テールランプとは?ブレーキランプとの違いから交換方法や車検での注意点も解説

テールランプとは一体どういうものなのでしょうか。本記事では、テールランプとブレーキランプの違いは何なのか、交換方法はどうなっているのか、車検での注意点は何なのかなどについて説明します。

テールランプとは?

テールランプとは

テールランプとは、車の後部にあるランプのことです。
尾灯ともいいます。
テールランプは、後ろに走る車や自転車、歩行者などに存在を知らせるためのものです。
夜間にはテールランプを点けることが道路交通法第52条で義務付けられていますので、必ず点灯するようにしましょう。

道路交通法第52条

車両等は、夜間(日没時から日出時までの時間をいう。以下この条及び第六十三条の九第二項において同じ。)、道路にあるときは、政令で定めるところにより、前照灯、車幅灯、尾灯その他の灯火をつけなければならない。政令で定める場合においては、夜間以外の時間にあつても、同様とする。

出典:http://law.e-gov.go.jp/

また、車検基準についても法令があります。

道路運送車両の保安基準第37条

自動車(最高速度20キロメートル毎時未満の軽自動車及び小型特殊自動車を除く。)の後面の両側には、尾灯を備えなければならない。ただし、二輪自動車、カタピラ及びそりを有する軽自動車並びに幅0.8メートル以下の自動車には、尾灯を後面に1個備えればよい。

出典:http://www.mlit.go.jp/

テールランプとブレーキランプは何が違うの?

出典:http://eigaflex.com/

後ろについているランプなら、ブレーキランプも当てはまります。
では、テールランプとブレーキランプは何が違うのでしょうか。

テールランプは、夜や暗いところなどで点灯します。
つまり、明るい場所や昼間などは点灯する必要がありません。
ブレーキランプは、ブレーキを踏むことによって点灯します。
ブレーキを踏んでランプが点灯することで、後ろの車に停止することを伝えています。
つまり、ブレーキランプは昼夜明暗関係なくブレーキを踏んだ場合に点灯する、ということです。
これが、この二つの最大の違いです。

テールランプの交換方法は?

テールランプの交換

出典:https://ja.aliexpress.com/

テールランプの明かりがつかなくなってしまったときなどは、テールランプの電球を交換しましょう。
電球はカーショップで購入することが出来ます。
値段は車種によって変わってくるので、自分で探すよりも店員に聞いた方が早いでしょう。

1.明かりがつくかどうかを確認

電球を購入したら、まずは本当に明かりがつかないのかを再確認します。
確認の方法は、エンジンを起動して明かりをつけるだけです。
後は後ろに周って、ランプがついているかを確認しましょう。

なお、ブレーキランプの確認については、二人いれば一人がブレーキを踏んで、もう一人がランプがつくかどうかを確認することですが、一人しかいない場合は、何かでブレーキを押したままにして、自分でランプがどうなっているかを確認しましょう。
長い棒(つっかえ棒など)を座席とブレーキペダルの間に挟むのがおすすめです。

2.バックドアにあるビスを外してテールランプを取り外す

確認が出来たら、バックドアを開けたところにあるビスを外します。
ビスを外した後、テールランプ本体を取り外しましょう。
取り外す際は、傷つけないように樹脂製のスクレイパーなどで取り外すと良いでしょう。

3.3つのランプを確認し、ホルダーを取り外す

テールランプを取り外すと、中には3つのランプがあることがわかります。
上からウィンカーランプ、ポジション&ストップランプ、バックランプとなっています。
これらに取り付けられているホルダーを取り外しましょう。
左に回して引っ張ると、簡単に取り外せます。

4.ランプを交換する

ホルダーを取り外したら、ランプを交換します。
ソケットに電球を取り付け、終わったらソケットを元に戻します。
後は、テールランプを元の場所にはめて、ビスで止めて完了です。

テールランプの車検での注意点

テールランプの車検

テールランプの車検での注意点はどうなっているのでしょうか。
まずは、車検の基準について説明します。
テールランプの車検基準は、以下のようになっています。

・300m離れたところからでも確認できる明るさが必要(大体5w以上30w以下くらい)
・車両の中心、もしくは左右対称の位置に赤色2灯以上付ける必要がある
・15c㎡以上の面積が必要
・テール部分には赤色の反射板を装備すること

この基準に当てはまらなければならないのですが、自分でテールランプを交換した際に、LEDのものを使用すると、車検に通らない場合があります。
LEDランプを使用する際は、Eマークがついたものを使用するようにしましょう。
Eマーク取得品は、車検に対応しているので、安心して車検に通ることが出来ます。

テールランプのスモークフィルムについて

テールランプのスモークフィルム

出典:http://minkara.carview.co.jp/

テールランプの部分に真っ黒なフィルムを貼り付けた車を見たことがあるでしょうか。
これはスモークフィルムというものですが、これをつけても大丈夫なのでしょうか。

スモークフィルムを付けること自体は違法ではありません。
しかし、車検基準に当てはまっていなければ当然車検に通らないですし、仮に当てはまっていても通らない場合もあります。

スモークフィルムをつけることによって、明かりが少し薄暗くなります。
この時点で既に車検NGという業者もあります。
その理由は、300m離れた所から明かりが確認できない、と判断されるためです。
仮に自分で明かりが確認できても、業者によっては通らない場合がある、ということです。

スモークフィルムは車体をよりかっこよく見せるためのものなので、つける理由がないのであればつける必要はありません。

テールランプは事故を防ぐ活躍をしている!

テールランプは事故防止に活躍している

出典:http://shop.dunlop.co.jp/

テールランプに関する記事はいかがでしたか?
車には当たり前のように備わっており、ドライバーもあまり意識していませんが、テールランプは意外と事故を防ぐ活躍をしてくれているのです。
テールランプがついていないと、特に夜間では走っているのか止まっているのかがわかりません。
テールランプがつかなくなってしまったら、すぐに交換するようにしましょう。

MOBYには、ランプに関する記事がいくつかありますので、そちらもあわせてどうぞ!

ランプに関するまとめ記事

車のメンテナンスやカスタムに関連するおすすめの記事

関連キーワード
キーワードからまとめを探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーからまとめを探す