【小型特殊免許総まとめ】取得方法や費用から乗れる車や問題について

小型特殊免許について総まとめ!なんとなく農耕用の車両が思い浮かびますが、免許の区分や他にどんな車があるのか意外と知らないもの。そんな小型特殊免許で乗れる車から取得方法、費用について詳しく解説しています。学科試験の過去問題もご紹介!

小型特殊免許総まとめ!《目次》

・小型特殊免許とは
・小型特殊免許で運転できるのはどんな車?
・小型特殊免許の取得方法と費用は?
・小型特殊免許はどんな問題?
・小型特殊免許はニーズも特殊

小型特殊免許とは

小型特殊免許とは

小型特殊免許とは

皆さんも1度は「小型特殊自動車」という言葉を耳にしたことがあるのではないでしょうか。
「小特」などと省略して呼ばれることもありますね。

小型特殊免許とは、小型特殊自動車を公道で運転するために必要となる免許です。
ではこの「小型特殊自動車」とはどの様な車両をいうのでしょうか?

小型特殊自動車とは

小型特殊自動車は、特殊自動車のうち自動車の大きさが長さ4.70m以下、幅1.70m以下、高さ2.80m以下、最高速度15km/h以下であるものを指します。
ただし、農耕用の車両については最高速度が35km/h未満であれば大きさの制限はなく、いくら大きくても小型特殊自動車の扱いとなります。

小型特殊自動車を所有するには

車検は不要ですが、所有する場合には軽自動車税が課税されます。
また、公道を走る場合は農耕用車両を除いて自賠責保険への加入が必要となります。
(農耕用の車両は自賠責保険へ加入できないため不要)

ナンバープレートは緑色で、原付と同様に市町村の窓口で発行されます。

道路運送車両法施行規則 別表第一(小型特殊自動車の種別)

一 次に掲げる自動車であつて、自動車の大きさが長さ4.70m以下、幅1.70m以下、高さ2.80m以下に該当するもののうち最高速度15km/h以下のもの
 ショベル・ローダ、タイヤ・ローラ、ロード・ローラ、グレーダ、ロード・スタビライザ、スクレーパ、ロータリ除雪自動車、アスファルト・フィニッシャ、タイヤ・ドーザ、モータ・スイーパ、ダンパ、ホイール・ハンマ、ホイール・ブレーカ、フォーク・リフト、フォーク・ローダ、ホイール・クレーン、ストラドル・キャリヤ、ターレット式構内運搬自動車、自動車の車台が屈折して操向する構造の自動車、国土交通大臣の指定する構造のカタピラを有する自動車及び国土交通大臣の指定する特殊な構造を有する自動車
二 次に掲げる自動車であつて、最高速度35km/h未満のもの
 農耕トラクタ、農業用薬剤散布車、刈取脱穀作業車、田植機及び国土交通大臣の指定する農耕作業用自動車

出典:http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S26/S26F03901000074.html

小型特殊免許で運転できるのはどんな車?

小型特殊免許で運転できる車について、いくつか例を挙げてご紹介します。

農耕トラクタ

農耕トラクター

出典:https://www.jnouki.kubota.co.jp/product/tractor/newgranforce/index.html

普段最も目にする機会が多いのが、この農耕トラクタではないでしょうか。
田畑を耕すのに大活躍のトラクタも小型特殊自動車の1つです。

農業用運搬車

小型特殊免許で乗れる車-農業用運搬車

出典:http://www.goo-net.com/php/sales_records/detail.php?baitai=goo&area_cd=14&goo_car_id=700115715830150904001

小型特殊自動車というだけあって、自動車タイプも存在しま
す。

未舗装や勾配のきつい場所で使用されることを想定しているためか、軽トラックよりも太めのタイヤを装着して4輪駆動のものが多いようです。

ターレット式構内運搬自動車

出典:http://car.watch.impress.co.jp/img/car/docs/691/857/html/201.JPG.html

築地など卸売市場の映像でよく見かける車両で、「ターレ」などとも呼ばれています。

荷台に鮮魚や野菜を満載にして細い通路を軽快に走り抜けていく姿を見ると1度運転してみたくなりますが、その特殊な操作性から自由自在に走らせるには相当な慣れが必要であると言われています。

この他にも、道路運送車両法施行規則の別表第一に示されている様々な車両を運転することができます。

フォークリフトは小型特殊ではない

出典:http://www.toyota-lf.com/instruction/geneo/

フォークリフトとは、重い荷物を持ち上げ運搬、積み下ろしを行うための重機です。

サイズ感や見た目から、小型特殊免許で運転できるようにも思えますが、フォークリフトを運転するには専用の「フォークリフト技能講習修了証」を修了する必要があります。またこれは免許ではなく、「資格」に分類されます。

フォークリフトを公道で走行するには、走行させたいフォークリフトの大きさに準じて小型特殊免許、ないしは大型特殊免許が必要になります。

小型特殊免許の取得方法と費用は?

小型特殊免許の取得方法と費用

出典:https://www.npa.go.jp/annai/license_renewal/home.html

では、実際に小型特殊免許を取得するにはどのようにすればよいのでしょうか。

普通自動車の運転免許を取得する

普通自動車の免許をお持ちの方は、免許証の種類欄に「原付」の表示がなくても原付バイクに乗れることをご存じかと思います。
これは普通自動車免許が原付免許の上位免許に当たるため、下位の免許は改めて取得しなくてよいということです。

実は、原付免許を除く他の免許は全て小型特殊免許の上位免許となるので、普通自動車の免許を持っていれば小型特殊自動車も運転することができるのです。

学科試験を受験する

免許をまだ持っていない、あるいは原付免許しか持っていない方が小型特殊免許を取得するには、居住地を管轄する運転免許センターで学科試験を受験して合格する必要があります。
離島などでは警察署でも実施している場合があるようです。

満16歳以上になると受験資格があり、適性検査では視力が両目で0.5以上(片眼が見えない場合は他眼の視力が0.5以上で視野が左右150度以上)必要とされます。
試験時間は30分、問題数は50問で90%以上の正答率で合格となり、実技講習はありません。
取得にかかる費用は受験料1,500円+交付手数料2,050円、それに試験会場までの交通費などです。

ただ、小型特殊免許を受験するのは、それぞれの受験会場でも非常にレアなケースでしょう。
警察庁が公開している運転免許統計によると、平成27年の小型特殊免許の受験者数は1,006人、普通自動車が1,765,315人、原付でも213,326人と比較するといかに少ないかが分かります。

どうしても小型特殊免許を必要とする理由がない限り、全ての種類の免許の取得(いわゆるフルビット免許)を目指すのでもなければ他の上位免許を取得される方がほとんど、ということですね。

小型特殊免許はどんな問題?

勉強する人

ここでは、過去に小型特殊免許の学科試験で出題された問題を見てみましょう。
それぞれに回答も付けましたので、ぜひチャレンジしてみてください。

ほとんどは普通自動車や原付と同じ

出題のうち、8~9割は普通自動車や原付の学科試験で出題される法規と同じです。下記の例題を見てみましょう。

1.夜間は周囲が暗いこともあり、同じ速度であっても昼間より速く感じる。
2.横断歩道の近くに歩行者がいても、横断しないことが明らかならば一時停止しなくても良い。
3.赤信号が点滅している交差点では他の交通に注意し、徐行して通過することができる。
4.自分の車が追い越されようとしているときは速度を下げ、相手が追い越しやすいようにしなくてはならない。
5.前方を走行している自転車がふらふらしていたので、注意を促すため警音機を鳴らした。
6.信号機のある踏切では信号が青であれば一時停止をせずに進行しても構わない。
7.車通りの少ない見通しの利く道路で、他に車がいないことが明らかでも方向指示機は付けなくてはならない。
8.自分の車庫の前に自分の車を駐車しても駐車違反になる。
9.携帯電話を使用しながらの運転は思わぬ事故につながる危険性があるので、できるだけ避けるようにする。
10.大地震等でやむを得ず車を置いて避難する時は、道路の左側に寄せて停車し、エンジンを止めエンジンキーはつけたままにする。

出典:http://homepage2.nifty.com/tom76/kotoku/kotokumon1.html

解答は、1.× 2.○ 3.× 4.× 5.× 6.○ 7.○ 8.○ 9.× 10.○です。

改めて見てみると、意外に「あれっ、どうだったかな?」と思うものもあったのではないでしょうか。

小型特殊免許特有の問題

残りは小型特殊免許に特有の問題が出題されます。

11.普通二輪の免許では小型特殊自動車は運転することはできない。
12.小型特殊自動車の法定速度は原付と同じ時速30kmである。
13.小型特殊自動車免許を取得して1年以内は、二人乗り用の車両であっても二人乗り走行をしてはならない。
14.小型特殊自動車を運転する前、日常点検を必ず行わなくてはならない。
15.小型特殊自動車に荷物を積む場合、積荷の重さは500kgまで積むことができる。
16.交通整理の行われていない片側三車線以上ある道路では、小型特殊自動車は二段階右折をする必要はない。
17.小型特殊自動車は他の車を牽引することができない。
18.小型特殊自動車に運転者用以外の座席があった場合、そこに荷物を積んだりしてはいけない。
19.小型特殊自動車は高速自動車道路は通行することはできないが、自動車専用道路は通行することができる。
20.小型特殊自動車は、他の自動車同様に強制保険に加入しなくてはならない。

出典:http://homepage2.nifty.com/tom76/kotoku/kotokumon2.html

解答は、11.× 12.× 13.× 14.× 15.○ 16.○ 17.× 18.× 19.○ 20.○です。

普通自動車や原付と同じ問題だけでは合格は難しくなるので、受験する際はこの分野の理解も重要です。
ただ、小型特殊免許用の教本や問題集などはほとんど出回っていないので、ネット上の過去問題などで勉強するしかないのが現状です。

小型特殊免許はニーズも特殊

小型特殊免許は特殊なニーズ

今回の小型特殊免許に関する記事はいかがでしたでしょうか。

普段よく見かける車両からあまり馴染みのないものまで、特殊車両にも様々なものがあります。
用途も限定される小型特殊免許ですが、まだ免許をお持ちでない方はこれを機会にフルビット免許を目指してみるのも面白いかもしれません。

MOBYでは、免許についてのまとめ記事を他にもたくさん公開しています。
ぜひ併せてご覧いただき、正しい知識を復習してみてください。

自動車の免許に関する記事!

特殊な自動車に関する記事!

関連キーワード
キーワードからまとめを探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーからまとめを探す