【裏技】アルミテープを車に貼るだけで燃費が激変|走りも良くなるその理由とは?

あのトヨタ自動車が、アルミテープを貼ると自動車の燃費が良くなる技術を発表しました。なんとアルミテープで操縦安定性と空力特性の向上に効果が見込めるとのこと。それも家庭にある一般的なアルミテープでも同じ効果が期待できる?!今すぐホームセンターに直行したくなる裏技です。

アルミテープで操縦安定性と燃費が向上

出典:http://minkara.carview.co.jp/

大手自動車メーカーのトヨタ自動車は、2ドアスポーツクーペ「86」の大幅マイナーチェンジに合わせて、低コストながら操縦安定性の向上に大きく貢献する新技術「放電用アルミテープ」を発表しました。

このアルミテープは市販されている一般的なアルミテープと基本的には同じものであり、これを車両のバンパーなどに装着すると低コストながら操縦安定性に大きく貢献するということなので、燃費の向上にも期待ができる新技術です。

今回、トヨタ自動車が発表したこの「放電用アルミテープ」は、同社の車両技術開発部の発案によるものであり、簡単に説明すると「車両の走行時に発生する静電気を逃がすことで、空気の流れを整えることで、車両が本来持つ性能を引き出す」とのこと。

トヨタ86についてはこちらの記事をチェック!

アルミテープが静電気を逃がす

もっと簡単に説明すると

出典:http://m.3m.com/

これをもう少し専門的な言葉で説明すると「車両と空気がプラスの静電気を帯びているため、走行時に空気の乱れが発生し車体の空力特性を十分に活かすことができなくなる。これをアルミテープが静電気を逃がすことで、車用が本来持っている性能を発揮させることが可能になる。」ということになります。

より専門的な説明では、この静電気による作用は「クーロン力」と呼ばれているようですが、とりあえず凡人の我々は難しい専門知識は必要としないので、「アルミ―テープで空力特性が改善する可能性があり」とだけ覚えておきましょう。つまり空力特性が改善すれば燃費向上に直結する可能性があります!

トヨタがアルミテープを正式に採用!

本当にそんな簡単に燃費が向上?

このアルミテープを開発したトヨタ自動車のエンジニアも「オカルト的」と言っておりますが、天下のトヨタ自動車が開発した技術であることは紛れもない事実です。

もちろん新型の「86」にも採用されている技術であり、国際特許も取得済み。ましては世界で一番コストに敏感な自動車メーカーであるトヨタ自動車が採用した技術です。

そして驚くことにこの技術は、既にレクサスや他のトヨタ車に採用されています。バンパーに貼ることで直進安定性が増すことが注目されトヨタのノアヴォクシーに2014年から採用され、現行のレクサス RXにも採用されています。

コストも耐久性も良い!

あのトヨタが採用したアルミテープ

トヨタ自動車は世界的に有名な「KAIZEN(改善)」活動を行うことで、量産車は1円でもコストを安くしたいと考えている企業です。そのトヨタ自動車が風洞実験やコンピューターシミュレーション、また実走行での検証をした上で採用した技術がこの「放電用アルミテープ」なのです。
そしてもっと驚くことにトヨタ自動車のエンジニアが「コストが安く、そして耐久性もあるというのがアルミテープ採用の決め手」と話している通り、「放電用アルミテープ」は一般的に家庭で使われているものと全く同じなのです。

アルミテープは本当に燃費向上に効果があるの?

「放電用アルミテープ」により操縦安定性が良くなる事で、アクセル操作を減らすことができれば必ず燃費が改善されます。また、静電気の放電により空力特性が改善されると、これも燃費の改善につながります。

科学的立証と効果検証がなければ、天下のトヨタ自動車が「放電用アルミテープ」採用するはずがありません。あなたはトヨタ自動車の技術を、それでもまだ信じられませんか?

アルミテープを信じるか信じないかはあなた次第!

出典:http://minkara.carview.co.jp/

トヨタ自動車は、このアルミテープをバンパーの裏、プロントガラス下部、ステアリングコラムの下部などに貼ることで空力特性と操縦安定性の改善に効果があるとしています。

このトヨタ自動車の最新技術と同じものが格安で手に入るなら、貴方はどうしますか?「放電用アルミテープ」は一般的な家庭用のアルミテープと同じもの。早速ホームセンターに直行したくなったのは私だけでしょうか?

自動車の豆知識や都市伝説に関するまとめ記事

トヨタの車種に関するおすすめの記事

関連キーワード
キーワードからまとめを探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーからまとめを探す