富士急ハイランド入場料金 割引クーポンまとめ&富士山周辺グルメ情報

富士急ハイランドは日本でも有数の総合アミューズメントパーク!特に「FUJIYAMA」「ドドンパ」と言った絶叫マシンは、他の追随を許さないレベル。家族連れでも楽しめるアトラクションもたくさんあります。老若男女問わず、一日中楽しめる富士急ハイランドの入場料金がお得になるクーポンをゲットしましょう!富士山周辺のグルメ情報も併せてご紹介!

家族全員で楽しめる富士急ハイランドに行こう!

富士急ハイランド

出典:https://www.fujiq.jp/

富士急ハイランドといえば、日本でも有数の遊園地。
絶叫マシンが充実していることで有名ですね。

「FUJIYAMA」「ええじゃないか」「ドドンパ」「高飛車」の四大ジェットコースターの迫力とスピードは日本でも随一と言われています。

富士急ハイランドは絶叫系だけじゃない!

絶叫マシンだけでなく、子どもでも楽しめるようなアトラクションが多いというのも特徴です。

特に子どもの大好きな「とっとこハム太郎」や「きかんしゃトーマス」「かいけつゾロリ」のアトラクションがあり、カップルから家族連れまで、あらゆる年代の人に人気があるのが富士急ハイランドの特徴です。

過去には戦国BASARA、ドラえもん、機動戦士ガンダムなどの期間限定アトラクションがありました。いつ行っても新しい楽しみ方が出来るのもうれしいですね。

富士急ハイランドの前身はスケートリンクだった!

今ではコンテンツの充実した遊園地ですが、その前身は「富士五湖国際スケートセンター」でした。今でも冬季限定のスケートリンクが残るのがその名残です。

今ではホテルや美術館なども併設され、総合アミューズメントパークとして高い人気を誇っています。

富士急ハイランドの入場料金は?

富士急ハイランドの入場料金は?

出典:https://www.fujiq.jp/

富士急ハイランドの入場料金は「入場料」+「各アトラクション料金」になっています。

フリーパスで入場する方が比較的多いようですね。夜だけ使えるナイトフリーパスや、二日間有効のフリーパス、年間フリーパスなども存在します。

自分の行く時間帯や頻度などに応じて選べるのが魅力ですね。

富士急ハイランドの入園料

大人(18歳以上):1,500円
中高生(12〜17歳):1,500円
小人(3歳〜小学生):900円

上記は入園料のみの料金です。
アトラクションに乗るためには、各アトラクション料金を支払う必要があります。4大コースターが各1,000円、それ以外のアトラクションは1,000円未満となります。

各アトラクションの料金はWebサイトのアトラクションのページに記載されています。

富士急ハイランドのオトクなフリーパス

■フリーパス(1日)
大人(18歳以上):5,700円
中高生(12〜17歳):5,200円
小人(3歳〜小学生):4,300円

こちらは入園料とアトラクション乗り放題のチケットです。一日中楽しみたいという人には絶対にオトクなチケットです。

入園料(1,500円)とFUJIYAMA、ドドンパ、高飛車、ええじゃないかの4つ(各1,000円)に乗ると5500円になりますから、それだけでもとが取れる計算になります。

■フリーパス(2日間)
大人(18歳以上):9,300円
中高生(12〜17歳):8,400円
小人(3歳〜小学生):7,200円

■ナイトフリーパス(15時より)
大人(18歳以上):3,400円
中高生(12〜17歳):3,200円
小人(3歳〜小学生):2,900円

ナイトフリーパスは、18時以降に閉園する日のみ販売されるフリーパスです。
夕方からでもたっぷり遊びたい!という人にはオススメのチケットです。

年間フリーパスの料金がオトク!

■年間フリーパス
大人(18歳以上):50,000円
中高生(12〜17歳):45,000円
小人(3歳〜小学生):37,000円

富士急ハイランドは何度でも行きたい魅力を持った遊園地です。特に絶叫マシンが大好きな人の中には、毎月でも行きたい!という人もいるでしょう。

そういう場合は年間フリーパスがオススメ。
一年に9回以上行けば、毎回フリーパスを買うよりもオトクになります。

富士急ハイランドの前売り券をゲットしよう!

入場料金が割引になる!

富士急ハイランドの入場料金が割引になるクーポンをゲット

出典:http://billion-log.com/

老若男女楽しめる富士急ハイランド。どうせならお得に楽しみたいですよね。
富士急ハイランドの料金が割引になるクーポンや前売り券の情報をしっかりチェックしてしまいましょう!

意外と簡単な方法で料金が安くなりますから、利用しない手はないですよ!

富士急ハイランド公式Webサイトから割引クーポンゲット

富士急ハイランドの公式Webサイトから、割引クーポンがゲット出来ます。
プリントアウトして入園窓口で提出すればOK!

大人(18歳以上):5,300円(通常価格5,700円)
中高生(12〜17歳):4,900円(通常価格5,200円)
小人(3歳〜小学生):4,100円(通常価格4,300円)

また、富士急ハイランドの公式Webサイトで料金がお得になるWebチケットを買うことも出来ます。

大人(18歳以上):5,300円(通常価格5,700円)
中高生(12〜17歳):4,900円(通常価格5,200円)
小人(3歳〜小学生):4,100円(通常価格4,300円)

「CLUB フジQ」会員でお得に入場!

富士急ハイランドの会員サービス「CLUB フジQ」に登録すると、割引価格でフリーパスを購入することが出来ます。

大人(18歳以上):5,100円(通常価格5,700円)
中高生(12〜17歳):4,600円(通常価格5,200円)
小人(3歳〜小学生):3,900円(通常価格4,300円)

富士急ハイランドのスマホアプリで割引クーポンをゲット!

iOSやandroidのスマホで、富士急ハイランドのスマホアプリをゲットしましょう!

このアプリでゲット出来る割引クーポンは、大人であれば600円引き。最大の割引額である「CLUB フジQ」と同じ料金でフリーパスがゲット出来るのです。
会員登録がいらないというのはお手軽ですね。

また、アトラクションの待ち時間なども調べることが出来るので、富士急ハイランドに行くときには必須のアプリですよ。

大人(18歳以上):5,100円(通常価格5,700円)
中高生(12〜17歳):4,600円(通常価格5,200円)
小人(3歳〜小学生):3,900円(通常価格4,300円)

JAF会員証を見せるだけで割引に!

入場窓口でJAFの会員証を見せると、その場でフリーパスの料金が割引になります。
割引後の価格はJTBレジャーチケットでの割引や公式WEBサイトでの割引クーポン、前売り券と同じになります。

大人(18歳以上):5,300円(通常価格5,700円)
中高生(12〜17歳):4,900円(通常価格5,200円)
小人(3歳〜小学生):4,100円(通常価格4,300円)

コンビニでJTBレジャーチケットを購入

コンビニの情報端末やマルチコピー機から、割引価格でフリーパスを購入することが出来ます。
価格は公式サイトのWEBチケットと同じです。

大人(18歳以上):5,300円(通常価格5,700円)
中高生(12〜17歳):4,900円(通常価格5,200円)
小人(3歳〜小学生):4,100円(通常価格4,300円)

※購入できるコンビニはローソン、ファミリーマート、セブンイレブン、サークルKサンクスなどです。

会員制優待サービス「デイリーPlus」を使う!

Yahoo!Japanの運営する会員制優待サービス「デイリーPlus」で、割引クーポンをゲットすることができます。

■レギュラープラン
フリーパスが大人400円引き、中高生300円引き、子ども200円引きになるクーポンです。
スマホからでも入手できるのがいいですね。

■Web限定「入園+乗り物3回券」
入園料と乗り物に3回乗れるチケットのセットです。

大人(中学生以上):1,900円(通常価格4,500円)
子ども(3歳から小学生):1,600円(通常価格3,900円)

JR新宿駅発着「富士急ハイランドへの旅」

JRと富士急行の往復運賃と、富士急ハイランドのフリーパスがセットになったプランです。
JRの「えきねっと」で購入することが出来ます。

快速・普通列車使用:6,900円
特急列車使用:8,700円〜10,400円(時期によって異なります)

富士急行「富士急ハイランドセット券」

富士急行各駅から富士急ハイランドまでの往復運賃と、富士急ハイランドのフリーパスのセット券です。富士急行線の富士急ハイランド駅以外の全ての駅で購入することが出来ます。

大人:5,200円〜6,000円
中高生:4,900円〜5,300円
小人:3,900円〜4,100円

富士急ハイランドの営業時間は?

富士急ハイランドの基本的な営業時間は以下のようになります。

平日:9:00〜19:00
土日祝:9:00~20:00

ただし、朝7時から営業している日や22時まで営業している日もあります。
また、休園日が不定期なので、公式Webサイトの「営業カレンダー&運行情報」を確認するようにすると良いでしょう。

富士急ハイランドへのアクセスは?

富士急ハイランドは富士山のふもとにあります。車や電車はもちろん、富士急ハイランド行きのバス便も充実しています。首都圏からのアクセスの良さも人気の秘密の一つですね。

アクセス方法をしっかりと確認しておけば、当日も不安なく楽しむことができますね。

富士急ハイランドへの車でのアクセス

車を使用して行く場合は中央自動車道を使う方法と、東名高速道路を使う方法の二通りがあります。

駐車料金:普通車は1,500円(バスは2,500円、バイクは無料)

■中央自動車道経由

富士急ハイランド アクセス

出典:https://www.fujiq.jp/

中央自動車道・大月ジャンクション〜河口湖インターチェンジ
河口湖インターチェンジを降りるとすぐに富士急ハイランドに到着します。

■東名高速道路経由

出典:https://www.fujiq.jp/

東名高速道路・御殿場インターチェンジ〜国道138号線〜東富士五湖道路須走インターチェンジ〜富士吉田インターチェンジ
富士吉田インターチェンジを降りるとすぐに富士急ハイランドに到着します。

富士急ハイランドへのバスでのアクセス

出典:https://www.fujiq.jp/

各地から高速バスが運行しています。
また、三島、御殿場、交付、塩山の各駅から「第2入園口」行きの富士急バスが運行しています。

高速バスは東京都内各地(新宿、日野、八王子、渋谷、二子玉川、池袋、町田、羽田空港など)、神奈川(横浜、藤沢など)、静岡(三島、静岡など)の他、埼玉、千葉、栃木、群馬、長野、愛知、金沢、大阪、京都、福岡などから運行しています。

富士急ハイランドへの電車でのアクセス

出典:https://www.fujiq.jp/

JR中央本線・大月駅より富士急行線・富士急ハイランド駅下車。
JR中央本線や直接乗り入れもあります。
また、2016年11月27日までは成田エクスプレスも直接乗り入れを行っています。
東京方面からの所要時間は以下のようになります。

新宿駅より:約2時間
横浜駅より:約2時間40分
成田空港より:約3時間30分
羽田空港より:約3時間

富士急ハイランド周辺のおすすめグルメ情報!

富士山周辺にはおいしいグルメがたくさん!
富士急ハイランドから車でちょっと足を伸ばせば富士五湖や静岡県にも行くことが出来るアクセスの良さ。

思う存分遊んだら、帰りにおいしいものを食べて帰って満足度もMAXになりますよ。

富士急ハイランドから意外と近い!富士宮焼きそば

B級グルメ選手権「B-1グランプリ」の初代&二代目チャンピオンに輝いた「富士宮焼きそば」を食べに、静岡県の富士宮市まで足を伸ばしてみませんか?

富士急ハイランドから富士宮市内まで、新東名高速道路でわずか1時間程度。
気軽に食べられるB級グルメを、いろいろな店で食べ歩くというのも楽しそうですね!

富士宮市までのアクセス:富士急ハイランド→国道139号線で約51km(所要時間1時間15分程度)
※富士宮焼きそばアンテナショップまでの所要時間です。

富士宮焼きそばアンテナショップ:〒418-0067 静岡県富士宮市宮町4−23

富士急ハイランドから10分!山梨名物・ほうとう

富士急ハイランドから県道707号線か国道139号線でわずか10分!

河口湖周辺には名物の「ほうとう」が食べられるお店がたくさんあります。中でも「小作」は有名店。
珍しい「猪肉ほうとう」も食べられますよ。

小作(河口湖店):山梨県南都留郡富士河口湖町船津1638-1

富士急ハイランド→県道707号線経由で4.3km(所要時間10分)

チーズを使ったスイーツ「河口湖チーズガーデン」

河口湖の遊覧船乗り場のすぐそばに立つ「河口湖チーズガーデン」は、チーズケーキの専門店。

このお店のチーズケーキを食べるだけに、わざわざ訪れる観光客もいるとかいないとか。レアチーズケーキや、ふんわりとした食感のスフレチーズケーキが人気の商品。
すっきりとした味わいが魅力です。

河口湖チーズガーデン:山梨県南都留郡富士河口湖町浅川1173-1

富士急ハイランド→国道137号線経由で3km(所要時間7分)

富士急ハイランドの入場料金が割引になるクーポンを使おう!

FUJIYAMA

出典:https://www.fujiq.jp/

いかがでしたか?絶叫マシン好きから子どもまで、老若男女楽しめる富士急ハイランド。
しかも入場料金がお得になるクーポンを使えば、遊びに行きやすくなりますね。ぜひお得に楽しんでみてくださいね!

MOBYにはこの他にも首都圏近郊のアミューズメントパークの情報がたっぷり。
ぜひ読んでみてくださいね。

首都圏近郊のアミューズメント情報の関連記事

ドライブに関するおすすめ記事!

関連キーワード
キーワードからまとめを探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーからまとめを探す