初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

映画ナイトライダーのナイト2000が熱過ぎる!レプリカや中古車なら購入可能?

特撮テレビドラマ「ナイトライダー」の中で使われたナイト2000。そのカッコよさは当初放送されていたアメリカの枠に収まらず、世界各国で話題となりました。そのナイト2000がレプリカやカスタムモデルで蘇ります。中古モデルも含めて、ナイト2000の生い立ちやスペック、レプリカなど最新情報をお伝えします。

ナイトライダー・ナイト2000とはどんな車?

日本ではTV朝日系列で1987年から放映されたアメリカの特撮テレビドラマ「ナイトライダー」で、主人公の私立探偵機関の調査員、マイケル・ナイト(デビッド・ハッセルホフ)が操る「人間の言葉を話し特殊装備を搭載したドリーム・カー」がこの『ナイト2000』(Knight Industries Two Thousand、KITT)です。

映画化もされ当時絶大な人気で、カーマニアはこれを真似て改造する人も多く存在しました。ナイト2000は「ポンティアック・ファイヤーバード・トランザム(1982年型)」をベースに改造が施されました。



ナイト2000のベースとなったポンティアック・トランザム

これがベースになったポンティアック ファイアーバード トランザム 1982年式です。ゼネラルモータズが生産したスポーツカーで、ポンティアック・ファイヤーバードの最上級モデルにあたります。

シボレー・カマロとは姉妹車にあたり、共通のGM製プラットフォームを採用しています。

ナイト2000 本物もオークションで買える?

ナイトライダーに登場するKITT Car

出典:©Shutterstock.com/EvrenKalinbacak

2007年の中古販売車両は、走行距離は2393マイル(約3,800km)で、価格は14万9995ドル(約1,800万円)。2015年のオークションに出品されたものは、落札予想価格20万~30万ドル(約2400~3600万円)とされていましたが、結果は確認できていません。

ナイト2000 デロリアン・モーター・カンパニーがレプリカを販売

Knight2000Gs

遂に発売。完全受注生産。#Knight2000Gs #kitt #deloreanmotercompany

YAMA KENさん(@yamaken1013)が投稿した写真 -


デロリアン・モーター・カンパニーから販売しているKnight2000Gs (ガソリン車)の価格は8,800,000円です。
また、電気自動車版のKnight2000Gsも販売しており、その価格は12,190,000円です。

ナイト3000

日本ではナイトライダー NEXTとして、2012年に放映され、最新テクノロジーを搭載した「ナイト3000」のレプリカです。

米国フォード社生産の「マスタング・シェルビーGT500KR」をベースにナイト3000仕様に改造したもので、価格は11,300,000円です。

ナイト2000 日本でもレプリカを製造・販売!

日本では株式会社 Ten-One コーポレーションがレプリカの製造・販売を手掛けています。

番組内でのナイト2000の性能・特殊技能

kittカー ナイトライダー ナイト2000

出典:©iStockphoto.com/br-photo

ナイト2000の走行性能・装置

パワーブースター搭載で、完全に静止した状態から0.2秒で時速100km/hに達します。
また、ターボブーストも搭載されており、車体のジャンプが可能になっています。
スキーモードでは片輪走行が可能になり、水上シンセサイザー(水上走行装置)も搭載されています。

ナイト2000の防御装備

車体後部から発射するものとして、オイルを散布するオイルスリック、煙幕を発生させるスモークリリース、催涙ガスを発射するティアーガスがあります。
また、電子機器の妨害を行うマイクロジャム、ハンドル・車輪・爆発物のタイマーをロックするマイクロロックが搭載されています。

ナイト2000の攻撃装備

レトロロケット、火炎放射、ウルトラマグネシウム(火炎放射の進化版)、レーザーが搭載されています。

ナイト2000の緊急脱出装備

対象物にアンカーを打ち込むグラップリングフック、ピックアップトラックに搭載されているものと同じウィンチがあります。
また、乗員の安全確保のために、自動開閉のオートルーフとオートドア、車内からドライバーを強制的に社外へ放出するシートイジェクトがあります。

ナイト2000の運転者補助機能

ノーマルクルーズ(ドライバーが運転する)と、ナイト2000をK.I.T.T.が操縦するオートクルーズがあります。

ナイト2000の便利機能と安全装置

瞬時に速度を上げる追跡モード、障害物を回避する自動衝突回避装置、危険を察知し知らせてくれるセキュリティアラート、半径内の状況を検知するレーダーや赤外線追跡スコープ、半径60m内で起きている不審な活動を検知する監視モードがあります。

また、ビデオ再生機能や自動車電話、プリンター、ライセンスプレート偽装機能、アナライザーがついています。さらに、エンジン音を消すサイレントモードも搭載されています。

ナイト2000のその他の機能

血液解析装置、メディカル分析装置、自己診断機能、酸素供給孔、二酸化炭素による消火機能、超音波で動物を誘う機能、録音した会話から言葉をサンプリングし作文する機能、他人の声を模写するボイスシンセサイザー機能、車高調節装置などがあります。
マイクロジャムと各種解析能力は、マイケルが腕に嵌めている腕時計型ツール「コムリンク」(Communication-Linkage)によってリモートでも活用可能です。

ナイト2000 過去の未来のクルマが現実に!

ナイトライダー ナイト2000

人工知能、自動運転、デジタル通信など現代においては当たり前のように採用されています。
時代の最先端を取り入れていたナイト2000。

その装備1つ1つが現実のものとなり、いつの日か番組内のナイト2000のような戦闘車両も現実になるのではないでしょうか。

映画に登場する車に関連する記事

アメ車に関するおすすめ記事

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す