タイヤの保管方法やサービス料金について!カバーやラックがおすすめ?

皆さんは、タイヤ保管サービスを知っていますか?サービスの内容や料金について、タイヤの保管方法の注意点なども詳しく解説しています。自宅で保管したいという人には、カバーやラックも紹介しています。

タイヤの保管方法とは?

タイヤの自然劣化をできるだけ抑える

出典:http://taiyakan-kshop.info/

皆さんはタイヤを保管するときどのようにしていますか。
自宅に駐車場や置き場所がある人はそういった所で保管していることと思います。
ところで、タイヤの正しい保管方法をご存知でしょうか。

タイヤの主材料ご存じの通りゴムで、基本的には時間が経つにつれて自然劣化します。
保管するときに気を付けることは自然な劣化をなるべく抑えて、タイヤを長持ちさせることなのです。

劣化のスピードは保管方法によって大きく変わってきます。
主な要因となる日光、熱、油類などからゴムを守れば、それらを遅くすることはできます。

ただし、長期に保管したタイヤに関しては劣化が進み、安全に走行できない場合があるので、適切な保管方法であっても油断は禁物です。

タイヤを保管するのに注意すべき点は?

出典:http://www.toyo-rubber.co.jp/

それでは、適切なタイヤの保管方法とはどんなものなのでしょうか。
ここではタイヤを保管する際の主な注意点について説明していきます。

繰り返しになりますが、保管方法によってタイヤの「持ち」は大きく変わります。
普段何気なく、タイヤを保管している方は必見です!

タイヤ保管の注意点①タイヤの汚れはしっかりと洗い流す

様々な場所を走ってきたタイヤには、細かいゴミや油分などが付着しています。

これらはタイヤにダメージを与え、劣化を早める原因にもなるので、初めにやっておくべきことになります。

タイヤ保管の注意点②しっかりと乾燥させる

タイヤに水気があると、ゴムを変質させてしまうことあるので、風通しの良い場所で乾かすのが良いかもしれません。

タイヤ保管の注意点③タイヤにカバーをかける

タイヤの最大の敵といってもいい、日光(紫外線)や雨風から守ることです。
これら全ては、タイヤを劣化させる要因なので、しっかりと保護できれば長持ちされることもできるのです。

タイヤ保管の注意点④保管場所を確保する

自宅で保管する場合には、どこで保管しておくかが重要になります。
よく言われているのが、風通しが良い、日陰で保管することです。
これによって湿度や日光から守られます。

タイヤ保管の注意点⑤タイヤの置き方を考える

タイヤを保管する際には、「平積み」「縦積み」にするか迷いますよね。
すでにラックがある場合にはそちらを使用することが良いかもしれません。
無い場合にはどちらがよりよい保管方法なのでしょうか。

ホイール付きのタイヤの場合は、接地面の変形を防ぐために「平積み」、タイヤのみの場合はタイヤの重みでの変形を防ぐために「縦積み」ということが推奨されているようです。

平積みに気を付けるべきことは、タイヤの空気圧を半分くらい抜いておくことと
置く場所に板などを敷いておくことです。

しかし、これらはあくまで推奨されている置き方になるので、各自に合った方法が良いかと思います。

タイヤ保管サービスとは?

出典:http://www.yellowhat.jp/

ここまでは、タイヤの保管方法などについて説明してきました。

しかし、部屋が狭い、置き場所がないなどの理由から手元で保管することが出来ない人もいることと思います。

そんな人たちのためにあるのがタイヤを預けて代わりに保管してくれるサービスなのです。

メリットはタイヤの付け替えをその場でやってくれることです。

もちろんプロが保管してくれるので湿気や日光などを気にすることもありません。

屋外で保管すると盗難などの心配もありますが、そういった心配もないので積極的に利用するのもいいかもしれません。

保管サービスの料金はいくら?

出典:http://www.tireman.co.jp/

タイヤの保管サービスにかかる料金は地域や預けておく期間、タイヤのサイズによっても大きく変わってきます。

基本的には、タイヤのサイズが大きくなるほど料金も高くなっていく傾向があります。

タイヤの保管サービスは、タイヤ専門店だけでなく、倉庫やトランクルームにも預けることはできます。

ただし、専門店に預けておくことで様々なサービスを受けることができるのでプロに任せておいた方が無難かもしれません。

保管料金の相場に関しては、トランクルームや倉庫であれば1000円前後から利用できるものもあるようです。

タイヤ専門店の場合では、契約期間にもよりますが、年間の利用で1万5000円くらいといったところでしょうか。

同じ会社でも店舗などによっては料金やサービスの内容が異なっている場合もあるので、利用を考えている場合には店舗に確認してみるのも良いかもしれません。

タイヤの保管にはカバーやラックがおすすめ?

出典:http://www.birthday-press.com/

タイヤを保管するときにカバーやラックをお使いの人もいることと思います。
自宅に駐車場やガレージなどの場所が確保できている人にってはおすすめかもしれません。
なぜなら、カバーであれば100均などで揃えることもできるのでコスト大幅に抑えることができるからです。
タイヤを2本収納できるものや持ち手がついているカバーも販売されています。

ラックの場合も置き場所が十分であれば、ホイール付きのタイヤでも保管できますし、二段のラックもあるので平積みでタイヤを置く必要がないのでタイヤの状態を気にせずに保管できると思います。

ラック自体は、安いものであれば5000円以下で買えるものもあるので、考えてみても良いと思います。

ただし、ラックの場合であってもしっかりとタイヤにカバーをかけることは必要なので忘れないようにすることが大切です。
もし、自宅にタイヤを保管できるだけの場所が確保できるのであれば、カバーやラックを用いて保管することの方が料金的に見て安くできるのでおすすめかもしれませんね。

自分に合ったタイヤの保管方法を選ぶ!

出典:http://taiyakan-kshop.info/

様々なタイヤの保管方法についてご紹介してきましたがいかがだったでしょうか。

タイヤの保管サービスは、自宅に保管場所の確保が難しい人には自分に代わって保管してくれるので良いサービスかもしれません。
逆に場所が確保できている人は、カバーやラックを使用する方がコストを抑えられることにも繋がるので経済的といえるでしょう。

ただ、自分の手で保管することに不安を感じる人はタイヤ保管サービスを利用した方が良いかと思われます。

タイヤをしっかりと保管することはタイヤの寿命を延ばすだけでなく、気づかずに劣化したタイヤで走行してしまう事態を防ぐことができます。

ぜひこれを機会に自分にあったタイヤの保管方法を検討してみましょう。

タイヤ・ホイールに関連するおすすめの記事

関連キーワード
キーワードからまとめを探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーからまとめを探す