ダブルウィッシュボーンとは?ミニバンにも採用?特徴や構造と採用車種をご紹介!

サスペンションの一つの形式であるダブルウィッシュボーン。 今まで採用されていなかった車種にも採用されると話題になったりもします。 どのような車に採用され、どうような特徴があるのでしょうか?ここでは構造の説明や、実際の採用車種などと合わせてご紹介します。

ダブルウィッシュボーンの特徴とは?

ダブルウィッシュボーン

出典:http://carview.yahoo.co.jp/

ダブルウィッシュボーンは、サスペンションの一つの形式です。
サスペンションには大きく分けると、車軸懸架式(リジットアスクル式)と、独立懸架式(インディペンデント式)があり、ダブルウィッシュボーン式のサスペンションは独立懸架式のうちの一つの形式です。まずはこの二つの違いを見てみましょう。

独立懸架式(インディペンデント式)とは?

車軸懸架式(リジットアスクル式)は、左右の軸が1本の軸でつながって連動するものです。

それに対して、独立懸架式は左右軸が独立して動くことができます。
例えば 、左右の片輪だけ落ちた状態でも、反対側には影響が出ないということになります。
そのため、独立懸架式の方が性能の高いサスペンションを作りやすいと言われています。

↓リジットアスクル式

リジットアスクル式

出典:http://minkara.carview.co.jp/

ダブルウィッシュボーン式の構造とは?

その独立懸架式にもさまざまな形式があり、ダブルウィッシュボーンもそのうちの一つです。
(他にマクファーソンストラット式、マルチリンク式など)

ダブルウィッシュボーンは、車軸をアッパーアームとロアアームの2本で支えています。
そのため、マクファーソンストラット式などに比べると、対抗できる力が増え、さらに2本のアームの付け方などを変えて車軸の動きが異なるサスペンションにすることもできます。
しかし、コストや必要なスペースが大きくなりという問題 もあります。

ダブルウィッシュボーン式のメリット・デメリットは?

ダブルウィッシュボーン式は、前述したように基本的に性能のいいサスペンションで、走行時、タイヤの上下を最小限に抑え、路面とタイヤをしっかりとグリップします。

サスペンションの性能の良さはそのまま、ハンドリングの良さ、乗り心地、安定性にも直結するのです。
この点はダブルウィッシュボーンの大きなメリットと言えます。

ただ、デメリットとしては高コストで比較的大きな車体でなければ採用できないため、軽自動車やコンパクトカー、価格を安く抑えたい車種には基本的には採用できません。
そのため、ワンランク上の高価サスペンションと言えるでしょう。

ダブルウィッシュボーンの名前の由来

ちなみに、鳥の胸にある骨のことを「ウィッシュボーン」というそうです。
2本のアームがA字(V字)になっていて、この骨の形に似ているのでこの名前が付いたそうです!

ダブルウィッシュボーンの採用車種は?

採用車種は高級車がほとんど

コストが高くなることから、スポーツカーや中型クラス以上の車に採用されることが多いダブルウィッシュボーン。
基本的には、いわゆる高級車、もしくは高級感を出したい車種に搭載されてます。
トヨタを例に、実際にどのような車種に採用されているのか見てみましょう!
トヨタの車だとマークX、SAI、クラウン、86(ハチロク)などで以前から採用されていました。
また、プリウスでは2015年発売の4代目から採用されるようになりました。

新型プリウスにも採用したということは、プリウスも一段上のクラスの乗り心地を目指したということでしょう。

↓こちらはクラウン

クラウン

出典:https://gazoo.com/

その他のダブルウィッシュボーンの採用車種

他のメーカーに目を向けてみますと、インプレッサ、レヴォーグ、レガシィ(スバル)、スカイライン(日産)、ジェイド(ホンダ)などにも採用されています。
やはりダブルウィッシュボーンの採用車種は、基本的には、スポーツカーや高級ラインが多いですね。

↓新型インプレッサにもダブルウィッシュボーン搭載
200万円を切る新型インプレッサにもダブルウィッシュボーンを採用している点を見ると、スバルのインプレッサへの注力ぶりが伺えます。

インプレッサ

出典:http://gazoo.com/

ダブルウィッシュボーンはミニバンにも採用?

主に高級ミニバンに

それではミニバンにダブルウィッシュボーンを採用するということは、どういうことでしょう?
乗り心地に影響することから、トヨタでは高級セダンに採用されることは多かったものの、室内空間を犠牲にすることから、ミニバンに採用されることはほとんどありませんでした。

しかし、アルファード/ヴェルファイアでも2015年発売の3代目から採用されはじめました。

ダブルウィッシュボーンを採用したということは、それだけ走行安定性と快適な乗り心地を目指した結果だということでしょう。
そのため、新型のアルファード/ヴェルファイアがダブルウィッシュボーン式となったことは画期的とも言えます。トヨタとしても、この2車種はただのミニバンではなく「大空間高級サルーン」と位置付けていることからも採用した理由がうかがえます。

↓新型アルファード

新型アルファード

出典:http://carview.yahoo.co.jp/

↓新型ヴェルファイア

新型ヴェルファイア

出典:http://carview.yahoo.co.jp/

ダブルウィッシュボーンは車を選ぶ際の基準にも

↓新型プリウス

新型プリウス

出典:https://gazoo.com/

ダブルウィッシュボーンの特徴や構造、採用車種についてご紹介して来ましたが、ダブルウィッシュボーンについてお分かりいたたけましたでしょうか。
同クラスの車同士でも採用している場合としない場合があったり、モデルチェンジなどで新しく採用された場合などには、その車に対するメーカーの力の入れ具合が分かりますね。

ダブルウィッシュボーンは、ハンドリング性能、安定性、乗り心地にも関係しますので、車を選ぶ際のポイントにもしてみてください。

ダブルウィッシュボーンが採用されやすい高級車に関連するおすすめの記事

車の仕組みや構造に関連するおすすめの記事

関連キーワード
キーワードからまとめを探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーからまとめを探す