に発進するときは4速からギアを抜き、1速を選択します。
この時、ギアボックスの中では、4速→N(ニュートラル)→1速とギアが動いています。

一方、シーケンシャルトランスミッションは上記のようなケースで4速から1速にする場合も、1速ずつギアを動かします。
ギアボックスの中では4速→3速→2速→1速とギアが動いています。
一般的なトランスミッションとシーケンシャルミッションの仕組みにはこのような違いがあります。

シーケンシャルトランスミッションのメリット・デメリット

シーケンシャルトランスミッションはその構造上、シフトミスを防ぐことができます。
1速ずつギアチェンジをしていくことで、例えば5速から4速にシフトダウンするつもりが、誤って5速から2速に入ってしまうようなミスが起こりにくく、エンジンやミッションに過度な負担がかかることを避けられるほか、ハンドル操作に集中できるのがメリットです。
このため、レースの世界などで使用される機会が多いのです。

反面、例えば即座に2つ上のギアを選択するような、いわゆる飛ばしシフト(またはギア飛ばし)と言われる操作ができない、どのギアからもニュートラルにできるわけではないといった煩雑さがデメリットになります。
そのため、シーケンシャルトランスミッションは発進と停車を繰り返す街乗りでは不便に感じることがあるかもしれません。

トランスミッションに関連する記事はこちら

シーケンシャルトランスミッションのクラッチ操作

トランスミッション

出典 :©Shutterstock.com/loraks

特別な仕組みのように思えるシーケンシャルトランスミッション搭載車は、一般的なMT車と操作方法に違いはあるのでしょうか。

シーケンシャルトランスミッションとクラッチペダル操作

通常のMT車のトランスミッションを、オーナーの意向でシーケンシャルトランスミッションに交換している場合は、従来どおり発進時やギアチェンジの際にクラッチ操作は必要です。

市販車でシーケンシャルトランスミッションを搭載しているトヨタ・MR-Sはクラッチをコンピュータ制御で動かしているのでクラッチペダルはなく、ドライバーのクラッチ操作は不要です。

シーケンシャルトランスミッション搭載車と必要な免許

トヨタ・MR-Sのシーケンシャルトランスミッション搭載モデルは、セミATともよばれ、ギアチェンジをドライバーの任意で行いますが、クラッチ操作は自動化されています。
そのためアクセルとブレーキの2つのペダルしかなく、クラッチはありません。
ドライバーがギアチェンジのためにシフトレバーを動かすと、コンピュータ制御により自動的にクラッチが切れます。
ギアチェンジが行われると、再びクラッチが自動的につながる仕組みになっています。

この場合、操作はドライバーがギアチェンジを行い変速しているのでMT車に思われますが、発進時などにドライバーによるクラッチ操作の必要のない車はAT車とおなじカテゴリーに入るため、AT限定免許でも運転が可能です。

道路交通法施行規則 第19条 別表第二
AT車:オートマチック・トランスミッションその他のクラッチの操作を要しない機構がとられており、クラッチの操作装置を有しない自動車等

クラッチの詳しい解説はこちら

シーケンシャルトランスミッション搭載の市販車

シーケンシャルトランスミッション搭載の市販車

レースカーに主に使われているシーケンシャルトランスミッションですが、市販車でも搭載された車があります。

シーケンシャルトランスミッション搭載車 トヨタ・MR-S

1999年、トヨタはMR-2(SW20)の後継モデルとなる、MR-Sを発売しました。
後継モデルとはなっていますが、先代のMR2とは大きく主旨が異なり、運転席・助手席のみの2シーターであること、エンジンが座席背面にあるミッドシップレイアウトであることは変わりませんが、オープンカーになり、エンジンも1.8リッターのNAエンジンだけのラインナップという、MR2よりもライトなスポーツカーとして生まれました。

シーケンシャルトランスミッションが搭載ミッションとして選べる

MR-Sは新車販売時、前期型では5速MTか5速セミATを、後期型では6速MTか6速セミATを選択できました。

このうち、セミATは正確にはシーケンシャルマニュアルトランスミッション(SMT)となっており、ギアがドライバーの任意で変速できますが、法律上AT免許でも乗れる、国産車初のシーケンシャルトランスミッション搭載車となりました。

Iパターンシフトでギアチェンジ

MR-SのSMTでは、通常のATのシフトノブとは異なり、レンジも「R」(バック)・「N」(ニュートラル)と、「S」(シーケンシャル)モードの3つで、「S」は前方に「-」、後方に「+」となっている合計4つのレンジとなっています。

AT車が発進するときに使用する「D」レンジはありません。
この「+」「-」のパターンは、加速時は後方にG(重力)がかかるため、シフトアップしやすい後方に「+」を、反対に減速時には前方にGがかかるのでシフトダウンしやすいように前方に「-」を配置しています。
何速のギアが選択されているかは、常時メーター内に数字で表示されます。

コンピュータ制御による運転のしやすさ

MR-Sのシーケンシャルトランスミッション搭載者は、先述の通りクラッチがコンピュータ制御されているためクラッチ操作をドライバーがすることはありません。

また、停車時にニュートラルにするときは、AT車と同様にシフトノブをNレンジに入れることでニュートラルになります。
停車直前に何速にギアが入っていてもニュートラルにすることができますが、Nレンジから再び「+」レンジにレバーを入れて発進するときは、ギアは1速となります。

コンピュータのサポートによって運転に集中できる車であると言えます。

トヨタ・MR-Sの詳しい解説と中古車情報はこちら


Vエディションフ…
148.0万円
本日の在庫
256
平均価格
76.2 万円
本体価格
24 ~ 350 万円

シーケンシャルミッションの代表的なメーカー

シーケンシャルミッションの代表的なメーカー

憧れのシーケンシャルミッションは、レースで多く使われはしますが、レース専用のミッションではありません。
専用で製造しているメーカーが存在しますので、購入して愛車に乗せることも可能です。

HKS(株式会社エッチ・ケー・エス)

日本を代表する、自動車部品の製造、販売を行うメーカーです。
モータースポーツのみならず、自動車を趣味とする人々の憧れともいえるアフターパーツを数多く製造、販売しています。

日産・シルビア(S15~S15)、180SXやマツダ・RX-7(FD3S)専用のシーケンシャルトランスミッションを製造、販売を行っていました。

日産・シルビアと180SX、マツダ・RX-7に関連する記事はこちら

ホリンジャーエンジニアリング

オーストラリアに本社を構えるミッションメーカーです。
母国の他、アメリカやヨーロッパなどモータースポーツの盛んな多くの国に輸出され、世界中から非常に信頼の厚いメーカーです。

日本では、有名チューニングショップのタイムアタック用デモカーや、折戸学選手などのトップドライバーが自身の乗るD1車両にこの会社のシーケンシャルミッションを搭載するなど、非常にメジャーになっています。
日本では、株式会社 東名パワードが正規代理店として販売しています。

ヒューランドレーシング

イギリスに本社を置く、レーシングミッションやモータースポーツ用のギアボクス等を開発しているメーカーです。
50年以上の歴史を誇る、まさに老舗メーカーです。

国内最高峰レースSUPER GTやフォーミュラニッポン、世界的にはル・マン24時間レースに参戦するチームにシーケンシャルトランスミッションをはじめとするパーツを提供し、サポートしています。

クワイフエンジニアリング

イギリスに本社を置く、自動車およびバイクの、レース用駆動部品メーカーです。
シーケンシャルミッションの他、デファレンシャルギアやドライブシャフト、強化ステアリングラックなどの製造をしています。

レース活動への協力も積極的で、イギリスで開催されているGINETTA・G50などのレースシリーズにワンメイクギアボックスを供給しています。

レースに関連する記事はこちら

シーケンシャルトランスミッションで広がる運転の楽しさ

シーケンシャルトランスミッションでのテスト走行

シーケンシャルトランスミッションの構造と仕組み、搭載した市販車情報について解説させていただきました。
ギアチェンジは、車を操るうえでの醍醐味のひとつであると思います。
シーケンシャルトランスミッションを搭載した2ペダルの車であれば、MT車、AT車限定の免許にかかわらず運転できます。

操る楽しさを堪能できることができれば、今よりもっと多くの車好きが増えるのではないかと思います。
そんな車がより多く出てほしいです。

ミッションに関連する記事はこちら

クラッチに関連する記事はこちら

メンテナンスに関連する記事はこちら