コンフォートタイヤとは?ミニバンやSUVに最適?乗り心地やコスパは?

コンフォートタイヤは走行中の快適性や静粛性を求めたい方にぴったりのタイヤです。通常のタイヤよりオールラウンドに優れたタイヤなので、ちょっと予算をかけてでもワンランク上のタイヤにしたいという方に最適です。

コンフォートタイヤとは?

コンフォートタイヤって何?

出典:http://zeta-tyres.jp/

コンフォートタイヤとは、長時間走行していても乗り手に不快感を与えない乗り心地の良さが売りのタイヤです。
標準のタイヤに比べて溝のパターンを複雑にすることで、路面から伝わる音や震動の低減を目的としています。

「コンフォート」とは「快適・安心」を意味しており、メーカーによってはツーリングタイヤと呼ぶところもあります。
大抵のコンフォートタイヤは回転方向が指定されているため、通常は前後左右に行なうタイヤローテーションを前後だけで行います。
回転方向はタイヤ自体に矢印マークで示されているため、タイヤをよく確認すれば自然と気づくでしょう。

コンフォートタイヤを他のタイヤと比較していいところは?

コンフォートタイヤと普通のタイヤを比較してみた

出典:https://www.youtube.com/

値段が高いものから安いものまであるのがタイヤ選びの難しいところです。
他の安いタイヤと何が違うの?と疑問に思う方も多いと思います。
ということで、他のタイヤと比較してわかるコンフォートタイヤのいいところをまとめました。

万能のコンフォートタイヤ

コンフォートタイヤという名称の都合上、いかにも「快適・安全」だけに特化したタイヤに思われがちです。

実は標準的なタイヤに比べるとワンランク上を目指した万能のタイヤなのです。
標準のタイヤよりあらゆる面で優れているだけでなく、特に快適性や静粛性に優れたタイヤだと言えます。

ワンランク上の乗り心地

タイヤには、乗り心地、静粛性、ウェット性能、グリップ、耐久性などの能力が求められます。
必要最低限で満足せず、更に上の性能を目指したものなので、通常のラジアルタイヤと比べると明らかな違いを感じることでしょう。

そのため、タイヤの性能という面では十分満足のいくものだと考えられます。

コンフォートタイヤの評価

コンフォートタイヤの評価とは

出典:https://www.youtube.com/

BMWやベンツなど比較的スピードが出る高級車などで、純正として扱われているケースが多いことからも特別なタイヤだとわかります。
路面が濡れた状態のウェット性能なら、スポーツタイヤにも引けをとりません。
ただし、タイヤに負荷をかけるスポーツ走行においては、元々その状況を想定して作られているスポーツタイヤに比べると熱に弱く、耐久性ではさすがに劣っています。

運動性はスポーツタイヤが上

運動性と快適性はどちらもタイヤに求められるものです。
しかし、この二つの性能は対極に位置するため、どちらを重視するかによってコンフォートタイヤとスポーツタイヤにカテゴリー分けされています。

純粋に走りを楽しみたいのなら運動性に特化したスポーツタイヤを選びましょう。

コンフォートタイヤの欠点

欠点としては、通常のラジアルタイヤに比べると性能がいい分やはり値段が上がってしまうのが大きなネックです。

また、オールラウンドに優れているものの、メーカーによって魅力のある性能はややばらつきがあります。
こだわりたい人には悩ましい選択を強いられることになるかもしれません。

また、オールラウンドと言っても、雪道での走行などは得意ではありません。
そういった場合にはスタッドレスタイヤなどを利用することをおすすめします。

コンフォートタイヤをミニバンやSUVに使うときの相性は

出典:http://www.michelin.co.jp/

ミニバンやSUVなど、車重の大きい車両というのは制動距離が長くなります。
特にミニバンは重心が高いため、コーナーリングで外側のタイヤに負担がかかりやすいことも。
家族など数人で乗るミニバンやスポーツ多目的車であるSUVについて考えると、通常よりもいいタイヤを考えたいところです。

というのも、乗り手の快適性や安全面を配慮したいからです。
そういう意味では、ミニバンやSUVにコンフォートタイヤは最適であると言えます。

楽しいドライブや旅行に快適かつ安全に出かけるには、影の立役者になるかもしれません。

コンフォートタイヤの乗り心地は?

コンフォートタイヤのいいところは、静粛性、快適性に優れていることです。
乗り心地に影響を与えるものは主にシート、車を支えるサスペンション、そして地面に接しているタイヤです。

コンフォートタイヤは地面から伝わる騒音や振動を抑えることを目的としています。
通常のラジアルタイヤと比べると、違いが歴然としているという意見もあるので、やはり乗り心地は抜群であると言えます。

高速道路を長時間走行していると道路から伝わる騒音が気になることがあります。
また、車内で音楽を楽しみたいなど、なるべく静かな環境を重視したい人にとってもまさにぴったりでしょう。

コンフォートタイヤのコスパは?

コンフォートタイヤのコスパとは

出典:http://minkara.carview.co.jp/

では、コンフォートタイヤのコストパフォーマンスはどうなのでしょうか。

単純な経済性という意味では燃費性能や耐摩耗性に優れるエコタイヤが上でしょう。
コンフォートタイヤの場合、静粛性、乗り心地というサービス性に対してお金を支払っていると言えます。
コンフォートタイヤがコスパに優れているかどうかは、サービスに対してどこまでお金を支払うことができるかと考えることに似ています。

例えば、単純に速く走ることが好きな人にとってはスポーツタイヤは高くても買う価値があると判断するでしょう。
自分の目的に合っている価値が提供されているからです。

コンフォートタイヤのコスパも、目的に合った価値が提供されているかどうかで判断できるのではないでしょうか。

コンフォートタイヤは誰かを乗せているときこそがいい

ツーリングにはコンフォートタイヤ

コンフォートタイヤのSUVやミニバンへの利用を提案と乗り心地やコスパの解説はいかがでしたか。
一人で車に乗っているなら、快適性も静粛性も我慢してしまえば済んでしまうこともあります。

しかし、同乗者がいる場合はそうもいきません。
誰かを乗せているときこそ、コンフォートタイヤの真価が発揮されるのです。
ミニバンやSUVにしても、そういう機会が比較的多いでしょう。
同乗者が「静かだね」「快適だね」と口にしたとき、コンフォートタイヤにしてよかったと実感できるのではないでしょうか。

タイヤに関連するまとめ記事