車のデイライトとは|今はLEDが主流?取り付け方から車検での保安基準を解説

ヨーロッパでは装着が義務化されている国もあるというデイライト。今回の記事では、このデイライトとは何なのか、取り付け方はどうやるのか、車検での保安基準はどうなっているのか、今はLEDが主流になっているのかなどを説明します。

デイライトとは?

デイライトとは

出典:http://www.sixth-sense.jp/

デイライトとは、昼間の明るいうちから点灯させるライトのことです。
昼間点灯ともいいます。
デイライトには、昼間にライトをつける行為のことと、デイライトという商品の二つの意味があります。

商品のデイライトは、1970年代から自動車用として交通事故防止のために世界中で研究が始まりました。
昼間にスモールライトを点けずにデイライトを点ける理由としては、車は電力の使用によって燃費が悪化するため、それを防ぐためにデイライトが使われています。

デイライトの歴史とは?

デイライトの歴史

出典:http://www.e-onestop.jp/

デイライトは、前述の通り1970年代から世界中で研究が始まりました。
特に北欧諸国などの高緯度の国では、活発的に昼間点灯の研究を行ってきました。
スウェーデンでは、1977年に世界初となる昼間点灯の義務付けが開始され、フィンランドでは1972年頃から冬の田舎では既にデイライトが行われており、1997年になると、季節を問わず全土で義務付けとなりました。

日本では、民間者よりも早く1970年代から救急車やパトカーなどが昼間点灯を行っていました。
1990年代には西日本の一部でデイライトが始められていましたが、ライトの消し忘れと勘違いされることが多く、結果的にはあまり普及しませんでした。
しかし、1995年になると、佐川急便が事故防止の為に配達用のトラックでデイライトを始めました。
それに伴い、多くの同業社がデイライトを実施することになりました。

デイライトの取り付け方とは?

デイライトの取り付け方

出典:http://minkara.carview.co.jp/

デイライトの取り付け方について簡単に説明します。
デイライトを取り付けるのに必要なものは、全てデイライトを購入した際についてくるので、特に用意する者はありません。

1.電源を確保する

まずは、デイライトを点灯させるための電源を確保します。
ACC電源かIGN電源の二つのうちからヒューズ電源を確保しましょう。
この時注意することが、必ず同じアンペアのヒューズと交換することです。

2.デイライトを取り付ける

電源を確保できたら、デイライトを取り付けましょう。

3.配線する

取り付けられたら、後は配線して完了です。
配線は機械の動きに支障が出ないように固定する必要があります。
デイライト付近に上手く固定できると良いでしょう。

デイライトの車検での保安基準は?

デイライトの車検保安基準

出典:http://www.garage-spark.jp/

デイライトは昼間でもライトをつけるためのもので、交通事故防止のために取り付けるのですが、場合によっては車検に通らない可能性があります。
道路運送車両の保安基準第42条と第48条には、以下のように記されています。

道路運送車両の保安基準第42条

自動車には、第三十二条から前条までの灯火装置若しくは反射器又は指示装置と類似する等により他の交通の妨げとなるおそれのあるものとして告示で定める灯火又は反射器を備えてはならない。

出典:http://www.mlit.go.jp/

道路運送車両の保安基準第48条

第四十八条
平成十七年十二月三十一日以前に製作された自動車については、保安基準第四十二条の規定並びに細目告示第六十二条、第百四十条及び第二百十八条の規定にかかわらず、次の基準に適合するものであればよい。
一 自動車には、次に掲げる灯火を除き、後方を照射し若しくは後方に表示する灯光の色が橙色である灯火で照明部の上縁が地上二・五メートル以下のもの又は灯光の色が赤色である灯火を備えてはならない。
イ 側方灯
ロ 尾灯
ハ 後部霧灯
ニ 駐車灯
ホ 後部上側端灯
ヘ 制動灯
ト 補助制動灯
チ 方向指示器
リ 補助方向指示器
ヌ 非常点滅表示灯
ル 緊急自動車の警光灯
ヲ 火薬類又は放射性物質等を積載していることを表示するための灯火
ワ 旅客自動車運送事業用自動車の地上二・五メートルを超える高さの位置に備える
後方に表示するための灯火(ホに掲げる灯火を除く。)
カ 一般乗合旅客自動車運送事業の用に供する自動車の終車灯
ヨ 一般乗用旅客自動車運送事業の用に供する自動車の空車灯及び料金灯
タ 旅客自動車運送事業用自動車の非常灯
レ 走行中に使用しない灯火

出典:http://www.mlit.go.jp/

簡単にいうと、デイライトの明かりは赤色になってはいけない、ということです。
それ以外にも、

・300カンデラ以下であること
・点滅したり光度が増減するものでないこと
・フロントガラス上部に設置する場合は、色が緑黄色または青紫色でないこと

が定められています。

デイライトは今はLEDが主流?

デイライトLED

出典:http://liberal-aero.com/

ヨーロッパでは、LEDのデイライトが主流となっています。
その理由は、デイライト義務化にあります。
デイライトを義務化することによって、デイライトの使用頻度が高められ、その結果、バッテリーに負荷の少ないLEDのデイライトが主流となりました。

デイライトは日本ではまだ普及していない!

出典:http://minkara.carview.co.jp/

デイライトに関する記事はいかがでしたか?
日本では、デイライトを取り付けている車も、デイライトを行っている車もほとんど見ないでしょう。
デイライトを使っているのは、前述の通り乗用車というよりは商用車に多いです。
しかし、これから技術が発達していくにつれ、もしかしたら、日本でも二つのデイライトが普及していくかもしれませんね。

MOBYには、ライトに関する記事がいくつかありますので、そちらもあわせてどうぞ!

ライトに関するまとめ記事

関連キーワード
キーワードからまとめを探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーからまとめを探す