【新型NSX vs GT-R】国産最強スポーツカー徹底比較!加速性能や乗り心地は?

ホンダのNSXと日産のGT-R、どちらも日本を代表するスーパースポーツカーですが、果たしてどちらのスーパーカーが優れているのか。スポーツカーに必須のパフォーマンス性能はもちろん、内装やコストパフォーマンス、日常のドライブに気になる乗り心地まで徹底比較していきます。

ホンダ NSXとは

初代NSX

ホンダ NSX

NSXは本田技研工業が生産、販売している2シーターのスポーツカーです。初代モデル1990年に誕生し、2005年まで製造されていました。発売当時の価格は最低でも800万円以上と、国産スポーツカーとしてはずば抜けて高い価格で販売されていました。

初代NSXはフェラーリランボルギーニなどのイタリア製高級スポーツカーを越える性能を目指して開発がスタートし、バブル景気絶頂期の1989年に3.0L V型6気筒エンジンを搭載して発表されました。

初代ホンダ・NSXは1990年から2005年までフルモデルチェンジを行うことなく生産され、当初はホンダの栃木製作所で生産され、その後2004年より鈴鹿製作所で生産されていました。

新型NSXは国産最強スポーツカーとなれるか

米国で生産する日系スポーツカーの新型NSX

純国産スポーツカーとして開発された初代ホンダ・NSXですが、2016年8月25日に発表された2代目のNSXは、なんとハイブリッドシステムを搭載したスーパースポーツカーとして開発されました。

新型NSXは米国オハイオ州メアリズビルに設立した専用工場の「パフォーマンス・マニュファクチュアリング・センター(PMC)」で生産されています。

復活が熱望され続けた国産スポーツカーの復活は、予想外の形で実現し、ハイブリッドシステムの採用や駆動方式が先代のMRからAWDに変更されるなど、賛否の分かれる進化が行なわれています。

名実ともに国産最強のスポーツカー 日産GT-R

外資系ともいえる日産自動車のスポーツカー

その一方で、日本のスポーツカー代表といえば、1970年台の初代から現在まで40年以上の歴史を持ち、また、数々のモータースポーツで数々の栄光を勝ち取って来たスカイラインGT-Rです。

スカイラインGT-Rは元々レースでの使用を主として開発された車種であり、正に日本を代表するスポーツカーの1台であると言えます。

そして、現在はそのスカイラインGT-Rの系譜を受け継ぐ日産GT-Rが日本の代表的なスポーツカーではないでしょうか。

【新型NSX vsGT-R】スペックと価格を比較!

NSX価格比較

ホンダ・NSXと日産GT-R、どちらもスポーツカーの系譜を持ちますが、新型モデルはどちらも最新の技術を搭載したスーパーカーへと進化しています。

純粋な日本企業である本田技研が、日系スーパーカーとして米国で生産するNSX。これに対してルノー自動車と資本提携した日産自動車が生産するGT-R。どちらがより優れたスーパースポーツカーなのか比較してみたいと思います。

NSXもGT-Rも排気量や馬力に大きな差はありませんが、NSXは電動モーターが組み合わされたハイブリッド車です。また、2台とも大きなパワー路面に確実に伝える4WD仕様となっているのも特徴です。

しかし価格を見るとホンダ・NSXが日産・GT-Rの2倍になることも、この価格差に見合う性能をNSXが発揮できるかが注目されます。

日産 GT-Rのスペックと価格

・車両重量 : 1,760kg~1,770kg
・パワーユニット : 3.8L V型6気筒ツインターボエンジン
・トランスミッション : 6速DCT(デュアルクラッチトランスミッション)
・最高出力 : 419kW(570PS)
・最大トルク : 637N・m(65.0kgf・m)
・JC08モード燃費 : 8.8km/L
・価格 : 996万~1,870万円

ホンダ・NSX

・車両重量 : 1,780kg
・パワーユニット : 3.5L V型6気筒ツインターボエンジン+2つの電動モーター
・トランスミッション : 9速DCT
・システム最高出力 : 427kW(581PS)
・最大トルク : 646N・m(65.9kgf・m)
・JC08モード燃費 : 12.4km/L
・価格 : 2,370万円

【新型NSX vsGT-R】エクステリアデザインを比較!

ホンダ・NSXと日産・GT-R、どちらも実車を目の前にするとかなり個性的で目立つデザインです。
その迫力のあるスタイルは見るからに高性能な印象を与えます。

もちろん目立ちたい理由でスポーツカーを購入する人もいると思いますが、スポーツカーの特徴的なデザインには、その性能に裏付けされた理由があるのです。

ホンダ NSXのエクステリアデザイン

ホンダ NSX

ホンダ NSX

新型NSXのエクステリアは、デザインコンセプトとして、ローアンドワイドな造形により、スーパースポーツとハイパフォーマンス感を表現する所からスタートしました。

四隅にある大径タイヤが主張する骨格と、空力的な軽やかさ、機能的な造形を組み合わせたデザインとなっています。

最終段階では、アメリカのホンダが中心となって量販モデルのデザインを磨き込んでいきました。

日産 GT-Rのエクステリアデザイン

日産 GT-R

日産 GT-R

日産 GT-Rの場合、何といってもレースに勝つためのデザインがその基本になっています。

また、スカイラインGTの伝統である丸型4灯テールランプと、スカイライン2000GT-R以来の4座席を確保した2ドアクーペスタイルを継承しています。

スーパーカー並みのスペックと走行性能を誇りますが、最大で4名乗車が可能というのは便利ですね。

【新型NSX vsGT-R】スポーツ性能比較

新型のスポーツカーやスーパーカーが発表されると必ず話題になるのが「加速性能」と「最高速度」です。

そこでまずはホンダ・NSXと日産・GT-Rの「加速性能」を0-100km/hに到達するまでのタイムで比較してみたいと思います。

【新型NSX vsGT-R】加速性能の比較

ホンダ・NSX:3.0秒
日産・GT-R NISMO:2.7秒

0-100km/hの加速テストの結果は、路面状況や気温や車両のコンディションによりコンマ数秒の誤差がでてしまいます。またこの数値は、米国で計測されたため0-60 mph(0-96.6km/h)を0-100km/hと便宜的にみなしており若干の誤差が生じることがあります

普段公道を走っている大半の車は、0-100km/h加速で10秒以上です。ですので、ホンダ・NSXと日産・GT-Rはどちらも非常にハイパフォーマンスですが、加速性能においてはGT-Rに軍配が上がるようです。

【新型NSX vsGT-R】最高速度の比較

日産・GT-R NISMO:315km/h以上
ホンダ・NSX:308km/h

日産・GT-Rの最高速度は315kmと言われておりますが、米国のチューニング会社が1700hpにまでパワーアップした超ド級のパワーを持つGT-Rが、なんと最高速度402.23kmを達成したとのこと。

一方のホンダによると新型NSXは欧州仕様の場合、最高速がおよそ308km/hに到達する性能がある模様です。

最高速度においてもGT-Rの勝利、という結果になりました。

【新型NSX vsGT-R】サーキットでの比較

ホンダ・NSXと日産・GT-Rの「加速性能」と「最高速度」を比較すると、どちらも若干ですがGT-Rの方が優れているようにも見えてしまいます。そこでこの2台をサーキットに持ち込んで性能を比較してみるとどうなるのか、非常に興味のある所です。

米国のある自動車専門誌が、テクニカルなコーナリングが必要とされるサーキットで有名な米国カリフォルニア州「マツダ・レースウェイ・ラグナ・セカ」でタイムアタックを行った結果です。

ホンダ・NSX:1分36秒36
日産・GT-R:1分37秒08

この結果を見ていかがでしたでしょうか?このサーキットにおける性能比較ではNSXが僅差で勝利しています。
つまりスポーツ性能から比較すると、ホンダ・NSXと日産・GT-Rはどちらも甲乙つけがたい高いパフォーマンスを有していることが分かると思います。

加速性能や最高速度において上回るGT-Rですが、サーキットではNSXがわずかながら勝利しています。コーナリング性能や安定性で勝るということでしょう。

【新型NSX vsGT-R】乗り心地比較

日産 GT-Rの乗り心地は?

GTR乗り心地

一昔前のスポーツカーの乗り心地と言えば、それは無きも等しく腰痛持ちには乗れない車とも言われていました。
しかし最新のモデルは違います。

日産のエンジニアもGT-Rの開発には乗り心地を改善したと言っており、格段と乗り心地と静粛性が向上しています。
圧倒的な速さはそのままに、毎日使う足としても十分に使えるフレキシブルなスーパーカーになっています。

新型NSXの乗り心地は?

ホンダ NSX

一方のホンダ・NSXですが、そのアクティブダンパーシステムがもたらす乗り心地もこれまでのスポーツカーとは異なります。
大径スポーツタイヤを履いているにもかかわらず、終始フラットで段差越えや荒れた路面でも不快なショックや振動はほぼありません。

また、新型NSXには4つの走行モード(QUIET、SPORT、SPORT+、TRACK)があり、走行モードをクワイエット・モードにすると、静かで乗り心地の良いドライブが可能です。

【新型NSX vsGT-R】比較した総合結果は?

日産 GT-R

総合結果

この2台を比較して、決定的に違うのポイントはその価格です。

日産・GT-Rのエントリー価格は996万円で、最上級のハイパフォーマンスモデルであるNISMO仕様でも1, 870万円です。

これに対して、新型のホンダ・NSXは単一グレードのみの設定でその価格は2,370万円。オプションを装着すればさらに価格は上乗せされます。

もし、スポーツカーとしての性能が同等であるとすると、やはりホンダ・NSXは日産・GT-Rと比べると非常に高い値付けであると思われます。

こう考えると日産・GT-Rは相当お買い得なのかもしれませんが、スーパーカーは夢や見栄で買う場合もあると思われます。

ここは自分の価値観に合ったモデルを購入するのがベストな選択かと思われます。プレミアムで贅沢感をより与えてくれるのはNSX、ピュアスポーツカーとしての走行性能とコストパフォーマンスを兼ね備えているのがGT-Rなのではないでしょうか。

↓投票受付中!

スポーツカーに関するおすすめ記事!

関連キーワード
キーワードからまとめを探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーからまとめを探す