交通刑務所の生活は出入り自由?死亡事故での刑期や所在地についても

車を運転する限り、自分が加害者になってしまう可能性はゼロではありません。もしも刑に服することになったら交通刑務所に収容されるの?交通刑務所で何年服役する?交通刑務所での生活は?様々な疑問に答え、交通刑務所の実態に迫ります。

交通刑務所とは?所在地は?

加古川刑務所(兵庫県)

出典:http://www.moj.go.jp/

誰だって事故を起こそうと思って起こしている人はいません。しかし、ほんの少しの油断や判断ミスによって重大事故を起こしてしまうこともあります。

そういった事故を起こしてしまい、交通に関わる犯罪を犯した人が収容されるという施設が「交通刑務所」です。

「交通刑務所」と呼ばれている施設は全国に2カ所しかありません。「交通刑務所」というのは正式な名称ではなく、あくまで通称となります。

交通刑務所の所在地とその特徴について見ていきましょう。

交通刑務所の所在地は?

交通刑務所の一つである市原刑務所

出典:http://www.moj.go.jp/

「交通刑務所」と呼ばれ、交通事故を犯した人が収容されている施設は千葉県の「市原刑務所」と兵庫県の「加古川刑務所」の2カ所となります。

市原刑務所は交通違反者を専門に受け入れる刑務所として知られています。

加古川刑務所は交通違反者だけでなく、犯罪傾向が低く、刑期の短い受刑者も収容されています。

■市原刑務所
〒290-0204 千葉県市原市磯ヶ谷11-1
収容定員:463人

■加古川刑務所
〒675-0061 兵庫県加古川市加古川町大野1530
収容定員:1,281人(交通区の定員は120人)

交通事故などを犯した人を収容するのが交通刑務所

交通刑務所内にあるつぐないの碑

出典:http://www.moj.go.jp/

交通刑務所では主に死亡事故、ひき逃げ、飲酒運転、無免許運転などによって実刑判決を受けた交通事故犯が収容されます。交通事故犯だけではなく、一般受刑者も収容される事もあります。

千葉県の市原刑務所では「つぐないの碑」が設立され、受刑者は毎日この碑文を唱和することで社会復帰を目指します。

死亡事故を起こした時の交通刑務所での刑期は何年?

もしも過失によって交通事故を起こしてしまい、仮に死亡してしまう事故になってしまったとしても、懲役刑になる事は少ないそうです。

人身事故の90%以上は罰金刑の処罰で、懲役や禁固刑を受けたとしても実刑を受ける人は正式な裁判を受けた人の3割と言われます。

そのため前科がなく、被害者との間で示談が成立している場合は執行猶予判決がつく事が一般的だと言われます。

しかし被害者から厳罰を望むといった上申書が出た場合はこの限りではありませんので、注意をしておく必要があります。

交通刑務所に収容されるケースと年数は?

ではどういった人が懲役を受けるのでしょうか。
例えば故意に人をひいた場合、ひき逃げや度重なる無免許運転など、悪質な事故を起こした場合。
こういった場合は実刑判決が言い渡される事が多いと言われます。

最近では飲酒運転での摘発も多く、飲酒運転での事故は最長で20年の懲役になる事もあります。

ただし、多くの場合は交通刑務所での刑期は1〜2年程度というのが一般的で、上記のような20年という長い期間の懲役の場合、一般の刑務所に入るというケースが多いようです。

全ての人が交通刑務所に収容される訳ではない

全員が交通刑務所に入るわけではない

上記で紹介したように、現在では交通刑務所として存在している施設は全国に2カ所のみです。
そのため心身に障害がない、前科がないといった条件によって通常の刑務所で服役する事も多いそうです。

もちろんその際に、自分の希望を聞いてもらえるという事はまずないでしょう。また年齢が20〜25歳くらいの場合、少年刑務所での服役もあると言われます。

交通刑務所ではなく一般の刑務所に収容の場合も

交通刑務所の独房内のイメージ

近年は飲酒運転での事故が多く報道されています。そういった犯罪の増加傾向から、交通刑務所の収容者数を上回ってしまい、一般の刑務所に収容されるケースも多いと言われます。

誰もが悲しむ事故を防ぐためには、日頃からの安全運転に対する心がけが重要なものとなります。

交通刑務所での生活はどんなもの?

一般の刑務所よりも自由?

交通刑務所の内部のイメージ

交通刑務所では刑期が進み、残りの刑期が短くなったり、模範的な行動をしている場合、刑務所内での出入りが自由になります。

交通事故は偶然に起こってしまうことが多く、一般の犯罪に比べて再犯率が低いとされています。
そのため、待遇や環境が他の刑務所に比べて緩やかだという特徴があります。

一般の刑務所では行動が規則によって縛られ、自由がほとんどない場合が多いそうですが、交通刑務所では自主的、自律的な生活に重点を置いていると言われます。

例えば刑務所内での細かいルールは、受刑者同士での話し合いによって決定するなど、受刑者の自主性に任せた生活を送るそうです。

交通刑務所内での出入りは比較的自由

通常の刑務所に収容された場合、房の出入り口には鍵がかけられているのが普通です。

交通刑務所の場合、残りの刑期が短く、問題行動を起こさない模範囚については、房に鍵がなく、トイレなどで出入りをするのも自由であることが多いようです。

通常のイメージの刑務所とくらべると格段の自由度だといえます。ただし、他室への訪問は厳禁となっています。

交通刑務所では鉄格子も緩い

交通刑務所は通常の刑務所よりも緩やか

交通事故犯は計画性のある犯行が少ないと言われます。そのため、脱獄や再犯が低いという観点から、必要最小限の拘束に留めている場合がほとんどです。

テレビで見るような完全な「檻」といった印象は薄く、部屋に鍵もついていないと言われます。交通刑務所では施設の事を「寮」と言う事もあるそうですので、刑務所に比べると比較的、自由度は高いという印象を受けます。

出入り自由になるのは4段階中3段階目以降

交通刑務所では4段階に分けた教育が行われる

出典:http://bylines.news.yahoo.co.jp/

交通刑務所に収容されると、4つの段階を経て教育が行われます。最初は独房内で鍵がかけられた状態で過ごし、反省文を書くといった事から始まり、徐々に自由度が増していく仕組みになっているそうです。

■交通刑務所の4段階の寮
1. 新入寮
2. 準開放寮
3. 開放寮
4. 希望寮

最初は鉄格子や鍵のついた独居房に入ることになりますが、鉄格子が無くなり、出入りが自由になるのは3段階目の「開放寮」からになります。

ただし、 開放寮や希望寮にいる間に問題行動を起こしてしまったり、取り調べなどを受けることになったりすると、また新入寮からやり直し、ということになるようです。

交通刑務所内で仮免許まで取得できる

交通刑務所内で仮免許を取得できる

意外に思う人も多いでしょうが、何と交通刑務所で仮免許まで取得できるそうです。重大事故を起こしてしまった人の多くは免許証が剥奪されています。

そのため刑務所内に設けられた教習コースで仮免許まで取得できると言われます。

安全運転を心がけましょう

交通事故は悲しみを生む

交通刑務所の所在地や刑務所内での生活について紹介しました。
交通刑務所内での生活は、鉄格子や鍵がなく出入りが自由であるなど、通常の刑務所よりも自由度が高いことが特徴です。

ですが、交通刑務所に入るような事故や違反はたくさんの人を悲しませるものだということをしっかり意識する必要があります。

車を運転する以上は、自分が加害者になる事もあるという自覚を持って、常に安全運転を心がける事が大切です。

MOBYでは、他にも交通事故に関する記事があります。日ごろからつい油断してしまいがちですが、常に交通事故が起こる危険性を頭に入れておくため、ぜひ他の記事も読んでみてください。

交通事故に関連する記事

関連キーワード
キーワードからまとめを探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーからまとめを探す